愛猫と一緒に暮らすなら、双方にとって安心・安全な環境を整えたいですよね。そのために知っておきたい猫の知識や、住まいで気を付けるべきポイントとは?愛犬・愛猫向け住宅の専門雑誌『アミリエマガジン』編集部が、猫のエキスパートである清水満さんに伺いました。

 

【お話を伺った専門家:清水満さんのプロフィール】

株式会社ネコアイ」代表取締役。一級建築士、愛玩動物飼養管理士、「ねこ検定」(主催:ねこ検定実行委員会)総合監修、「愛猫家住宅コーディネーター資格」監修。猫マーケット向けコンサルティング、猫と幸せに暮らす住宅の企画・設計、製品企画・製造を行う。

 

そもそも猫ってどういう性質?

実はアフリカが起源だった

現在私たちと暮らしている猫は「イエネコ」に分類されますが、その祖先は「リビアヤマネコ」です。誕生は約13万年前、現在も中東やアフリカに生息しています。やがて、リビアヤマネコの中から残飯やネズミを狙ってヒトの生活圏内で暮らす個体が現れました。彼らはヒトの大切な食料をネズミから守るので、互いの利害関係が一致し共生するように。中でも比較的ヒトに慣れやすい個体が家畜化されていき、繁殖を重ねるうちにいっそう飼育しやすい「イエネコ」へ進化しました。

 

ひとりを愛する猫の性格

ネコ科の動物は、先祖が群れで生活していたイヌ科の動物とは異なり、基本的には群れではなく単独で行動して狩りを行います。自分の身は自分で守らなくてはいけないので、警戒心や臆病さが強い傾向があります。飼いはじめの猫が人慣れに時間がかかるのは警戒心が強いから。犬に比べてあまり鳴かないのは仲間とコミュニケーションを取る必要がないからです。とは言え、ちゃんと社会性は持ち合わせているので安心してください。飼い猫が家で鳴くときは、「ご飯ちょうだい」と要望を伝えたり、子猫がえりして甘えたりしているとき。飼い主への信頼と安心の表れでもあります。臆病でも好奇心は旺盛なので、定期的に一緒に遊んで好奇心を満たしてあげましょう。

 

公認品種は50種類

現在団体に公認されている品種は50程度、飼い猫の8割は雑種です。猫は「友人宅で生まれた」「拾ってしまった」と偶発的に飼われることが多く、自然に推移してきた動物。形・種類の変化や人間による品種改良もわずかでしたが、近年は愛玩動物としての人気急増に伴い、意図的に掛け合わせた新種が増えています。

 

猫との遊びは野生を意識

現内で生活する飼い猫にとって、飼い主との遊びは貴重な運動の時間。運動不足は肥満やストレスにつながるので、意識的に遊んであげましょう。遊びは「狩りごっこ」がオススメ。おもちゃを獲物に見立てて動かし、狩りの一連の動き(待ち伏せ・狙い・追いかけ・仕留め)をさせましょう。

 

猫も人も快適 な住まい はどうつくる? 住まいの整え方

 

脱走防止策はしっかりと

交通事故や感染症など、屋外には猫にとって危険がいっぱい。猫は好奇心旺盛で外に行きたがる動物なので、窓・ドア・玄関の脱走対策を入念にしておきましょう。「うちの子はあまり外に行きたがらないから」と思っていても、ビックリした拍子に急に出て行ってしまうこともあります。引き戸の窓は、猫が自分で開けられないように、量販店やWebで購入できる「網戸ロック」などでロックを取り付けましょう。レバーハンドルの開き戸は、ハンドルを横向きではなく縦向きに取り付けましょう。横向きだと、猫が飼い主の仕草から開け方を学習してしまい、自分で開けてしまうことがあります。 玄関には鍵を掛けておくことはもちろん、手前に格子戸やガードを取り付けて、そもそも猫が玄関まで辿り着けないように工夫しましょう。ペットガードは高さが低くて飛び越えてしまうので、天井に近い高さの柵が安心です。

 

