読み方:ひまらやん
タイプ:コビー
体重:3~5.5kg
毛種:長毛

ヒマラヤンの歴史

1920年代、ペルシャシャムの特徴を併せ持つ猫を作り出そうと、イギリスやスウェーデンのブリーダーによって交配が始まりました。

しかしペルシャのロング・コートとシャムのポイントカラーの遺伝子は両方とも劣性遺伝だったため、誕生まではかなり苦労がありました。

1935年ハーバード大学の協力のもとヒマラヤンの原型となる長毛猫が誕生しました。しかし当時のイギリスでは「カラーポイント・ロングヘア」としてペルシャの変種として見なされました。

ヒマラヤンの特徴・性格など

ふわふわでのんびり、愛嬌のある鼻ぺちゃ猫

ペルシャの密生したゴージャスな長い被毛と、シャムのエキゾチックな毛色を持ち合わせているのが特徴。瞳の色はシャムほど濃くはなく、被毛が長いほど瞳の色は薄くなります。

親種のペルシャシャムは性格が異なりますが、ヒマラヤンの性格はその中間。ペルシャは自分の周囲の出来事を眺めるだけで満足しますが、シャムはいつも行動することを考えています。また、ヒマラヤンは社交性が高く、のんびりしています。静かに座っていることが多いですが、猫が望めば適度な運動をさせましょう。美しい被毛を維持するため、十分な栄養を与える必要があります。

ヒマラヤンの毛質

ツヤがあり、長くなめらかな手触り。デリケートで、密度の高い豪華なダブルコート。

ヒマラヤンの毛色

チョコレートポイント、ライラックポイント、ブルーポイント、ヒマラヤンリンクスポイントなどのポイントカラー。

 

猫種別病気ガイド『ヒマラヤン』の詳しい解説はこちら

比較的丈夫な品種とされますが、鼻の低い猫に多くみられる症状や腎臓の病気に注意が必要です。

 

★『子猫』に関する「にゃんペディア獣医師監修記事」は、こちらをご覧ください。

 

★『子猫のかかりやすい病気』に関する「にゃんペディア獣医師監修記事」は、こちら。

 

★「うちの子」の長生きのために、年齢や季節、猫種など、かかりやすい病気や、症状や病名で調べる『うちの子おうちの医療事典』をご利用ください。

☞『うちの子おうちの医療事典』で「子猫のかかりやすい病気」を調べる

猫カリシウイルス感染症(猫風邪)

猫ウイルス性鼻気管炎(猫伝染性鼻気管炎、猫ヘルペスウイルス1型感染症、猫風邪)

クラミジア感染症

皮膚糸状菌症(真菌症、白癬、カビ)

回虫症

ジアルジア症

コクシジウム

アイペット損害保険株式会社

にゃんペディア編集部

詳細はこちら

関連記事

related article