サイアミーズ/シャム(猫図鑑)

Siamese cat with blue eyes looks in camera isolated on white background
英表記:Siamese
誕生国:タイ
誕生年:1300年代
タイプ:オリエンタル
毛種:短毛種
目色:ブルー
公認毛色:シールポイント・ブルーポイント・チョコレートポイント・ライラックポイント
体重:オス 3~4kg/メス 2.2~3.6kg

日本では「シャム猫」として親しまれているサイアミーズはその名の通りタイ(旧シャム王朝)が起源の猫種です。その立ち振る舞いは気品に溢れ、世界中にファンがいます。

歴史

サイアミーズはアユタヤ朝時代(西暦1350~1767年)の古書「キャット・ブック・ポエム」にも登場し、古くからタイに存在する猫種です。当時は王家や貴族しか飼うことが許されなかったそうですが、1885年にタイのイギリス総領事館に努めていたゴールド氏が帰国の際に、タイ王室からサイアミーズのペアを贈られたことをきっかけに世界中に広まりました。

特徴

サイアミーズ全体的にとても細くスレンダーですが、筋肉質で抱っこをすると意外にずっしりしています。顔はほっそりしたV字型でおしゃれなポインテッドカラー、大きく広がった耳とややつり上ったアーモンド型の綺麗なブルーの瞳を持っています。前肢よりも後肢が長く、動きがとてもエレガントです。

被毛の特徴

とても短く、細く、光沢のある被毛が密生しており、その手触りは見た目の通りシルクのようです。ポイントは、顔、耳、四肢、尾に現れ、ほぼ真っ白の体で生まれてきますが、大人になるにつれ色濃くなっていきます。

性格

その品のある見かけとは違い、好奇心旺盛で活発、遊んでもらうのも大好きです。気が乗らないときは素気ない態度をみせますが、そのワガママさも猫好きな人にはたまらない魅力でしょう。神経質で自分が一番の猫ですので、あまり多頭飼いにはむいていません。

生活環境

気品あふれる見かけに反して、活発で運動量は全猫種の中でもトップクラスです。走り回れるようにできるだけ広い場所を用意してあげないといけません。狭い場所だとストレスがたまってしまうことがあります。

お手入れ

抜け毛は少なく、週2~3回のブラッシングで問題ありません。たまに蒸しタオルやセーム皮で撫でると、ツヤが出て美しくなります。

注意すべき点

短毛のため、日本の気候では秋冬は寒がることがあります。冬は室温を高めに設定してください。サイアミーズに多い遺伝性の好発疾患として、緑内障や流涙症などの目病、心臓病が挙げられていますが、基本的には健康で20年間生きる猫も珍しくありません。ほっそりした体型を維持する為、食事はきちんと管理しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

トップへ戻る