読み方:らがまふぃん
タイプ:ロング&サブスタンシャル
体重:7~10kg
毛種:中毛

抱かれるのが大好きで、飼えばメロメロに! 

ラガマフィンの歴史

ルーツははっきりわかっていませんが、“ぬいぐるみ”のような愛らしさをもつ「ラグドール」から派生した猫種。「ラグドール」を生み出したブリーダーであるアン・ベーカーのやり方に反対し、独立したブリーダーたちが「ラグドール」と同じ血統の猫を使って新たに生み出したのだといわれています。アン・ベイカーによって商標登録されていた「ラグドール」という名称は使えないため、一時的に付けられた「ラガマフィン」という新しい品種名がつけられました。

ラガマフィンの遺伝子プールを拡大させるため、ブリーダーたちは「ペルシャ」や「ヒマラヤン」などとの交配を繰り返した結果、丈夫な品種へと成長をとげました。21世紀初めには一部の猫種登録団体で認定されましたが、ラグドールと似すぎているという理由で主要な猫種登録団体でも公認していないところがあります。日本でも最近やってきたばかりで、まだまだ少ないようです。

ラガマフィンの特徴・性格など

ルーツの通り、見た目や性格は「ラグドール」に似ているといわれています。

丸めの頭、やや釣り上がっている丸っこい目、短いマズル……など、全体的に丸みを帯びているのが特徴。そのほか、耳は大きく小さくもない中サイズで、やや前方に傾いています。体は長方形で、胸や肩が幅広い。足は中くらいの長さで、前足は後ろ足よりも少しだけ短め。しっぽは、体の大きさに比例して長く、やわらかく豊富な毛に覆われています。

性格は、穏やかでおとなしく優しいのが特徴。人なつっこく、飼い主さんと触れ合うことも大好きです。そのため、甘えん坊な印象も強く、室内で飼うのにぴったりな猫として愛されてきました。

一方、好奇心おう盛で遊び好きな一面も。おもちゃを目にしたらすぐに興味を示すような機敏さも兼ね備えています。

 

*「猫との遊び」に関する、にゃんペディア関連記事を合わせてご覧ください。

 

ラガマフィンの毛質

ラグドール」同様、毛質はなめらかで美しくシルキー。そのため、長さはありますが、もつれにくく、抜け毛も少ないので、ほかの長毛種よりはお手入れも簡単でしょう。適度なブラッシングは必要です。

*お世話に関するにゃんペディア獣医師監修記事

 

ラガマフィンの毛色

色は規定されておらず、あらゆる色が認められる猫種です。

 

 

★『子猫』に関する「にゃんペディア獣医師監修記事」は、こちらをご覧ください。

 

★『子猫のかかりやすい病気』に関する「にゃんペディア獣医師監修記事」は、こちら。

 

★「うちの子」の長生きのために、年齢や季節、猫種など、かかりやすい病気や、症状や病名で調べる『うちの子おうちの医療事典』をご利用ください。

 

☞『うちの子おうちの医療事典』で「子猫のかかりやすい病気」を調べる

猫カリシウイルス感染症(猫風邪)

猫ウイルス性鼻気管炎(猫伝染性鼻気管炎、猫ヘルペスウイルス1型感染症、猫風邪)

クラミジア感染症

皮膚糸状菌症(真菌症、白癬、カビ)

回虫症

ジアルジア症

コクシジウム

アイペット損害保険株式会社

にゃんペディア編集部

詳細はこちら

関連記事

related article