猫のアトピー性皮膚炎-身近なアレが原因になることも

猫 かゆい

アトピー性皮膚炎とはアレルギーの原因となるアレルゲンを吸引したり、アレルゲンが皮膚に付着したりすることで引き起こされる皮膚炎のことです。激しい痒みを伴い、かきむしった結果、赤くなったり、脱毛したりかさぶたになったりします。猫の場合は比較的年齢が若い時期に発症することが多いといわれています。

こんな症状に気をつけて

顔、耳の後ろ、首の皮膚の部分を掻いたり、しきりになめたりしているようなら、アトピー性皮膚炎を発症しているかもしれません。あまり掻きすぎると、その部分を傷つけてしまいますし、脱毛を引き起こす恐れもあります。掻くことで皮膚炎がますます悪化し、やがて慢性化すると皮膚が厚くなり、黒ずんでしまうこともあります。

原因

アトピー素因を持つ猫がアレルゲン物質を吸引したり、これらが皮膚に付着したりすることが原因でアトピー性皮膚炎は発症します。アレルゲン物質には花粉やハウスダスト、ダニの死骸や糞、カビの胞子などが上げられ、季節性の場合は花粉が原因物質であることが考えられます。ただし、アレルゲン物質がハウスダストやカビの胞子など家庭内に存在するものであれば、季節とは関係なく症状が続きます。どんな時に発症するかを見極めることもアレルゲン物質を特定するのに役立ちますので、普段の様子を注意深く観察することが大切です。

治療

猫 シャワー

まずは原因となるアレルゲンを特定し、生活環境の中からその物質を取り除かなければなりません。原因物質を特定するため、動物病院で血液検査を行います。動物病院によっては全身麻酔をかけた状態で猫の胸の外側の毛を剃り、皮膚にさまざまなアレルゲンを注入する検査を行っているところもあります。皮膚が反応したものがアレルゲン物質ということになります。ただし、全身麻酔を使う検査を行っていない動物病院もありますので、事前に問い合せをするようにしましょう。

もし花粉が原因であれば、花粉が飛散する時期は窓を開けない、飼い主さんは外出先から帰ったら衣服についた花粉を払ってから家に入るなど、アレルゲン物質を室内に持ち込まないように注意しましょう。ハウスダスト、ダニの死骸や糞、カビの胞子など、室内の存在するものが原因であれば、こまめに掃除を行い室内の清潔を保ちます。
同時に痒みなどの諸症状を緩和するため、抗炎症剤や抗アレルギー剤、ステロイド剤などの投与を行います。さらに皮膚の乾燥を防ぐため保湿剤を塗布することもあります。また、シャンプーには皮膚に付着したアレルゲンを除去できる効果が期待できますので、猫がシャンプーを嫌がらないようであれば、シャンプーやリンスを使用することもあります。

予防

アトピー性皮膚炎の予防のために何より大切なのはこまめに掃除を行い、 室内を常に清潔に保つことです。アトピー性皮膚炎の猫は、ノミアレルギー皮膚炎を併せて発症する危険性が高いといわれています。ノミアレルギー皮膚炎のようにノミやダニといった寄生虫が原因の皮膚病の場合、駆除剤を使用しこれらを徹底的に駆除しなければ、どんなに治療薬を使用しても完治はしません。もし猫に皮膚病の症状が現れたら、原因物質を特定するため、必ず獣医師の診断を受けるようにしてください。

猫の毛の掃除については‘カーペットについた猫の毛の掃除はコロコロで?掃除機で?’という記事も参考にしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

監修: 東京猫医療センター 服部幸
監修: 東京猫医療センター 服部幸
2003年、北里大学獣医学部卒業。
SyuSyu CAT Clinic院長、アメリカのテキサス州にある猫専門病院の研修プログラムを経て、2012年、東京猫医療センターを開院する。2013年には、アジアで2件目となるISFM(国際猫医学会)のゴールドレベルの認定を取得。
10年間にわたり、猫の専門医療に携わる。
トップへ戻る