冬は猫がおふとん中に入ってきて、一緒に寝てくれる素敵な季節ですよね。

北欧生まれのノルウェイジャン・フォレスト・キャットのように寒さに強い子たちもいますが、もともと砂漠地帯出身の猫たちは一般的には寒さが苦手。童謡の“雪やこんこ”にも猫はこたつで丸くなる♪と歌われているように、あったかいところでぬくぬく過ごしたい生き物です。

そこで、この冬をもっと快適に暖かく過ごせるように、飼い主さんができることを考えてみましょう。

肌触りのよい毛布やブランケット

お気に入りのソファや猫ベッドには、肌触りがよくて暖かな毛布やブランケットを用意してあげましょう。猫用に売られているものもありますが、ディスカウントショップで同じような「人用」が安く売っていたりするので、「人用」も要チェックです。飼い主さんのニオイは猫をリラックスさせるので、着なくなったセーターがあったら、猫ベッドに敷いてもよいでしょう。

裏地がもこもこで、もぐり込めるようになった猫ベッドやドーム型になった猫ハウス、籐編みの猫ちぐらなど、インテリアとしても可愛いあったかグッズも出ています。

このようなインテリアグッズは窓際に置くと冷えてしまうことがあるので注意しましょう。

ヒーターにはご用心!!

しかしこのようなヒーターを使うときは注意しなければなりません。

猫は暖かいところが好きな一方、体内寒暖センサーの感度は良くない方なのです。つまり「熱い」「冷たい」という感覚が鈍いということ。暖房に近づきすぎて、背中が焦げてたなんてことが結構あるんです。電気カーペットも低温ヤケドや脱水症状の危険性があるので、温度設定は低めにしてくださいね。

お留守番をさせるときは、ヤケドの危険性のある暖房はOFFにしましょう。冷房の場合は、熱中症を防ぐためにもある程度必要ですが、暖房はヤケドや熱中症以外に火災の原因にもなってしまいます。また、コードを噛んでしまう危険性もあります。電気を使わずに暖かくしてあげたいというときは、体温を蓄熱して保温するタイプのマットが便利。人用のこたつも、電源が入ってなくても、猫の体温で十二分に暖かく過ごせますよ。

寒さ以外にも気配りを

暖かいところばかりにいると、人だって猫だって喉が渇きます。ただでさえ、冬場は冷たいお水を飲まなくなる季節。お水を飲まなくなると、おしっこが濃くなって腎臓に負担がかかります。泌尿器系疾患のリスクがぐっと高まってしまいますので、注意しましょう。乾燥すると、風邪を引きやすくなったり、お肌がかさかさになるのも、人と同じ。加湿器などで室内湿度にも気を配ってくださいね。

 

猫は気持ちいい場所を探し出す名人。お日様の光が差し込む休日の昼などは、私たちも猫が探してくれた日だまりでひなたぼっこを楽しみましょう。

月刊猫とも新聞

詳細はこちら

関連記事

related article