猫専用の扉完備!話題の猫アパートって…?

猫との暮らし

横浜市に猫ちゃんと一緒に入居できるアパートがあると聞き、早速訪ねてみることにしました。猫ちゃんお断り、ではなく、猫ちゃん抜きはお断りとは・・・!?一体どんなアパートなのでしょうか。

目指す物件は横浜市営地下鉄ブルーライン吉野町駅にある、白壁の外観がかわいらしい2階建ての「Seilan Apartment(セイラン アパートメント)」。もともと「青嵐荘」という古い木造アパートが建っていましたが、建物が老朽化し、建て替えをすることになりました。

大家さんは「猫と人が幸せになれるアパートにしたい」と思ったそうで、東京都杉並区でネコ専用賃貸アパート「Gatos Apartment」の運営をしながら、猫ちゃんと一緒に暮らせる物件づくりのコンサルタント業務を行っている木津一郎さんに、建て替えについて相談されたそうです。木津さんのアドバイスを受けて、木造2階建て、全5室の猫ちゃんと一緒に暮らせるアパート「Seilan Apartment」は誕生しました。1階には大家さんが2匹の猫ちゃんと一緒に暮らしています。

猫のデザインをあしらったアパートの看板

猫のデザインをあしらったアパートの看板

新しいコミュニティの形を提案

木津さんは杉並区でネコ専用賃貸「Gatos Apartment」を運営しています(「Gatos(ガトス)」とはラテン語で「猫」の意)。木津さんが賃貸のテラスハウスに住んでいた当時、ノラ猫を保護したことがきっかけで、「ペット可」の物件探しを始めたものの、なかなかいい物件に出合うことができなかったと言います。そもそもペット可の物件は少なく、しかも猫用はほとんどなかったとか。そこで木津さんは猫と暮らす家を自分で建ててしまおうと考えたそうです。さらに、ご自身と同じように猫と一緒に暮らす人とその環境をシェアするため、完成した家の1階を賃貸として貸し出すことにしました。

「ネコ専用賃貸物件のメリットは大きくふたつあります」と木津さんは言います。

「ひとつは住人同士がお互いの猫の面倒をみてあげられること。猫を飼う人に共通した悩みのひとつに、長期間部屋を留守にすることができないというものがあります。当然、海外旅行などには出かけられませんよね。それがネックになって猫を飼うことを諦めたという声もよく聞きます。まずその問題を解消したいと思ったんです。猫好きの方は、自分の猫だけではなく、他の人が飼っている猫も大好きで、面倒をみてあげたいと思うもの。面倒をみるというより、猫と一緒に遊びたいという感覚のようで、世話を頼まれることはまったく苦にならないんですよね。住人全員で猫を飼っているような感覚でしょうか。『Gatos Apartment』では、そうやって留守中の猫の世話を頼めるので、2週間海外旅行に出かけることができたという方もいます」

もうひとつのメリットは「セキュリティが強化されること」。

「猫好きという共通点があるので、住む方たちの間にも自然と親近感がわきますし、猫を介したお付き合いも始まります。住人同士の交流会も行っているので、どんな人が住んでいるかがわかり、安心できますよね。

『Gatos Apartment』では、猫の世話を頼むためにお互いの鍵を預けるような、信頼関係の強いコミュニティになっているので、ここでもそうなればいいなと思います。さらに、住人全員が猫好きなので、鳴き声や走り回る音など、猫が出す多少の生活音は気にならないというのも、ネコ専用賃貸のメリットですね。」

猫と人のことを考えた設計

「Seilan Apartment」は1階に2室、2階に3室、合計5世帯が入居できるようになっており、1階には大家さんが2匹の猫ちゃんと一緒に住んでいます。間取りはすべて1LDK(33.53〜43.99㎡)で、家賃は90,000〜106,000円(共益・管理費4,000円別)。部屋の広さによって猫ちゃん2〜3匹まで飼うことができます。

お部屋を覗かせていただくと、木津さん監修のもと、部屋のあちこちに猫と人が心地よく暮らすための工夫がされていました。

猫脱出防止用扉

玄関を入るとまず部屋に通じるドアがあります。賃貸の1LDK物件では珍しいこの扉も猫と暮らす上では重要な役割を果たしています。まずひとつは猫ちゃんの脱出防止。ドアには外側から鍵がかかるようになっていて、猫ちゃんが出られないようになっています。そしてもうひとつが、猫ちゃんにさわられたくない荷物を広い玄関スペースに置いておけること。これで買い物した荷物をうっかり置いておいたら猫ちゃんがじゃれて大変なことに…という事態を防ぐことができますね。

猫ちゃんの飛び出し&いたずら防止に最適◎

猫ちゃんの飛び出し&いたずら防止に最適◎

キャットウォーク

猫ちゃんにとって嬉しい設備。キャットタワーを置けば下から上までつながりますので、猫ちゃんの運動不足も解消できます。

壁にはキャットウォークが設置されています。

壁にはキャットウォークが設置されています。

トイレ設置スペース

洗面所はどの部屋も猫用トイレが2つ置けるスペースが確保されています。2匹の場合はもちろんですが、1匹でも2つ置いてあれば猫ちゃんはいつも清潔なトイレを使うことができますね。

猫扉

洗面所のドアには猫専用の扉が作られています。これで猫ちゃんは自由に部屋とトイレを行き来できますので、トイレのたびに飼い主さんが開けてあげる必要はなくなりますし、ドアを閉めておけますので匂いが漏れる心配もありません。

猫扉があるので猫ちゃんは自由におトイレに行けます。

猫扉があるので猫ちゃんは自由におトイレに行けます。

専用庭(1F)

1階の部屋には2mのブロックフェンスが設置された専用のポーチがついています。ここで猫ちゃんは自由に遊ぶことができます。

ロフト(2F)

2階は全室ロフトつき。ロフトへつながる階段は猫ちゃんにとって格好の遊び場所になり、6〜7畳と広々としたロフトは部屋としても十分仕えます。

ロフトに続く階段も猫ちゃんの絶好の遊び場に。

ロフトに続く階段も猫ちゃんの絶好の遊び場に。

人も快適に暮らせなければいけない、というコンセプトのもと、浴室乾燥機やシャワー付洗面台、レンジ付ガスコンロをはじめ設備も充実。さらに防犯カメラ、モニター付ドアホン、明るさセンサー自動点滅ライトなど、セキュリティにも十分配慮されていますので、一人暮らしの女性でも安心して暮らせるようになっています。

程よい距離感を保ちつつ、住人同士お互いを助け合いながら暮らす。猫を介した、そんな新しいコミュニティスタイルがこれからもどんどん増えてほしいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

トップへ戻る