猫ちゃんの避妊・去勢手術、しなかったらどうなるの?

Friendship of the two  cats

ここ日本でも、猫を飼育するときの基本的な考え方として、室内飼いと避妊・去勢手術の実施は近年だいぶ浸透してきているように思います。

いずれも、現代の猫の飼育環境や猫の安全・健康に配慮したうえで、必要な処置であるとする考え方がある一方で、やはり体にメスを入れることに抵抗がある等、色々な考えから避妊・去勢手術を否定的に捉えている飼い主さんもいらっしゃるかもしれません。では避妊・去勢をしなかった場合には、どんなことが起こりうるかについて考えてみましょう。

避妊・去勢手術のメリット・デメリット

猫に避妊・去勢手術をするかしないかを考える際に、それぞれのメリット・デメリットを知っておくことは、重要な判断基準となります。

過去に「にゃんペディア」でも検証していますので、詳しくは避妊・去勢のメリット・デメリットをご参照ください。

メス猫

・望まない交配、妊娠、出産を避けられる(殺処分される猫を減らすことにも繋がります)

・発情がなくなるので性的なストレスを軽減することができる

・発情に伴う問題行動(独特の大きな声で鳴くなど)を抑制できる

・乳腺腫瘍の発生率を低下させることができる

・卵胞嚢腫などの卵巣疾患を予防できる

・子宮内膜炎や子宮蓄膿症などの子宮疾患の発生率を低下させることができる

オス猫

・放浪やケンカなどの行動を減らすことができる。

・攻撃性の低下

・スプレー行為(尿マーキング)の改善

・マウント行為が軽減される(雌と一緒に飼われている場合)

・性的なストレスの軽減

※上記の行動はかなりの割合で抑えられると言われていますが、猫によっては効果がない(少ない)場合があります。

・精巣腫瘍を予防できる

・雄同士のケンカが少なくなるので、猫免疫不全ウィルス感染症(猫エイズ)や猫白血病ウィルス感染症などの感染症リスクが低減する

一方、デメリットとしては、以下のものがあります。

・子供が産めなくなる(雌)

・手術時の全身麻酔のリスク

・消費エネルギー量の低下などにより、太りやすくなる傾向がある

※以上、すべて「にゃんペディア」より

避妊・去勢のメリット・デメリットはこちらから

メリットとしては、猫の性的なストレスを減らしたり、「子宮蓄膿症」や「乳腺腫瘍」など特定の病気の発生を減少させたり、予防したりする効果が期待できます。

また、可愛いからと猫を繁殖させ、増え続ける子猫の飼育に困りはてて捨ててしまうといった飼い主の行動を抑制し、殺処分を減らすことにもつながります。デメリットはやはり、将来にわたり子どもを産めなくなることや、手術の際の危険性がゼロではないことが指摘されています。

避妊・去勢手術をさせたくない飼い主の気持ちとは

以上は、専門家である獣医師などの、医学的な知見に基づいた避妊・去勢手術のメリット・デメリットに関する見解ですが、では、手術をしたくないとする飼い主さんの心情には、どんなものがあるのでしょうか。

ネット上で確認できる、猫の飼い主さんによる「避妊・去勢手術をしない派」の意見を見てみましょう。

・手術はかわいそう

・自然のままが、猫にとっても幸せ

・一度ぐらいは出産を経験させてあげたい

・家の外に出さないので、あるいは雄だから必要ない

・避妊・去勢手術は費用が高い

・性格が変わってしまう/太ってしまう

いずれも納得できる点はあるものの、猫の幸せをトータルで考えた場合には、また違った結論に至ることもありそうです。

海外の避妊・去勢手術事情

ここで、海外の「去勢・避妊」事情はどんなものか、ごく一部ではありますが確認してみましょう。

アメリカでは州によって状況は異なりますが、たとえばサンフランシスコなどでは、去勢・避妊手術をしていない犬・猫は、毎年100ドルの登録料を支払う必要があります。メリーランド州では、生後2カ月を過ぎた動物には避妊・去勢手術を実施し、ペットホテルやドッグラン、グルーミングを利用する際には、狂犬病の予防接種と避妊・去勢手術を済ませた動物しか入れないケースも多く見られるとのことです。

そのほか、ドイツやオーストラリアなどの動物先進国とされる国では「動物の権利」が広く認められており、避妊・去勢にとどまらない、さまざまな規制のもとに動物の保護が行われています。

一方で、発展途上国の国々では、欧米などの先進国とは異なり、まだペットの避妊・去勢をするという意識は乏しいようです。

避妊・去勢手術に適した時期とは?

野良猫親子

避妊・去勢手術を実施する、適切な時期についてはさまざまな説があります。一般的には、はじめての発情を迎える前に手術を受けさせることが望ましいとされ、生後6~8カ月齢が目安とされています。雄の場合は生後6~10カ月齢くらいが目安となります。

各病院では避妊・去勢手術に適した体重というのも定めており、猫専門病院「東京猫医療センター」では、生後半年以降、もしくは体重が2.5キロ以上を目安にして手術を行っています。

猫種や個体にもよりますが、ある程度以上に身体が成長していないと手術に耐えられないとの判断によるものです。

避妊や去勢の時期が遅くなると、手術後にも発情の癖が残る可能性があります。雌の場合は発情時期に頻繁に鳴く、雄はスプレー行為が発情の名残りとして残ることがあります。

2回以上の発情を経験した猫は発情期の癖が抜けにくいとされ、理想的には1回目の発情がくる前に、遅くとも2回目の発情を迎える前には避妊・去勢手術を行ったほうが良いようです。

しかし、避妊・去勢手術は全身麻酔をかける必要があり、そこにはわずかながらリスクが伴います。かかりつけの獣医師に相談のうえ、体調が良好なときに行いましょう。

避妊・去勢手術をしなかったらどうなるかについて、簡単に見てきましたが、計画的に繁殖する意志がないのであれば、避妊・去勢手術をしないことは猫の健康的な生活を考えた場合に、デメリットのほうが大きいような印象があります。仮に手術をしない選択をしたときは、飼い猫が家から脱走して野良猫化しないように注意しなければなりませんし、また、猫が増えてしまった、あるいは問題行動が激しくなったからといって安易に手放すことがないよう、強く自覚する必要があると言えるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

監修: 東京猫医療センター 服部幸
監修: 東京猫医療センター 服部幸
2003年、北里大学獣医学部卒業。
SyuSyu CAT Clinic院長、アメリカのテキサス州にある猫専門病院の研修プログラムを経て、2012年、東京猫医療センターを開院する。2013年には、アジアで2件目となるISFM(国際猫医学会)のゴールドレベルの認定を取得。
10年間にわたり、猫の専門医療に携わる。
トップへ戻る