ソマリ(猫図鑑)

ソマリ
読み方:そまり
タイプ:フォーリン
体重:3~5kg
毛種:長毛

優雅な佇まいと野性味を残す身のこなしが魅力の猫

■歴史

長毛のアビシニアンがソマリの起源です。それまでもアビシニアンの血統の中には何代にもわたって劣性遺伝にあたる長毛の猫が見られて来ましたが特別にとりあげられることはありませんでした。

1960年代後半にイギリスのブリーダーが中心となって長毛のアビシニアンの繁殖が始まりました。当初は長毛のアビシニアンでしかないと認められませんでしたが、努力の結果1つの血統として認められ、1977年には公認のソマリがヨーロッパに初めて渡りました。

なお世界中でも独自の繁殖がそれまでにも行われており、これよりも以前になる1965年にはオーストラリアでも発表されていました。

■外見の特徴・性格など

ボディは筋肉質でスリムなフォーリンタイプです。バレエキャットと呼ばれ、つま先立ちをしているようにも見えるバランスのよい四肢、大きなアーモンド型の目、V字型で丸みのある顔が特徴的です。

頭がよく表情豊かで甘えん坊な反面、人見知りでうるさいところが苦手です。しかし、活発的な性格のため、よく運動させることが大切です。人とのコミュニケーションが良好な反面、ほかの猫との同居が苦手といった神経質な面もあります。そのため、静かな環境で育てるのに向いています。

■毛質

長い被毛はふさふさと密生し、シルクのような手触りがあります。だたし、ペルシャなどに比べるとやや短めです。

■毛色

代表的な毛色はルディ、レッド、フォーン(ベージュ)、ブルーの4種類。

ルディは地色が濃いレッドブラウンの色調のアプリコットで、ティッキングは漆黒。ベージュはレッドが希釈された色で薄いマッシュルーム色かオートミール色のアンダーコートを持ち、レッドのティッキングが入るなど、ソマリにはほか10色以上のティッキングがあります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

トップへ戻る