角膜炎は結膜炎に次いで猫に多い病気で、黒目を覆う透明の膜、角膜に炎症が起こった状態のことをいいます。角膜炎による目の痛みはひどく、放置すると失明することも。しかしその一方、飼い主にも分かりやすいサインを示すので、決して早期発見が難しい病気ではありません。愛猫のSOSをいち早くキャッチするためにも、角膜炎について理解しておくことが大切です。

 

 

角膜炎のサインとは?こんな症状、そぶりを見せたら要注意!

 

猫が角膜炎にかかると次のような症状やサインが見られます。ただし、軽度の場合は角膜を肉眼で見ても傷の有無などは分かりませんので、自己判断せずにすぐに動物病院を受診しましょう。反対に、角膜に異常が見て取れる場合はすでに重症化しているため、早急に病院へ連れて行く必要があります。

 

目の症状

目ヤニや涙がたくさん出る

角膜が白っぽく濁る、もしくは黒っぽくなる

角膜に凹凸があるように見える

 

目を痛がるサイン

目が開きにくく、しょぼしょぼしている

まぶたがピクピクしている

頭をよく振る

目を気にしてしょっちゅう前足でこする、またはソファやクッションなどでこする

 

 

角膜炎とはどのような病気なの?

 

角膜炎とは、眼球の表面部分を覆う角膜という透明の膜に炎症が起こった状態をいいます。角膜炎になると猫は痛がり、涙や目ヤニがたくさん出ます。軽症の場合は、傷は肉眼では見えないため、動物病院で傷を染色して確認します。重症化すると、肉眼でも異常が確認できるようになります。角膜が白っぽく濁り、普通は存在しない、細い血管が中心部に向かって伸びることもあります。さらにひどくなると、角膜が深いところまで侵されて潰瘍に。これを角膜潰瘍といいます(外傷によって即、角膜潰瘍となることもあります)。完全に穿孔すると、内容物が飛び出したり、穿孔部の縁が盛り上がって膨らんだりします。ここまでになると痛みがひどく、猫は目を開けることができません。最悪の場合、失明の可能性もあります。

 

また角膜が黒色になることがあり、これは角膜黒色壊死症と呼ばれ、猫特有の病気です。黒くなった部分は角膜が壊死したもので、のちに分厚くかさぶたのようになって剥がれ落ちますが、病変が深部に進行する可能性もあります。病変部が痛みを伴い、剥がれ落ちるまで待てない場合は、手術を検討することもあります。

 

 

角膜炎を引き起こす原因とは?

 

角膜炎は、角膜に傷がついたり、刺激を受けたりすることで生じますが、ウイルス(特にヘルペスウイルス)や細菌感染によっても引き起こされることがあります。

猫の場合、ケンカによるひっかき傷がよくある原因とされますが、実際はケンカの現場を見ることは少なく、いつのまにか傷がついていて、症状が出て初めて飼い主が気づく場合が多いといえます。

このほか猫によく見られるのは、ヘルペスウイルスによる角膜炎です。ヘルペスウイルスは猫伝染性鼻気管炎を起こすウイルスで目にも感染します。多くは結膜炎となりますが、角膜炎を併発することもあります。やっかいなことに、ヘルペスウイルスの感染は症状がおさまったとしてもキャリアとなり、再発することが少なくありません。感染症による角膜炎はほかの猫にうつす可能性もあるため、多頭飼いの場合は必ずワクチンを接種し、症状のある猫はほかの猫と分けて飼育したほうが良いでしょう。

 

 

角膜炎の治療方法と予防とは

 

角膜炎は軽度の場合は、ほとんどが完治する病気です。治療は、まずその原因となっている傷や感染症の治療を行います。例えば異物による傷であれば異物を取り除き、ヘルペスウイルスが原因ならば抗ウイルス薬を、細菌感染であれば抗生剤を投薬し、それと同時に目薬や目軟膏を使います。症例としては少ないですが、ひどい穿孔があれば手術となる可能性もあります。

 

角膜炎の予防として飼い主ができることは、少なくとも定期的に3種ワクチンを受けさせることです。3種ワクチンには、角膜潰瘍の1つの原因となるヘルペスウイルスの感染を防ぐからです。100%予防できるわけではありませんが、万一感染したとしても症状を軽くしてくれます。あとは一般的なことですが、完全室内飼いをして飼育環境を整え、免疫力を高めることも大切でしょう。

 

角膜炎は、軽症のうちに受診することが重要であり、そのためには飼い主がいつもの猫の様子をよく観察しておくことです。ちょっと目ヤニが多いかな、涙目かも、といったことを放置せず、気になることがあれば早めに受診するよう心がけましょう。

Tokyo Cat Specialists 院長

山本 宗伸

詳細はこちら

関連記事

related article