立体的なものをおく

猫は「大好きな飼い主さんを安心できる場所から見ていたい」と思っているもの。リビングやダイニングに猫の居場所をつくれば、猫が安心するだけでなく、社会性を保つことにもつながります。猫は平面だけでなく立体にも動く動物なので、上下運動ができるように「キャットタワー」を設置してあげると良いでしょう。階段型の家具、高さの異なる家具を組み合わせたものでも十分です。ステップの幅は、猫が手を伸ばして楽に届く範囲内に。無理しないと届かない高さだと、億劫で使わなくなってしまいます。そして、設置場所は窓の近くに。窓の外の景色、木々の揺れ、空を飛ぶ鳥、歩いている人などが見えると猫の好奇心が満たされます。これから家づくりやDIYができるなら、「キャットウォーク」の設置がオススメです。その場合、行き止まりがない回遊できる設計に。猫は回遊する動物なので、後ろに戻る動きはストレスになってしまいます。途中にクッションや箱などの休憩場所を設けるのも良いでしょう。2頭以上飼っている場合は、すれ違えるように25㎝以上の幅で、複数の経路がある設計にしましょう。行き止まりをつくってしまうと喧嘩して逃げるときに飛び降りるしか手段がなく、ケガにつながってしまうからです。キャットタワーもキャットウォークも、掃除や猫の確保が簡単にできるように、飼い主が踏み台を使えば届く高さにしましょう。

 

水飲み場を複数カ所設置する

猫は本来、テリトリーを巡回する途中にある小川や水たまりの水を飲んで水分補給をします。飼い猫も同じように、家の中のテリトリーをまわる途中で水を飲めるのが理想です。そのため、水飲み場は猫の生活動線上に数カ所配置しましょう。

猫にとって、しっかり水分補給をすることはとても重要です。本来あまり水分をとらなくても生きていける性質ですが、水分補給が足りないと尿が濃くなりやすく排尿回数も減るため、泌尿器系の病気になりやすいのです。水飲み場は食事場所とは離れた位置に置き、常に清潔な水が飲めるように、少なくとも頭数+1は器を用意しておきましょう。水は食事とセットで置きがちですが、実は猫はご飯と水を同時にはとりません。「獲物を狩って食べること」と「水場に行って水を飲むこと」は、猫にとって必ずしも同じ場所ではないからです。また、猫は食事で飲み水が汚れることを嫌がるので、食事と水は離した方が好ましいとされています。容器にヒゲが当たることを嫌う猫もいるので、器は大きいサイズがオススメ。ステンレスやガラスなどの光を反射する素材も苦手なので、陶器製の器を使うとストレスなく飲めるでしょう。

 

爪とぎの置き場を種類を工夫する

猫が爪とぎをする目的は、爪のメンテナンス、テリトリーのマーキング、リフレッシュです。爪とぎの設置場所のオススメは、猫の目につきやすいところ。扉や窓の近く、柱や部屋の出で隅すみなどの出っ張った部分です。猫がリフレッシュしたくなるのは、寝起きや食後などの行動が切り替わる場面なので、食事場所、水飲み場、寝床、トイレの近くの動線上に用意してあげると良いでしょう。マーキングの観点で見ると、部屋と部屋の境界付近も適しています。猫が爪とぎを使ってくれないときは、違う場所に置いたり、素材を変えたりしてみてください。「床では研がなかったのに、壁にしたら研いだ」ということはよくあります。素材は、縄、カーペット材、ダンボールなどいろいろあるので、爪の引っ掛かりが良いものを選んであげましょう。

 

 

にゃんペディアセレクト~AMILIE編集部『愛猫と暮らす住まいの事例』関連記事

本記事は、ペットライフスタイル株式会社が発行している、ペットとの暮らしを もっと豊かに楽しくするための雑誌『AMILIE MAGAZINE』編集部のご協力により提供しています。雑誌を購入してみたい方は、こちらをご覧ください。なお『AMILIEウェブサイト』では、ペット愛好家のための住宅づくりを専門としている愛犬家住宅コーディネーターや、ペットと快適に暮らすための住まいづくりを専門にしている不動産会社・建築会社を探すことや、無料相談も可能です。ペットと暮らす住まい事例も盛りだくさんですので、ぜひご覧ください。

 

犬も猫もうれしい素敵な住まい探訪 

【通風効果は節電と空気環境】オススメ!!「破れない網戸」 

 とことん、愛犬と愛猫の暮らしを追求 家全体が遊び場になるストレスフリーの家。 

おうちで暮らす愛猫の気持ちを考えて、ストレスのかからないライフスタイルを実現!

愛猫家住宅のモデルハウス、ショールーム体験

 

あなたもインスタグラムに愛猫との暮らしを投稿しませんか?

★★★ AMILIE編集部主催~ペットと住まいの工夫コンテスト実施中! 豪華賞品をプレゼント★★★

ペットと写った住まいの工夫をした 場所の写真を撮影し、Instagramにハッシュタグ「#amilie  #アミリエ」を付け、 投稿してください。お写真は何枚でも構いません。本文にはペットとの暮らしで工夫した点や、ペットのかわいいところを投稿してもらえれば、他のペットオーナーの役に立ちます!  詳しくはこちらへ!

AMILIE編集部(ペットライフスタイル)

詳細はこちら

関連記事

related article