流涙症(涙やけ)

猫 涙

流涙症とは、その名の通り涙があふれて止まらなくなる病気です。常に涙が流れているため目の下の被毛はいつも濡れた状態になり、目頭から鼻筋にかけて茶褐色に変色することもあります。涙が原因で被毛が変色することから「涙やけ」と呼ばれることもあります。命にかかわる病気ではありませんが、まぶたが炎症を起こしたり、感染が原因で皮膚病を発症したりすることもあります。悪化させると長引いてしまいますので、早急な治療が必要です。

こんな症状に気をつけて

いつも涙を流している、目の下の毛が涙で濡れている、目をこすっているなどの症状が見られたら要注意。流涙症の疑いがあります。白い毛並みの猫は目視で確認できますが、黒など毛並みの色が濃い猫は涙を流していても気づきにくいことがありますので、目を頻繁にこするようになったなどの異変を感じたら、ティッシュやガーゼで目のまわりをぬぐってみてください。流涙症であれば赤茶色の涙がついてきます。

原因

流涙症の原因はいくつかありますが、まず角膜炎や結膜炎をはじめとした目の病気が考えられます。ほかに目に異物が入ったり、排気ガスや煙などの刺激物が角膜や結膜に刺激を与えたりすることで涙の分泌量が増える場合もあります。また何らかの原因によって、目と鼻をつないでいる器官である鼻涙管が詰まったり狭くなったりすることも考えられます。そのため目頭から過剰な涙があふれてしまうのです。鼻涙管の詰まりは先天性の場合もあります。また先天的に目瞼(まぶた)の形成異常がある場合でも流涙症が起こることがあります。

治療

角膜炎や結膜炎といった目の病気が原因の場合は、病気自体の治療を行い、異物が原因であれば異物を除去します。鼻涙管が詰まっているのであれば、その部分に極細の管を挿入して洗浄したり、拡張させたりする処置を行うことで涙の流れを正常に戻しますが、再発することもあります。
また、涙と一緒に目やにが出る場合も多く、それが原因で目頭から鼻筋が汚れてしまい皮膚が赤く腫れてしまうことがあります。目やにが多いようなら点目薬などを処方してもらいます。

予防

流涙症は鼻の短い猫が発症しやすいといわれていますので、ペルシャやヒマラヤン、スコティッシュフォールドなどは特に注意が必要です。いつもより涙の量が多いと感じたら、すぐに獣医師の診察を受けましょう。目の周囲が湿っていると雑菌が繁殖し、炎症を起こす場合があります。涙が出たらこまめに拭き取り、まぶたを常に清潔にしてあげるようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

監修: 東京猫医療センター 服部幸
監修: 東京猫医療センター 服部幸
2003年、北里大学獣医学部卒業。
SyuSyu CAT Clinic院長、アメリカのテキサス州にある猫専門病院の研修プログラムを経て、2012年、東京猫医療センターを開院する。2013年には、アジアで2件目となるISFM(国際猫医学会)のゴールドレベルの認定を取得。
10年間にわたり、猫の専門医療に携わる。
トップへ戻る