猫のためのお買い物をパソコンでする

アイペット損害保険株式会社が2022年3月に発表した「ペットに関する支出調査2021年」(※)によると、2020年と比較して、合計金額に大きな変化がありませんでしたが、その内訳については、「病気やケガの診療費」の割合が増加しました。また、年間支出の合計額が10万円以上の割合も増加しており、ペットの健康に関する支出増は、飼い主さんの懸念事項になりそうです。

(※)調査概要 調査対象:全国の犬・猫飼育者 調査人数:1,018名 調査期間:2022年3月15日~3月23日 調査方法:インターネットにおけるアンケートを実施

 

あなたの愛猫の合計支出はおいくらでしたか?

猫の飼い主さんは「5万円未満」が36.9%で最多

2021年の年間ペット関連支出(図1)をおたずねしたところ、犬の飼い主さんは「5万円以上~10万円未満」が29.6%であるのに対し、猫の飼い主さんは「5万円未満」が36.9%で最多で、3年連続で猫よりも犬の方が、支出が多い結果となりました。2020年との比較で増加が目立った金額帯は、犬で「20万円以上~30万円未満」(+4.7ポイント)、猫で「10万円以上~20万円未満」(+6.0ポイント)となり、10万円以上と回答した方の割合が増え、全体の4割を占めるに至りました。

 

(図1)ペット関連の年間支出合計(2021年)

2021年年間ペット関連支出額

 

 

2021年のペット関連支出は、前年比でどうなりましたか?

76.6%の猫の飼い主さんが「変わらない」と回答

2021年の「ペット関連支出は前年比でどうなったか」(図2)との質問では、76.6%の猫の飼い主さんが「変わらない」と回答され、「増えた」との回答は、猫の飼い主さんで21.0%いらっいました。コロナ生活が始まった2020年は、コロナ前の2019年よりも支出が増えたと回答割合が増えましたが、2021年も21%の猫の飼い主さんは、前年より支出が増えたようです。

 

(図2)ペット関連支出は前年比どうなったか(2021年)

2021年ペット年間ペット関連支出の前年比

 

 

最も支出が増えたのは何ですか?

猫の飼育者さんは「病気やケガの診療費」がトップ、ついで「フード、おやつの購入費」も。

2021年の支出が「増えた」と回答された方に、「何にかける費用が一番増えたか」(図3)との質問では、犬・猫の飼い主さんとも「病気やケガの診療費」が最多となりました。コロナ禍1年目の2020年との比較でも、「病気やケガの診療費」が増えたと回答された割合が、猫で2.5ポイント、犬で7.9ポイント増加しています。外出自粛やテレワーク普及で在宅時間が増え、うちの子の体調変化に気づきやすい状況が続き、注意深く見守っている様子がうかがえます。

 

(図3)何にかける費用が一番増えたか(2021年)

2021年に支出が増えた費目

 

 

 

 

どのぐらい費用が増えましたか?

増えた額は「1万円以上~3万円未満」が最多、「10万円以上」も際立って増加

続いて、「どのぐらい費用が増えたか」(図4)では、犬・猫とも「1万円以上~3万円未満」が最多となりました。「10万円以上」も増加した割合も、「増えた」と回答した方の中で20%(猫25.3% 犬18.3%)を超えており、2020年との比較で、この点が、際立っています。

 

(図4)どのぐらい費用が増えたか(2021年)

2021年に支出がどのくらい増えたか

 

 

 

「増えた理由」(図5)の自由回答では、「医療費などのペットの病気に関連した支出の増加」「フードの値上げ」「ペットの高齢化に伴う支出」のほか、「在宅時間が増えたことで、以前よりペットを気に掛けることができる時間が増えたから」と回答された猫の飼い主さんが29.5%、「外出自粛等の影響で支出が減り、ペットに充てることができるお金が増えたから」との猫の飼い主さんも17.9%にのぼりました。飼い主さんがコロナ禍の生活で、日々うちの子と愛情深く向き合われ、癒されている様子がうかがえます。

 

(図5)支出額が増えた理由(2021年)

2021年 支出が増えた理由

 

 

一番大きい支出と感じる費用は?

「フード・おやつ」の割合増加が継続中

「ペット関連支出の中で一番支出額が大きいと感じるものは何か」(図6)との質問では、犬猫とも「病気やケガの診療費」「フード・おやつ」「ワクチン・健康診断などの予防費用」が上位に並びました。猫の飼い主さんでは「フード・おやつ」がトップで、「病気やケガの診療費」、「ワクチン・健康診断などの予防費用」の順で続いています。犬・猫とも、コロナ禍以降「フード、おやつ」の支出が大きいと感じる方が増加傾向にあり、「ペットのコロナ太り」や「おやつのあげすぎ」など、うちの子と過ごす時間が増え、より健康や嗜好に適したフードを意識されている様子がうかがえます。

 

