Beautiful snow-white pedigreed cat with amazing different multi-colored eyes on a sunny day.右目がブルーで左目がイエロー。左右の目の色が違う猫ちゃんを見かけたことはありませんか?まるでキラキラと輝く宝石のようなその瞳は「オッドアイ」と呼ばれ、日本では福を呼ぶ猫として可愛がられてきました。そんな魅惑のオッドアイについてご紹介します。

目の色のしくみ

猫の目の色は網膜の中に入る光の量を調節する「虹彩」という部分のメラニン色素の量によって変わります。色素が少ないグリーン系から、多いブラウン系、カッパー系まで、目の色は種類がたくさんあります。また稀に虹彩の色素を全く持たない猫もいます。色素を全く持たない場合、目の色は「ブルー」に見えます。飼っている猫ちゃんの目が、今はブラウンやイエローだけど、子猫の時はブルーの瞳をしていた、という不思議な経験をした人は少なくないでしょう。これは、まだ子猫の虹彩に色が沈着していないため青く見える現象で「キトゥンブルー」と呼ばれます。生後20日を過ぎたあたりから本来の目の色に変わります。

オッドアイとは

オッドアイの正式名は「虹彩異色症」と言います。もともと虹彩に色素があるにも関わらず、片方だけ色素がのらなかった状態です。片方の目だけ色素異常が起こって、青色の目に近づきます。そのため、左右非対称の色になるのです。日本においては古来より黄色と青色の違う目を持つ猫を「金目・銀目」と呼び、縁起のよい生き物として大切にされてきました。特に白猫や白い毛色の面積が多い猫に多く、白猫はオッドアイの子が生まれやすいと言われています。また、オッドアイとは異なりますが、もともとブルーの目を持つシャム猫は、故郷のタイでは「ダイヤモンドの瞳」と呼ばれ、ラッキーを運ぶ猫として人気があります。青い目を持っている猫は幸運の猫として、古くから愛されてきたのです。

さらに神秘的なダイクロイック

アイオッドアイは両目の色が異なる瞳ですが、「ダイクロイックアイ」は一つの瞳に二つの色が混在している非常に稀な現象です。ヘーゼルと呼ばれる、グラデーション的な曖昧な色境界ではなく、2色がくっきりと明確に分かれているのが特徴です。

後天的に目の色に変化が見られた場合は要注意

オッドアイは先天的な現象です。ある日突然目の色が左右で変わった、という後天的な場合は、炎症やガンが原因である可能性も考えられますので、もし異変に気付いたら早めに
かかりつけの獣医さんに相談するようにしましょう。

東京猫医療センター 院長

服部 幸

詳細はこちら

関連記事

related article