今スグにできる!猫ちゃん写真の上手な撮り方

猫 カメラ

「世に猫写真集は数あれど、やっぱりうちの子が一番かわいい!」—たとえ親バカと呼ばれようとも、これが一般的な愛猫家の本音なのではないでしょうか? ただ一方では、「なかなかプロのように上手には撮れないなあ」というのもまた、正直な気持ちなのではないかと思います。そこで今回は、アマチュアでも簡単にできる、ちょっとした撮影テクニックをご紹介いたしましょう。

誰でも簡単にできる、猫写真撮影のテクニック

まずは、撮影の環境を整えます。周辺の邪魔なものを取り除き、あくまでも猫を中心に、主役となるような空間を作りましょう。

猫のいる生活次に撮影器材に関してですが、これはスマフォや携帯のカメラ機能で十分です。最近のスマフォは画質が向上し、また手ぶれ防止やタイマー、色調補正、画像加工などさまざまな機能も充実しています。高名な動物写真家の岩合光昭氏もインタヴューに答え、「(外で撮影するとき以外は)携帯電話のカメラ機能で十分です」とコメントしています。スマフォ以外の大きな器材を使う際には、警戒されないよう日頃から猫のそばに置き、慣すなどの工夫をしましょう。

十分な採光のもと、リラックスした雰囲気で

さて、それではいよいよ撮影に入ります。撮影は、十分な光量のある部屋で行うことが基本となります。自然光のもとで撮ると、より自然な表情を押さえることができます。光の当たり方や光量を工夫することで、猫の美しい毛色や毛並み、しなやかな肢体の変化を写し取ることも可能となります。

撮影の際には、できるだけリラックスできる雰囲気を作ることが大切です。声掛けをし、お気に入りのおもちゃを用意するなど、フレンドリーな空気感の中で行いましょう。このとき気をつけたいのは、基本的に猫のさせたいようにさせ、無理なポーズなどを強要しないこと。あくまでも自然な環境で、ありのままの猫を画像におさめましょう。

あらかじめ、猫の行動パターンを把握しておくことも有効です。猫は1日14時間は寝てすごし、活発に行動する時間は比較的少ない動物です。撮影したいテーマにふさわしい猫の振る舞いを知り、撮影の時間帯を設定することで、生き生きとした姿を撮ることができるかもしれません。

“猫目線”で猫が主役に、ときにはアングルを変えて

猫 ローアングルアングルは、猫目線と同じ高さでの撮影を基本に。そうすることで、あくまでも猫が主役の写真となります。また、下から見上げたアングルで撮ることでたくましく凛々しい姿に、上から見下ろすアングルからの、こちらを見上げた表情はかわいらしくと、上下の角度を変えるだけでさまざまな表情を捉えることが可能となります。またタイマー機能を利用してのリラックスした姿や、スマフォの魚目レンズ機能などを使用することで、よりファニーなショットも狙えますね。

猫の動きが速い場合には、シャッター速度を早めるなどの工夫が必要です。その際はやはり、より高機能のデジカメの方が向くようです。明るい光源のもとで、手ぶれ防止の機能などを使用することと、カメラ本体をしっかりと持ち、脇を締め体全体でカメラをホールドするイメージで撮影にあたりましょう。
そのほか目線や距離を変え、さまざまなシチュエーションで、とにかく大量の写真を撮ることで、愛猫の特徴的なかわいいポーズや表情などが見えてくるはずです。フィルムでの撮影とは異なり、スマフォでの撮影は枚数増によるコストを気にしないですむこともメリットとなります。

フラッシュの使用は禁物です!

最後に、暗いところでの撮影の際に、フラッシュを使用することは避けましょう。もともと夜行性の猫の目は、暗闇でも光を多く取り込み、わずかな光でも物を見ることができます。一説では、猫は人間が認識することができる光の6分の1の光の強さでも認識できるとか。そこへ突然フラッシュをたくと、光の量が多すぎて目を傷め、最悪の場合には失明する危険もあります。

もしカメラが外部ストロボを使用できる機種であれば、天井や壁に向けてフラッシュをたき、反射する光で撮影する「バウンス撮影」がおすすめです。同じフラッシュ撮影でも、この方法であれば敏感な猫の目に負担をかけずに、より優しく撮影することが可能です。

あくまでも愛猫がリラックスできる空間で、ありのままののびのびとした姿を撮影する、そんな基本を踏まえて、素敵なフォトライブラリーを作りたいものですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

トップへ戻る