(図6)支出額が大きいと感じる費目(2021年)

 

2021 負担感の大きい支出

 

 

 

2022年のペット関連支出の予測

猫の飼い主さんの73.5%が変わらなそうと回答

「2022年のペット関連支出の予測」(図7)についての質問では、「増えそう」と回答した方は、猫の飼い主さんで22.5%にとどまり、全体の7割弱が「変わらなそう」との回答になりました。

 

(図7)2022年のペット関連支出の予測

 

 

2022年のペット関連支出予測

 

増えそうな支出は「病気やケガの診療費」、理由は「ペットの高齢化」

「増えそう」と回答した方に、「2022年のペット関連支出で増えそうなものは何か」をおたずねしたところ、犬・猫の飼い主さんとも「病気やケガの診療費」が最多(図8)となりました。ついで「フード、おやつ購入費」「ワクチン・健康診断などの予防費用」が続き、前述の「一番支出額で大きいと感じる費用」と同じ項目が並びました。

 

(図8)2022年のペット関連支出で増えそうなもの

 

2022年に増えそうな支出

また、理由としては、自由回答で「ペットの高齢化に伴う診療費増加」などが要因と考えられる回答が多くあがった他、昨今の情勢から「物価の高騰」を心配する声も挙がりました。

 

理想の支出額、ペット飼育者の3人に1人が理想に近い年間支出額

「ペット関連の合計支出の年間理想額」(図9)について、猫の飼い主さんは「5万円未満」が最多で、前述の「2021年のペット関連合計支出(年間)」の回答でも、最多ゾーンと同じ結果でした。2021年のペット関連年間支出は、3人に1人が理想に近い支出額だったという見方もできそうです。

 

(図9)理想のペット関連の合計支出額(年間)

 

2022年の年間支出額の理想

今後、試してみたい新しいサービスへの支出は?

 オンライン上でのサービスやコロナ禍における新しいニーズへの関心が高まる

 

今後試してみたいペットのサービス

コロナ禍で新たなニーズが生まれ、新しいペット関連サービスも誕生しています。そこで、「今後、試してみたい支出項目(サービス)」について質問したところ、「オンラインによるペットの健康診断、相談」「オンラインでのペット関連用品購入」が、犬・猫の飼い主さん共通で上位に挙がりました。2021年は、新型コロナウイルス感染拡大が続く中、ワクチン接種が進むなど、日常生活に徐々に変化を感じる1年でしたが、依然として続いた外出自粛や在宅時間増加に伴い、オンライン上でのサービスにこれまで以上に関心が高まっているようです。

 その他、猫の飼い主さんでは、「ペット家電(スマートトイレ、首輪型IoTデバイスなど)」などが次点に挙がり、自宅でペットと過ごす時間が増えたことに伴う、室内で使うペット用品・サービスへの興味・関心の高さを感じる結果となりました。

 今回の調査では、昨年と比べ年間支出の合計額の割合に大きな変化は見られませんでしたが、その内訳については、「病気やケガの診療費」の割合が増加するなどの傾向が見られました。さらに、今後増えそうな支出でも「病気やケガの診療費」「ワクチン・健康診断などの予防費用」が上位にきており、長引くコロナ禍によって、生活スタイルが変化し、ペットと向き合う時間が増えたことで、ペットの体調や健康状態に目を向ける方が増えていることがうかがえます。また、年間支出の合計額が10万円以上と回答した方の割合も増加しており、ペットの健康に関連する支出の増加は、今後もペット飼育者にとって、懸念事項の1つとなることが予想されます。

 ペットの医療には、公的な健康保険制度がないため、病院を受診すると自由診療となり、診療費が基本的に全額自己負担となるため、飼い主の医療費負担が大きくなりがちです。そうした診療費の負担を軽減し、大切なペットの万が一に備える手段の一つとして、ペット保険があります。大切なペットの万が一の病気やケガの際に経済的な心配をせず、ペットにとって最善な治療を選択できるよう、ペット保険の活用を検討されることをお勧めします。詳しくは『【調査結果】猫の傷病ランキング2021』をあわせてご覧ください。

 

 

 ★「うちの子」の長生きのために、気になるキーワードや、症状や病名で調べることができる、獣医師監修のペットのためのオンライン医療辞典『うちの子おうちの医療事典』をご利用ください。

うちの子おうちの医療事典
 
☞例えば、下記のような切り口で、さまざまな病気やケガを知ることができます。  健康な毎日を過ごすため、知識を得ておきましょう。

かかりやすい病気

再発しやすい

多頭飼育で注意

子猫に多い

手術費用が高額

生涯かかる治療費が高額

高齢猫に多い

人にうつる

初期は無症状が多い

命にかかわるリスクが高い

生涯つきあっていく可能性あり

緊急治療が必要

ワクチンがある

予防できる

アイペット損害保険株式会社

にゃんペディア編集部

詳細はこちら

関連記事

related article