福島の猫たち~大震災から5年を迎えて~

のらねこ

今年も3月11日が巡ってきます。あの大震災から早5年の月日が経過しました。
東日本大震災では、その前に起こった阪神や長野の震災から学び、動物保護は比較的早い時期にスタートしました。
当時から猫の島として知られていた田代島も、早い段階から救援の手が伸びて、復興を目的とした「田代島にゃんこ・ザ・プロジェクト 」は驚異的な早さで目標の募金金額を達成しています。
けれど、原発事故のあった福島の避難区域では、多くの動物たちが取り残されました。
福島の猫たちは、今、どうしているのでしょう。

決死のボランティア

もちろん、当時から多くの熱心な保護団体が猫さんのために立ち上がり、バリケードをかいくぐって警戒区域内に入り、猫への支援を行いました。
高円寺ニャンダラーズ、ねこさま王国、アニマルエイド…。猫とも新聞とおなじ埼玉にあるアニマルエイドさんのお話しを伺ったときには、バリケード内への立ち入りが警察に見とがめられて始末書を書いたり、きちんと除線をしているのに駐車を迷惑がられたりしたといいます。猛暑の中、全身防護服での過酷な作業。真冬の豪雪の中での餌やり。シェルターは福島猫であふれ、多くが去勢避妊をしていないばかりか、猫エイズや白血病の罹患率も高く、医療費も大きくふくれあがりました。どの団体も、そのご苦労は大変なものだったと思います。

今もなお活動は続く

そして、今も、福島の猫のために活動を続ける人々がいます。特定非営利活動法人『未来といのち』です。
残っている猫さんたちは、警戒心が強く、なかなか捕獲器に入ってくれません。今では、定期的な餌やりが主な活動となっていますが、この1月も浪江町で犬1匹、猫4頭を保護しました。
そんな未来といのちでは、新しいプロジェクトも始動しています。
福島に猫たちの家を建て、みなが被災した猫さんとふれあえる場所を作ろうという計画です。そこでは、震災でなにが起きたのかを知ることができる資料も展示される予定です。「起きてしまった悲しい出来事は、もう後戻りできませんが、そこから何かが学べると思うのです」と未来といのち代表の小西 由美子さん。「なによりも〝いのち〟の大切さをじかに体験してほしい」と願っています。
プロジェクトはまだ始動したばかり。具体的なことはこれからですが、子どもたちから年配の方まで気軽に集えるカフェみたいな場所になりそう。
きっと未来への希望をつなぐ場所となるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

月刊猫とも新聞
月刊猫とも新聞
猫さんとの暮らしをより豊かに、より楽しくするための情報をタブロイド判12頁(全頁カラー)に凝縮した、読み応えたっぷりの新聞です。

○ちょっと変わった視点からの巻頭特集
○猫の魅力にどっぷりはまった作家によるアート作品
○猫さんと気軽にふれあえるスポット
○猫と人との長いつきあいを教えてくれる猫神社巡り
○猫に関するブックレビューや猫ギャラリー案内・最新企業情報

等、様々な角度からの情報を、毎月一度、皆様のご自宅まで直接お届けする通信販売型の新聞です。
トップへ戻る