「アロマテラピー」「お香」は猫にとって危険!?

アロマ 猫

猫を飼っているご家庭で、アロマテラピーを楽しんでいる方も多くいらっしゃるのではないかと思います。
アロマテラピーには、鎮静、消化・食欲増進、ホルモンバランスの調節などの心身への作用や、殺菌、抗菌・虫除けなどの効果があるとされています。人間にとっては、心身の健康や美容を増進してくれることが期待できるなどすぐれた面がありますが、このアロマテラピーに欠かせないエッセンシャルオイルは、じつは猫には害があることも!

猫の肝臓は、植物性の有害物質を解毒できない

アロマテラピーに用いられるエッセンシャルオイル(精油)は、植物の花、葉、果皮、果実、心材、根、種子、樹皮、樹脂などから抽出した高濃度の有効成分を含んだ揮発性の油です。各植物によって特有の香りと機能をもち、アロマテラピーの基本となっています。

エッセンシャルオイルが猫にとって危険な理由は、猫の肝臓がほかの動物とは異なっているためです。草食もしくは雑食傾向のある人間や馬や犬などは、植物性の毒物を肝臓で解毒します。これに対し肉食である猫の肝臓は、有害物質を体外へ排出するための解毒機構である、グルクロン酸抱合を持っていないのです。

体内に蓄積することで中毒症状を起こし、死に至ることも

もともと肉を常食している猫は、体内に植物を摂り入れる必要はほとんどありませんでした。そのため、植物から抽出された精油成分を代謝する機能が不足しているのだと考えられます。よって本来、肝臓で分解されるべきエッセンシャルオイルの精油成分は、猫にとっては少量でも中毒に陥りやすくなります。
エッセンシャルオイルを直接口にすることは人間にとってもたいへん危険な行為ですが、猫の場合はより深刻です。ノミ・ダニ対策などためにエッセンシャルオイルを使用した場合、猫のとても薄くデリケートな皮膚から吸収され、血流に乗ります。その結果、体に侵入した精油成分を代謝できず、体内に蓄積してしまうことで中毒症状を起こし、肝不全を発症、場合によっては死亡するケースもあります。

アロマテラピー

エッセンシャルオイルによる猫の中毒症状は、嘔吐/下痢、運動失調、筋肉の震え、元気がなくなる、異常行動、めまい、失禁、食欲減退、貧血など多岐にわたり、これらの症状はエッセンシャルオイルに含まれる原因物質によって異なります。

中毒症状が猫に現れる期間は、ごく短時間から数年にわたるものまで大きなばらつきがあります。そのため、その危険性を認識しないまま使い続けている飼い主さんも多いのではないかと思われます。

エッセンシャルオイルをたくのも危険

高濃度のシャンプーやノミ・ダニ対策商品とは異なり、エッセンシャルオイルを使用した虫除けスプレーや首輪の場合は経皮吸収される量が限られますが、グルーミングを通して体内に取り込まれてしまうため、やはり猫の皮膚に触れるかたちでエッセンシャルオイルを使うことは避けましょう。ノミやダニの駆除であれば、獣医師が処方した猫用の動物用医薬品の使用を心がけましょう。

それでは、猫がいる環境でアロマをたく、芳香浴はどうでしょうか? エッセンシャルオイルを部屋に香らせた場合も、経皮吸収に比べごく微量ではあるものの、空気中に漂う精油成分が鼻の粘膜を通しての経皮摂取や呼吸器を通しての吸入摂取、又は被毛に付着した成分をグルーミングにより経口摂取する恐れがあります。

猫がいる家庭は、エッセンシャルオイルの使用は慎重に

アロマオイルとキャンドル猫が中毒を起こした際にエッセンシャルオイルが直接的な原因であるとの判断は難しいです。猫への害が比較的少ないとされているエッセンシャルオイルもあるようですが、完全に無害とは言いがたいのが現状です。また猫のいる部屋にエッセンシャルオイルを保管したりコットンに湿らせたものを置いておく場合も誤飲や意図しない経口摂取にも繋がる恐れがあります。先の通りどんな使用方法であろうとも、猫は経皮、経口、吸入と主に3つの方法で意図せずとも摂取してしまう可能性があるため、猫と共に暮らしている方は使用を控えましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

監修: 東京猫医療センター 服部幸
監修: 東京猫医療センター 服部幸
2003年、北里大学獣医学部卒業。
SyuSyu CAT Clinic院長、アメリカのテキサス州にある猫専門病院の研修プログラムを経て、2012年、東京猫医療センターを開院する。2013年には、アジアで2件目となるISFM(国際猫医学会)のゴールドレベルの認定を取得。
10年間にわたり、猫の専門医療に携わる。
トップへ戻る