どうして食べないの?~猫さん、食の気まぐれ~

Little kitty eats dry food

〝気まぐれ〟は猫さんの代名詞です。飼い主さんはそんなこと、先刻ご承知。気が向いたときだけ甘えるだけなので、ツンデレなんて言われますが、いくら〝ツン〟であっても、たまに〝デレ〟てくれれば、飼い主さん的にはOKです。
そんなことより悩ましいのは、猫さんの食に対する気まぐれです。

昨日まではテッパンだったのに!

キャットフードの袋猫さんは、食事の好みにうるさい方。うちの仔はマグロ味のフードは食べるけどシラス入りは食べない、とか、黒っぽい見た目のウェットは食べないとか、その仔によって厳格な基準があります。
試しに、キャットフード売り場で観察してみてください。どの飼い主さんも、パッケージをためつすがめつ、うちの仔のお眼鏡にかなうフードはないかと、ものすごく悩んでいる光景が見られるでしょう。
ワンコの場合は、食物アレルギーの問題もあって、あまり頻繁にフードを変えたりしませんので、フード売り場をうろうろするのは、猫飼いさんだけの特徴です。
しかも、猫さんと来たら、ある日、突然味の好みが変わったりするのです。
他のフードがダメでもこれさえあれば…というテッパンのひと品を、ある日、突然、拒否された飼い主さんのショックときたら。また、初めからお気に入り探しをすることを考えると、ほんとうにうんざりしてしまいます。
おまけに、猫さんはガンコもので、拒否したフードは断固拒否、なのです。お腹が空いたら食べるだろうと飼い主さんが粘っても、猫さんは口にしません。3日でも4日でも拒否し続けるので、結局は飼い主さんが根負けしてフード売り場をウロウロすることになるのです。

必要なものを知っている

ごはんを嫌がる猫ちゃん猫さんが食事を食べなくなる原因としては、「飽きた」「夏バテで食欲不振」「お皿にヒゲが当たって不愉快」「ドライフードがしけっていて食感が悪い」など、実にさまざまな理由が挙げられます。
最近の調査では、猫さんは「味」よりも「栄養素」で食事を選ぶという結果も出ています。
これは、あるペットフードメーカーと大学の共同研究で、脂肪とタンパク質の含有量を変えた3つの味のフードを猫さんに与えて、その嗜好性を較べたもの。
初めのうちは味の好みだけでフードを選んでいた猫さんたちが、やがて、味に関係なく、タンパク質と脂肪が猫さんに必要な分だけ含まれているフードを選ぶようになったのだそうです。
ヒトでも、脂っこい食事が続くとあっさりしたものがほしくなりますよね。そんな感じで、猫さんも自らのカラダが欲するものを選ぶようになるのでしょう。
猫さんは、賢い生き物なのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

月刊猫とも新聞
月刊猫とも新聞
猫さんとの暮らしをより豊かに、より楽しくするための情報をタブロイド判12頁(全頁カラー)に凝縮した、読み応えたっぷりの新聞です。

○ちょっと変わった視点からの巻頭特集
○猫の魅力にどっぷりはまった作家によるアート作品
○猫さんと気軽にふれあえるスポット
○猫と人との長いつきあいを教えてくれる猫神社巡り
○猫に関するブックレビューや猫ギャラリー案内・最新企業情報

等、様々な角度からの情報を、毎月一度、皆様のご自宅まで直接お届けする通信販売型の新聞です。
トップへ戻る