ジメジメする梅雨の季節。毎日雨ばかりの日が続くとおうちでゆっくりすごしたくなりますよね。それは猫もおなじ。雨の日が続くといつもより眠くなってしまうのです!梅雨の季節、猫の気持がどのように変わるのか紹介します。

雨の日の猫は眠い

寝る仔と書いて寝仔(=猫)なんて説があるほど、一日中よく眠っている猫。平均睡眠時間は、大人の猫で12時間から16時間といわれています。一日の半分以上をうつらうつらしているわけです。

ただでさえよく寝る猫ですが、雨の日は特によく眠ります。雨の日の猫はなぜこんなによく眠るのでしょうか。

低気圧がカラダに与える影響

梅雨どきは低気圧が日本列島を覆い、どんよりとした日々が続きます。気圧が低くなると、人や猫の身体に影響が現れます。高気圧の時より、身体にかかる圧力が低くなるのです。すると、圧力に締め付けられていた身体がゆるんで膨張します。それと同時に、血管までゆるんで膨張するのです。低気圧のときは偏頭痛がひどいという人の場合、この膨張した血管が神経を圧迫することが原因だという説があります。

猫も同じことで低気圧の日はなんとなく重くてダルい。つまるところ、だらだら寝てすごそうとなるわけです。

しかし、いつもに比べて異常に元気のない場合は病気を隠している可能性もあります。良く猫の様子をみてダラダラしてるだけか、、と油断しないようにしましょう。

「猫の元気がない…これって病気?それとも気分?」もご覧下さい!

狩りができないからお休みです

そもそも猫がよく眠るのは、猫が完全肉食の狩猟動物だから。余った時間は、休養に充ててエネルギー保全に努めるのです。「今日は休日だから海や山に遊びに行こうぜ」とはならず、「明日に備えて寝て過ごすか~」というタイプなのです。逆にいえば、狩りに対してすこぶる真摯といえます。

そして、雨の日は、狩りに出たとしても成果が上がるとは思えません。獲物の皆さんもあまり活発に活動しないからです。だったら、重たいカラダを引きずって出かけず、お休みにした方がまし。けれどなにも食べていないでガマンしているのはツラ過ぎます。

そこで雨の日は眠くなって寝てしまうことでツライ思いをすることなくやり過ごすのです。

どうやって「眠くなる」

そんなに都合良く雨の日に眠くなれるのは、どんなメカニズムなのでしょうか。前述したように低気圧の影響でカラダがダルくなることもありますが、他にもいくつかの要因が考えられます。

雨の日は当然ながら、お日さまが出ていません。私たちのカラダも猫お日さまの光を浴びると、「メラトニン」というホルモンの分泌が止まって活動モードに入ります。雨の日は、日光がメラトニンの分泌を止めてくれないので、活動モードに入らず、おねむモードをキープできるというわけです。

狩猟動物として、雨の日は眠くなるように進化した猫。それも生き抜くための知恵なのでしょう。

月刊猫とも新聞

詳細はこちら

関連記事

related article