第3回目となる「猫ちゃんとの出逢い方」。今月は、動物病院から猫ちゃんを引き取る場合をみていきましょう。
色々な出逢い方は『ぴったりな猫ちゃんの選び方』という記事にまとめられていますので、そちらもご覧くださいね。

動物病院の張り紙

動物病院に行くと、里親募集の張り紙が貼られています。
よく注意すると、この張り紙には3つの種類があることがわかると思います。

頼まれて掲出している場合

ご近所の方や患者さんの家族に頼まれて張り紙を掲示している場合です。多くの病院では、このパターンなのではないでしょうか。
この場合は、病院ではなく、張り紙に書かれた連絡先が窓口になります。
猫を保護している保護主さんによって、譲渡の条件などが異なってきます。基本的には、動物病院は関与していないので、猫ちゃんの健康状態などはご自分でチェックする必要があるでしょう。

保護猫団体と連携している場合

保護猫活動に理解のある獣医さんは、保護猫団体と連携したり、ノラ猫の去勢・避妊手術費を安くするなどして、不幸な猫が増えないように尽力されています。このような病院では、保護された猫ちゃんの譲渡情報を公開していることも。去勢避妊は済んでいることが多く、健康状態も獣医さんのチェックが入っています。

*保護猫団体などが定める譲渡条件については、『保護猫団体から猫を迎える』をご覧下さい!

動物病院で出している場合

医師 電話

あまり多くはありませんが、ご近所の方や患者さんの家族から持ち込まれた猫ちゃんを預かって、動物病院が主体となって里親を募集しているケースがあります。
病気やケガのケアも万全ですし、その後も生涯にわたって頼れる主治医ができるわけですから、引き取る側としては安心ですよね。
動物病院から引き取る場合も、保護団体や保健所から引き取るのと同様に事前面接があり、病院の定めた基準をクリアしていることや飼育に関する条件に同意することが必要となります。

動物病院と里親さんのマッチングサイト

獣医さんがバックボーンにいるのは安心だから、と、動物病院からの譲渡を望まれても、「ウチの近所ではどこの動物病院が里親を捜しているかわからない」という方も多いでしょう。
そんなあなたにご紹介したいのが保護犬・保護猫の譲渡 里親マッチングサイト「Veterinary Adoption(ヴェテリナリー・アドプション)」。

動物用医薬品製造の共立製薬(株)が運営するマッチングサイトで、全国の動物病院で保護しているか、里親探しをしている犬猫たちと、里親希望の方の橋渡しをしています。
譲渡には、「新規里親希望者」としての登録が必要です。その後、動物病院と面談の上、譲渡が決定します。その際、各種ワクチンやマイクロチップ、健康診断等の実費が発生しますので、ご準備ください。
お住まいの県から探せますので、動物病院からの譲渡を希望される方は、一度覗いてみてはいかがでしょう?

*Veterinary Adoptionの公式サイトはこちら

月刊猫とも新聞

詳細はこちら

関連記事

related article