普段元気な猫が突然下痢をしたら、心配になってしまいますよね。健康な猫でもその日の体調や食べた物によって便がゆるくなることがありますのであまり神経質になる必要はありませんが、放っておくのは大変危険です。場合によっては命に危険が及ぶこともありますので、症状や猫の様子をよく観察しましょう。ここでは猫が下痢をおこす原因、病院に連れて行った方がいいケースなどについて解説します。

そもそも下痢ってどういう状況?

下痢は本来、害となるものを外に排出しようとする体の防御反応です。何らかの異常によって小腸や大腸で水分がうまく吸収されなかったり、腸管が便を送る動きが早くなったりすることで、水分を多く含んだまま便が排出されてしまうため起こります。猫の下痢にはさまざまな要因があります。

猫が下痢をしたとき、飼い主はどうしたらいい?

原因によっては様子を見ていても大丈夫な下痢はありますが、様子を見ているうちに手遅れになる場合もあるので、飼い主さんがきちんと見極めをすることが大切です。また、なにをきっかけにして下痢をおこしているのか、原因を把握するのは治療の上でもとても重要ですので、ここでは下痢を引き起こす原因と緊急性をまとめました。

いつ病院に行けばいいの?

緊急度が高く、早急に病院に連れて行ったほうがいいケース

高熱や嘔吐、食欲不振も見られる場合

パルボウイルスが原因となっている「猫汎白血球減少症」や「リンパ腫」、すい炎や腸炎など、致死率の高い病気にかかっている可能性があります。元気がなくグッタリしていたり、下痢以外の症状が見られる場合は、すぐに病院に連れていってあげましょう。

キャットフード以外のものを口にした場合

猫が食べてはいけないものを口にして、中毒を引き起こしている可能性があります。下痢を引き起こすものとしては、玉ねぎ、シクラメン、エッセンシャルオイル等が考えられますので、そういったものに触れたり、口にした可能性がある場合は、即病院に連れていきましょう。様子を見ているうちに重症化し、呼吸困難などに陥って死に至る可能性があります。

*猫ちゃんに与えてはいけない食べ物については、『絶対に猫に与えてはいけない食べ物【獣医師監修】』も併せてご覧下さい。

体力がない子猫や高齢猫の場合

免疫力が低い子猫や高齢猫は、普通の大人猫ではそんなに重篤化しないような病気でも命を落とすようなことになりかねません。早急に受診した方がいいでしょう。

なるべく早めに病院にいったほうがいいケース

ウンチに虫が混じっている

寄生虫などに感染されている可能性があります。自然治癒をすることはないので、重篤化する前に、早めに病院に連れていってあげましょう。

様子を見ていてもよいケース

食べ過ぎによる消化不良

人間と同じで食べ過ぎによる消化不良によって下痢をすることがあります。この場合は原因が単なる食べすぎですので、あまり心配する必要はありません。ただし、24時間以上下痢が続くようであれば、病院に連れて行ってあげたほうがいいでしょう。

ストレス

引越しや模様替えや、慣れない場所にでかけたりしていませんか?そういったストレスが原因であれば、できるだけストレスの原因となっているものを取り除いてあげてください。あまりにも下痢が続くようだと、かかりつけの獣医さんに相談してみましょう。

*猫ちゃんのストレスについては、『猫ちゃんのストレスサイン、見逃さないで!』の記事でも詳しくご紹介しています。

動物病院へ行くときのポイント

病院へ行く前にウンチの状態や量、頻度などを確認しておくと、獣医師の診断に役立ちます。下記のような項目を確認して、獣医師に伝えてください。症状に関する詳しい情報をメモしておくといいでしょう。もしくはスマートフォンやデジカメで写真を撮影して下さい。より正確に便の状態を伝えることができます。

 

□ ウンチはどのような状態か(水のようなウンチ?やわらかめのウンチ?)

□ 下痢のウンチの量はどのくらいか(普段と比べて多い?少ない?)

□ 1日に何回下痢をするか

□ 下痢の症状はいつから始まってどのくらい続いているか

□ ウンチの色や臭いに何か異常はないか

□ 嘔吐はあるか

□ 食欲はあるか

□ おなかが痛くてうずくまるような様子はあるか

□ ウンチをするときの様子で気になることはあるか(きばっている、トイレ以外の場所でもらしてしまうなど)

 

猫ちゃんが下痢をしたときは、まず冷静になって猫の様子を観察し、どのような状態なのかをきちんと把握して獣医師に的確に伝えることが大切です。病院に行くべきタイミングをきちんと見極められるよう、正しい知識を身につけましょう。

東京猫医療センター 院長

服部 幸

詳細はこちら

関連記事

related article