猫ちゃんは自分の痛みや体調の悪さを隠す動物です。野生時代に弱っているところを見せると敵に襲われる危険があったなごりともいわれます。具合が悪くてもそう見せないために、異常が見られた時点では、病気がかなり進行しているという可能性もあります。病気を悪化させないためには、できるだけ小さな異常を見逃さないこと。それには、まず健康なときの猫ちゃんの体のデータがあると、さまざまな判断がつきやすいのです。あらかじめ測定しておきたいデータをまとめました。

自宅で測れる猫の基本データ

猫の体調変化に気づくためには、普段健康なときの猫の状態を知っておくことがとても大切。基準があることで、様子がおかしいときに測れば、異常かどうかを判断する目安になりますよね。飼い主さんがきちんと猫の体の基本データを把握しておきましょう。

体重

もし自宅に赤ちゃん用のベビースケールを持っていれば、より細かい測定が可能です。大人の体重計でもかまいませんが、猫はおとなしく体重計に乗ってくれませんし、動いてしまってうまく体重が量れないので、以下の方法をためしてください。

□飼い主さんの体重を量ります。

□猫を抱っこして再び体重を量ります。

□そこから自分の体重を引いて計算します。

あるいは、ペットキャリーに入れて体重を測定し、そこからペットキャリーの重さを引くというやり方もあります。

体重は定期的(できれば毎月)に量っておき、もしダイエットをしていないのに、体重が全体の5%以上減った場合は、要注意です。

体温

耳で測定できるペット専用体温計が市販されているので、こちらがあると便利です。一般的な体温計を使い、肛門に入れて直腸温を測定することもできますが、先が硬いタイプの体温計は肛門を傷つけてしまう恐れがあるので、おすすめできません。

猫の自宅での正常な体温は37.5~39度といわれています。また、普段のお手入れのときなどに飼い主さんの手や指で、猫の体の温かさを覚えておくと、熱が出たかな?というときに判断する目安にもなりますね。

呼吸数

猫が落ち着いているときに、胸が上下する回数を数えます。分かりづらい場合は、軽くおなかに手を当てて、胸が上下する回数を数えてみましょう。呼吸数を考えるには、1分間あたりの回数が重要になります。ただ1分間じっとさせておくのも、なかなか難しいので、慣れないうちならば、15秒間に呼吸を数えて、4倍した数と覚えておいてもよいと思います。

遊んで興奮しているときや、運動の後を避けて、落ち着いた状態のときに呼吸を数えましょう。健康な猫の呼吸数は、平均で1分間に24~42回ぐらいです。

心拍

胸の下に手を当て、その鼓動を測定します。脇の下から手を入れて、両手で包み込むようにすると測りやすいでしょう。心拍数も1分間の数字が基本となりますので、15秒間測定した数を4倍した数値を覚えておきます。人間同様、猫も緊張すると心拍数が上がります。落ち着いたときを狙いましょう。

心拍数は、1分あたり120~240回ぐらいが目安です。

聴診器を使う場合は、かかりつけの獣医師に相談の上購入しましょう。

測定の順番

上にあげた猫の基本データを正しく測定するには、それぞれの測定の順番がポイントです。「呼吸数」⇒「心拍」⇒「体温」⇒「体重」の順がおすすめ! 体温測定や体重を量るときには、猫の体に強く触れることになるので、中には緊張する猫も。そうすると呼吸数や心拍を正しく測定できなくなってしまうのです。

こうした基本データを覚えておくと、動物病院を受診するときにも役立ちます。定期的にデータをとり、変化がないかチェックしておきましょう。明らかに普段の測定値から大きくはずれるようなことがあれば、動物病院を受診してみるとよいでしょう。

東京猫医療センター 院長

服部 幸

詳細はこちら

関連記事

related article