猫ウイルス性鼻気管炎

猫風邪の一種で、くしゃみなどを介した飛沫感染やグルーミングなどにより接触感染が主な原因です。鼻水やくしゃみ、発熱などが主な症状で、抵抗力の弱い子猫の場合、衰弱や脱水症状を起こすこともあります。

こんな症状が出たら気をつけて

猫ウイルス性鼻気管炎は猫ヘルペスウイルス(FHV)によって起こる猫風邪の一種。人間の風邪と同じように鼻水やくしゃみ、発熱、食欲低下などがみられる他、結膜炎なども見られます。重症化すると食欲が低下するため急激な衰弱や脱水症状に陥ることもあります。子猫や高齢の猫など、免疫力が弱い猫の場合、肺炎を起こすなど重症化する場合もあります。ほかに涙や目やにが増えたり、鼻や顔にヘルペス性皮膚炎を発症する場合もあります。

原因

ウイルスに感染した猫がくしゃみをし、それによって飛び散ったつばから感染が広がっていきます。またよだれや鼻水などからも接触感染しますので、母猫が子猫を舐めるといった猫同士のグルーミング、多頭飼いでの食器の共有などでも感染します。また、感染猫に触れた人間が、他の猫に触れることでも感染する場合があります。母猫の体内にいる間に、胎盤を介して感染することもあります。症状を見せていない猫でも、感染歴のある猫は三叉神経節(脳から顔に伸びる神経)の中にウイルスを保有していることがありますので気をつけなければいけません。

治療方法

重症化してしまえば自然治癒することは少ないので、必ず動物病院を受診し適切な治療を受けましょう。病院では二次感染予防のために抗生物質やインターフェロンなどを投与してもらいます。同時に自宅では栄養のあるフードを用意し、室内の保温に気を配ることが必要です。一度でも感染してしまうと、回復後もウイルスが体に残り、キャリアとなることがほとんどで、慢性の鼻炎になってしまう恐れもあります。体力が衰えると再び症状が出てしまいます。角膜炎などの急性の目症状に対しては抗ウイルス薬の投与も有効とされています。

治療・診療費はいくらぐらい?

診療項目(内容) 単価(円) 数量 金額(円)
診察料 1,000 1 1,000
皮下注射 4,100 1 4,100
インターフェロン 3,000 1 3,000
内服薬 400 8 3,200
合計 11,300円

※この診療明細書はアイペット損保の支払いデータから作成した診療費の参考例となります。したがって、診療費用・内容の平均・水準を示すものではありません。

予防法

ウイルス性鼻気管炎の症状はワクチンを接種することである程度軽減することができます。多頭飼いの場合は、猫同士で感染しないよう気をつけなければいけません。感染猫が使った食器やトイレは塩素系漂白剤で消毒します。また、猫を動物病院に連れて行った際に使ったキャリーにもウイルスが付着している可能性がありますので、使用後はきれいに洗いましょう。

猫ウイルス性鼻気管炎は、母猫からの猫ヘルペスウイルス(FHV)に対する移行抗体がなくなる1〜2カ月齢前後の子猫に多く見られます。通常は2週間程度で回復しますが、寒い時期の猫は抵抗力が弱いため、一度かかかると進行が早く重症化する恐れがあります。また空気が乾燥しがちな冬に多く見られますので、室内の保湿・保温にも気を配りましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

監修: 東京猫医療センター 服部幸
監修: 東京猫医療センター 服部幸
2003年、北里大学獣医学部卒業。
SyuSyu CAT Clinic院長、アメリカのテキサス州にある猫専門病院の研修プログラムを経て、2012年、東京猫医療センターを開院する。2013年には、アジアで2件目となるISFM(国際猫医学会)のゴールドレベルの認定を取得。
10年間にわたり、猫の専門医療に携わる。
トップへ戻る