猫の気分のモード~天気で変わる猫の気分~

cat sits on a windowsill

雨の朝、眠い目をこすりながらいやいや起きるその横で、飼い猫はグースカ寝こけている……。猫になりたい!と思う瞬間ですよね。
雨の日は誰しも眠いものですが、これは生物として当たり前のこと。自然界では、雨の日は活動しても効率が悪いので、体力を温存しておくために眠くなるのが普通なのです。
人間は、本能がだいぶ薄れてしまったので、「雨の日もいつもと変わらず元気」な人もいるでしょうが、本能が強く残っている猫は眠くて仕方ありません。いつもは早朝からニャーニャー鳴いてごはんを要求する猫も、雨の日だけは遅くまで寝ていることもあります。

このように、猫の気分は天気の影響を受けます。前述のように雨だと一日中眠く、ダラリとしています。野生の猫は雨の日に動いても体が濡れてしまうし、第一、獲物である小動物も巣穴でじっとしているので狩りができません。猫も巣穴でじっとしているのが一番なのです。狩りをする必要のない飼い猫でも眠くなってしまうのが、本能の強い猫ならではです。

逆に、晴れの日は元気ハツラツ! 獲物となる小動物もたくさん活動していますし、猫もやる気満々になります。飼い猫もエネルギーがあり余ってしまうため、猫じゃらしなどを使ってたくさん遊ばせてあげるといいでしょう。

風が強い日は猫はストレスがたまることでしょう。風の音で獲物のたてる音が聴こえづらいからです。せっかくの聴覚が生かせず、狩りの効率が下がります。室内で過ごす飼い猫でも、耳をピクピクと動かしながらイライラと過ごすことが多くなるのではないでしょうか。

雪も音を吸収するため、聴覚が生かせません。そもそも、野生では半砂漠で暮らしていた猫にとって、雪はありえない寒さでしょう。自然と活動量が減ります。

まとめると、こんな感じになります。

天気

もちろん例外はあり、雪の日でも元気な猫というのもいるようです。特に北国育ちの猫は「雪だから今日は狩りはお休み」とは言ってられないでしょう。

ノルウェージャンフォレストキャットという猫種は、寒さの厳しいノルウェーの森で生き延びてきた猫といいます。キタキツネは雪の下を這い回る小動物の音をキャッチして雪の上から一発で獲物を捕らえるといいますから、北国で育つ猫はそのような狩りもできるのかもしれません。

寒い国で生きる猫はがっしりと大きな体格になります。そのほうが熱を奪われにくいからです。ふさふさの長毛も寒さをしのぐのに役に立つのでしょう。

寒い国で生きる猫はがっしりと大きな体格になります。そのほうが熱を奪われにくいからです。ふさふさの長毛も寒さをしのぐのに役に立つのでしょう。

このように、猫の気分はお天気と深く関係しています。まさしく「お天気屋」さんなわけです。でもそれは動物には仕方のないこと。天気は野生で生きる動物にとって大きな影響力を持つのですから、天気によって気分が変わるのは当然なのです。

雨でも晴れでも、同じような生活を続けるのは人間だけ。ある意味では、人間だけが自然に反した生き方をしているのです。(だから私も雨の日は寝ていたいというわけでは……いや、できればそうしたい……)

実際に猫は天気の変化に敏感で、湿度が高くなるとヒゲが湿気を吸って垂れ下がり、それを直すために顔を洗うという説もあります。「猫が顔を洗うと雨が降る」などの迷信が昔から伝わっていますが、あながち嘘とは言えないかもしれません。

猫が顔を洗うのは湿気を吸って垂れさがったヒゲから水分を取り、「ピンと張ったヒゲ」に戻すためという説も。気圧やイオンの変化を感じ取って顔を洗うという説もあります。

猫が顔を洗うのは湿気を吸って垂れさがったヒゲから水分を取り、「ピンと張ったヒゲ」に戻すためという説も。気圧やイオンの変化を感じ取って顔を洗うという説もあります。

猫の気分のモード~猫の気分がコロコロ変わるワケとは?~

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

日本動物科学研究所所属・編集者&ライター 富田園子
日本動物科学研究所所属・編集者&ライター 富田園子
幼い頃から犬・猫・鳥など、つねにペットを飼っている家庭に育つ。
猫雑誌の編集統括を8年務めたのち、独立。
哺乳類動物学者の今泉忠明氏に師事。
現在は5匹の猫と暮らす。
編集・執筆を行った本に『マンガでわかる猫のきもち』『幸せな文鳥の育て方』(大泉書店)、『フレブル式生活のオキテ』『シュナ式生活のオキテ』(誠文堂新光社)、編集を担当した本に『猫とさいごの日まで幸せに暮らす本』(大泉書店)などがある。5匹の猫と暮らす愛猫家。
トップへ戻る