猫の悪性腫瘍・扁平上皮がん

白ねこ

猫の顔の小さな擦り傷が、いつまでたっても治らない。それどころか、だんだん酷くなっているかも…。それはもしかしたら悪性の腫瘍、「扁平上皮がん(へんぺいじょうひがん)」かもしれません。扁平上皮がんは、体の表面や、体内への入口にあたる部分の、「扁平上皮細胞」ががん化したものです。
猫の皮膚の腫瘍としては比較的多く見られ、白猫や、部分的に白い被毛を持つ猫で発症しやすい傾向があります。

症状

皮膚が存在している場所であればどこにでも発症する可能性あります。猫では白い毛の部分や毛の薄い部分にできやすく、とくに鼻筋や耳介、眼瞼などの顔面の組織に多く発生します。また皮膚だけでなく、その付属器官(口腔内や鼻腔内など)や皮膚の下に発症するケースもあります。

初期にはまず、発生箇所の皮膚が荒れたり小さなしこりができたりしますが、自覚症状はあまりありません。症状が進行すると脱毛、炎症やただれ、厚いかさぶたや潰瘍などが起こります。さらに進行するにつれ潰瘍が大きくなり、出血したり膿が出たり、悪臭がしたりし、やがて侵された部分の機能障害が現れます。

例えば、口腔内に扁平上皮がんができた場合では、潰瘍や腫瘍からの出血により、血の混じった粘度のあるよだれを流すようになります。食べ物や水が飲み込みにくい様子を見せるようになり、飲食困難などが現れます。ときには、しこりが大きくなりすぎて口を閉じられなくなることもあります。

鼻の表面での発症ではくしゃみ、鼻汁、鼻出血、できものなどが現れます。
耳、まぶたなどの顔の皮膚にできた場合は、当初は擦り傷のように見えるものの治ることはなく、時間の経過とともに徐々に大きくなっていきます。耳に発症した場合には、耳介が落ちてしまったりするなど、がん化した組織が脱落してしまうこともあります。

原因

目に傷のある白猫扁平上皮がんは、扁平上皮細胞ががん化することで起こりますが、その原因の詳細は不明です。可能性として紫外線、大気汚染の影響、免疫力の低下、飼い主の喫煙などが指摘されています。

まず、皮膚の扁平上皮がんができる原因としては、長期間、日光の紫外線を浴び続けることで細胞が損傷し、がん化することがもっとも多いとされています。とくに色素が薄い白猫や、被毛が薄い部分(鼻・耳介)は日光皮膚炎を起こしやすく、発症しやすい傾向にあります。

口腔にできるがんでは、煙草の煙など身近な環境中の大気汚染物質が要因と考えられています。

また、皮膚以外の扁平上皮がんは、被毛の色に関わらず、どんな色の猫にでも発生しますが、とくに免疫力の低下した高齢の猫に多く見られます。

そのほか、外耳炎など各部位の炎症から発症するケースや、「猫エイズ(猫免疫不全ウイルス感染症)」などによって免疫力が低下している場合も発症しやすくなります。

治療方法

治療方法は、なるべく早いタイミングで患部とその周囲の組織を外科的治療で大きく切除する手術がメインとなります。

あごや舌の付け根のように切り取ることで食事が摂れなくなるなど、外科的治療を行うことで生活が困難になる場合や、他の器官への浸潤や転移が見られる場合、猫に手術に耐え得る体力がないケースなどでは、抗がん剤や放射線による内科的治療を選択することもあります。

予防方法

猫とスキンシップ

白猫や、部分的に白い被毛を持つ猫の場合は、紫外線の影響で発生することが多いとされており、予防策としては室内飼いが基本となります。一般的にこの病気に限らず、猫にとって室内飼いはさまざまなメリットがありますので、室内飼いはぜひ実践したいものです。猫のいる環境での喫煙も控えましょう。
また、日頃のスキンシップを兼ね、マッサージの際に体毛や皮膚の状態を常にチェックすることで、しこりや炎症、脱毛などの異変に早めに気付くことができます。皮膚に違和感を感じたら、どんな些細なことでも専門医に相談してください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

監修: 東京猫医療センター 服部幸
監修: 東京猫医療センター 服部幸
2003年、北里大学獣医学部卒業。
SyuSyu CAT Clinic院長、アメリカのテキサス州にある猫専門病院の研修プログラムを経て、2012年、東京猫医療センターを開院する。2013年には、アジアで2件目となるISFM(国際猫医学会)のゴールドレベルの認定を取得。
10年間にわたり、猫の専門医療に携わる。
トップへ戻る