猫のケンカのルールとは?

猫のケンカ

発情期になると、外で野良猫がケンカしている声が聞こえたり、多頭飼いしているおうちでは、猫どうしのプロレスごっこが繰り広げられたり。
そんな猫の「ケンカ」には、実はとっても平和的なルールがあるんです。

猫は「なるべくケンカしたくない」と思っている

猫は決して、「ケンカっぱやく」ありません。
たとえ自分のほうが明らかに「強くて勝てる」場合でも、なるべくケンカはしたくないと思っています。
なぜなら、負傷したくないからです。

野生では、負傷は命の危険につながります。たとえケンカに勝ったとしても、負傷してその後自由に動けなくなったり、怪我が元で命を落としてしまっては元も子もありません。ですから、なるべくケンカは避けたいのです。

ですから、’猫社会のルールって?’ でご紹介した通り、なるべく他の猫に出会わないように注意しますし、もし出会ってしまっても、「気づかないフリ」をします。

それでも、どうしても争わなければいけないときもあります。オスどうしでメスを取り合うときなどがそうです。でも、そんなときも、なるべく戦わず、にらみ合いだけで決着を付けようとします。猫はたいていの場合、お互いを見ただけで「自分のほうが強いか、弱いか」わかるのです。体格や気迫などが手掛かりになります。
例えば、下の写真では、腰を高く上げ、相手にまっすぐ対峙している左の猫のほうが強気です。右の、うずくまっている猫は弱気。うずくまるのは「私は弱いから、攻撃しないでください」というサインです。

猫のけんか

このようなボディランゲージで、猫は勝敗を決めます。このようなとき、勝った猫が負けた猫に攻撃することはありません。無駄な争いは好まないのです。

やむを得ず本当の「ケンカ」に発展するとき

力が互角のときや、にらみ合いでどちらも引き下がらないときは、仕方ありません。体を張ったケンカに発展します。「ギャアア!」という金切り声を上げながら、猫パンチや猫キックの応酬です。
面白いのは、ケンカの途中で毛づくろいをすることがあること。毛づくろいには自分を落ち着かせる効果がありますが、それを行うのです。見ている人間は「もう終わったのかな?」と思ってしまいますが、これはただの一時休戦。しばらくすれば、また戦いが再開します。

ケンカの途中で毛づくろいするのは、自分を落ち着かせるため。

ケンカの途中で毛づくろいするのは、自分を落ち着かせるため。

どちらか一方がうずくまったまま、攻撃を受けても反撃しなければ、「負け」。これで勝敗が決まります。勝ったほうはそれ以上攻撃せず、静かに去っていきます。

一度勝敗が決まれば、基本的に2匹の間で再び争いが起こることは基本ありません。負けた猫は、「あなたには逆らいません」という態度で接するからです。

遊びの「ケンカごっこ」もある

猫 けんか

「本物のケンカ」ではなく、仲良しの猫が遊びでする「ケンカごっこ」もあります。子猫は遊びを通して狩りや交尾に必要な様々な動きを習得します。ケンカごっこの際、相手の体に噛みつくこともありますが、強すぎると相手は鳴いて「痛い!」と知らせ、反撃を受けることもあります。そうした経験を通して、猫は「ここまで強い力で噛むと、相手に怒られるんだな」と覚えます。

幼い頃から1匹で育った猫に、噛み癖がある子が多いのは、こうした経験を持てないため。「痛すぎるよ!」と教えてくれる相手がいなかったのです。

飼い主である人間が猫の代わりに教えるのは難しいとされています。猫のような俊敏さや反射神経がないため、タイミングが遅くなってしまうのです。また、猫より体の大きい人間が反撃した場合、猫が「怖い」と感じ、関係が悪くなる可能性もあります。

たまに、「2匹目を飼い始めたら、1匹目の噛み癖が直った」という話も聞きます。これは、上記のような経験を持つことができたため。ですが、噛み癖を直すためだけに多頭飼いを始めるのはおすすめしません。2匹が仲良くなれない可能性もあり、リスクが高すぎるからです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

日本動物科学研究所所属・編集者&ライター 富田園子
日本動物科学研究所所属・編集者&ライター 富田園子
幼い頃から犬・猫・鳥など、つねにペットを飼っている家庭に育つ。
猫雑誌の編集統括を8年務めたのち、独立。
哺乳類動物学者の今泉忠明氏に師事。
現在は5匹の猫と暮らす。
編集・執筆を行った本に『マンガでわかる猫のきもち』『幸せな文鳥の育て方』(大泉書店)、『フレブル式生活のオキテ』『シュナ式生活のオキテ』(誠文堂新光社)、編集を担当した本に『猫とさいごの日まで幸せに暮らす本』(大泉書店)などがある。5匹の猫と暮らす愛猫家。
トップへ戻る