アイペット損害保険株式会社は、ご契約者さまからの保険金請求実績に基づく「保険金請求が多い傷病のランキング」(※¹)を毎年発表しています。にゃんペディアでは、猫の傷病ランキングをご紹介します。愛するうちの子の病気やケガへのリスクに備える、今後の参考になれば幸いです。 

 

※¹傷病:疾病(病気)と傷害(ケガ)を総称した呼称

 

保険金請求が多い猫の傷病ランキング

 

 

猫の総合ランキング*²では、第1位が「下痢」が昨年に引き続き最多となりました。以下「皮膚炎」「腎臓病」「胃腸炎」「結膜炎」「膀胱炎」と続きましたが、「腎臓病」「膀胱炎」「尿石症」などの泌尿器系疾患が多くランクインしています。猫は、犬と比べて水を飲む習慣があまりないと言われており、これらの泌尿器系疾患が多い傾向にあります。猫が水を飲みやすい環境を作ってあげることも、予防策の1つです。

 

*²通院・入院・手術を総合した保険金請求件

 

 

 

保険金請求が多い猫の傷病ランキング【手術編】

 

 

手術ランキングでは、 昨年同様、 猫は「異物誤飲」が第1位となりました。「異物誤飲」は、異物を開腹手術で取り出した場合、220,800円の診療費*が発生することがあります。(*これは手術の一例で、金額はあくまで参考です)

 

 

*⁴当社の支払データに基づき、 傷病毎の診療ケースを想定して獣医師が算出した参考金額

※この参考診療費等のデータは一例であり、 一般的な平均・水準を示すものではありません。

 

ランキング上位の傷病のうち、「腫瘍」「歯周病」「骨折」「異物誤飲」は、犬・猫に共通しており、発生しやすい傷病であることがうかがえます。異物誤飲は、 口の届くところに物を置かない、 危ないところに入れないようにする、 遊んで欲求を満たすなどの工夫で、防ぐことができる事故です。「本能的に何でも口に入れてしまう」ことを認識して、 対策することが大切です。

 

☞『今日から実践できる対策』は、こちらをご覧ください。

当社の獣医師が運営する【うちの子 HAPPY PROJECT】Webサイトでは、骨折対策」「異物誤飲対策」「スキンケア対策など、今日から実践できすぐに役立つ、愛猫の病気や事故対策の情報を“獣医師”がお届けしております。今後の対策にご活用ください。

 

 

保険金請求が多い猫の傷病ランキング【年齢別・総合編*⁵】

 

*⁵通院・入院・手術を総合した保険金請求件数

 

年齢別の猫のランキングでは、0歳に「猫カゼ」がランクインしています。「猫カゼ」は免疫力がしっかり備わっていない子猫に多くみられます。基本的には混合ワクチンで予防することができますが、食事や生活環境を整えてストレスを減らし、免疫力を維持できるようにしてあげましょう。

 

 

*⁵通院・入院・手術を総合した保険金請求件数

 一方、7歳以上のシニア期では、 犬・猫共通して、 6歳以下ではあがっていない傷病の「腫瘍」「心臓病」「歯周病が並びました。 高齢になると、 リスクが高まる傷病や発生しやすい傷病などもありますので、 普段からしっかりとケアをしてあげることが大事です。また、シニア猫では老化と思い込んでいて、病気を見逃してしまうことがよくあります。老化は病気の引き金になり、徐々に進行して慢性化するケースもあり、免疫力も衰えてくるため、いったん病気にかかると重症化してしまう可能性も。病気予防のためには、日常的、定期的に健康チェックを行うことが大切です。

コロナ禍で外出頻度が減り、 自宅でペットと過ごす時間が増え、少しの異変や体調不良も気づきやすくなり、 すぐに病院に連れて行ったケースも多いようです。 日ごろの、こまめなケアや対策によって、予防できる傷病もありますので、 正しい知識を身につけ、 健康で生活できる環境を整えてあげましょう。

 

☞先輩猫ちゃんに教わる『ハッピーシニアライフへの備え』は、こちら。

 

【調査概要】
調査期間:2020年1月1日~12月31日
調査サンプル数:52,927件
調査方法:当社の保険金請求データを元にしたサンプル調査

 

☞【関連コンテンツ】アイペット獣医師監修『ペットと私の暮らしメモ』も、ぜひご覧ください。

♡猫の下痢はあなどると危険? 原因や動物病院を受診するときのポイント

♡猫風邪ってどんな病気?知っておきたい治療法や予防策

♡猫のワクチン接種は必要? 予防できる病気は?

♡高齢の猫がなりやすい病気は? 飼い主が気をつけることとは

♡寿命に関わる?! 愛猫の歯磨きをマスター!

 

アイペット損害保険株式会社

にゃんペディア編集部

詳細はこちら

関連記事

related article