英表記:American Wirehair
誕生国: アメリカ
誕生年:1966年
タイプ: セミコビー
毛種:中くらいの短毛種
目色: 被毛の色に準ずる
公認毛色:すべての毛色
体重:オス 4.8~6.8kg/メス 3.0~6.0kg
 

まるで細い針金を紡いだスチールタワシのように硬く、弾力がある被毛を持つ、ユニークなアメリカンワイヤーヘア。突然変異で生まれたこの猫は、数も少ないため一般のペットショップ等で流通することはありません。猫好きなら一度は会ってみたい、とてもレアな猫種です。

アメリカンワイヤーヘアの歴史

1966年、ニューヨーク北部の農家で生まれたアメリカン・ショートヘアの数匹の子猫の中に、1匹だけ被毛の縮れた不思議な子猫が混じっていました。農家からの知らせを受けたレックス(独特の巻き毛が特徴の猫種)のブリーダーがこの猫を譲り受け、本格的なワイヤーヘアの猫の繁殖を始めました。同様の突然変異は今のところ報告されておらず、のちに「アダム」と名付けられたこの猫が、現在に至る全てのアメリカンワイヤーヘアの祖先とされています。CFA(米国最大の愛猫協会)では、1978年に公認されました。

アメリカンワイヤーヘアの特徴

最大の特徴は硬く縮れた被毛です。ひげや耳の裏側の毛まで、1本1本の毛がカールしていたり折れ曲がったりしています。体型は、中くらいのセミコビータイプで、筋肉がほどよくついています。背中は水平で、横から見るとやや丸みを帯びた形をしています。

アメリカンワイヤーヘアの被毛の特徴

1本1本の毛が縮れていたり、かぎ状になっており、まるで針金のように硬く弾力があり、その感触はウールと似ています。被毛の色は、ホワイトやソリッドカラー、バイカラーなど多数が認められています。

 

アメリカンワイヤーヘアの性格

性格は明るくて人懐っこく、人間と遊んだり構われるのが大好きな猫です。好奇心旺盛な性格は、年をとっても変わらないと言われています。しかし、警戒心が強いため、ほかの猫や動物に対して威圧的な態度をとることがあります。そのため、多頭飼いを検討している方には少々不向きな猫といえます。

生活環境

活発に動き回ることが大好きな猫ですので、十分に遊べる環境を整えてあげましょう。上下運動ができるキャットタワーなどがあると喜びます。

 

*「猫との遊び」に関する、にゃんペディア関連記事も合わせてご覧ください。

 

お手入れ

被毛は抜けにくくお手入れもしやすいタイプですが、アメリカンワイヤーヘア独特の縮れた毛は、胃や腸などの消化器官に留まってしまう可能性があるため、注意が必要です。1日1回はブラッシングを行い、抜け毛を除去してあげましょう。また、被毛の美しいカールを保つためにも、シャンプー後はよく乾かすか、ブラッシング後に蒸しタオルなどで軽く拭いてあげるのもおすすめです。

 

*お世話に関するにゃんペディア獣医師監修記事

 

アメリカンワイヤーヘアの注意すべき点

アメリカンワイヤーヘアの性格からして、他の動物に対して警戒心が強いため、先住猫がいる場合などは、一定距離を保たせるなどの配慮が必要となる場合があります。

入手の方法

まだペットショップでは流通していない猫種ですが、日本には優秀な猫たちが輸入され、繁殖も順調です。CFA主催のキャット・ショーを見学し、繁殖者に直接予約をしてみましょう。

 

★『子猫』に関する「にゃんペディア獣医師監修記事」は、こちらをご覧ください。

 

★『子猫のかかりやすい病気』に関する「にゃんペディア獣医師監修記事」は、こちら。

 

★「うちの子」の長生きのために、年齢や季節、猫種など、かかりやすい病気や、症状や病名で調べる『うちの子おうちの医療事典』をご利用ください。

☞『うちの子おうちの医療事典』で「子猫のかかりやすい病気」を調べる

猫カリシウイルス感染症(猫風邪)

猫ウイルス性鼻気管炎(猫伝染性鼻気管炎、猫ヘルペスウイルス1型感染症、猫風邪)

クラミジア感染症

皮膚糸状菌症(真菌症、白癬、カビ)

回虫症

ジアルジア症

コクシジウム

アイペット損害保険株式会社

にゃんペディア編集部

詳細はこちら

関連記事

related article