ノラ猫を拾ったら?~拾ったノラ猫が懐かないとき

なつく猫

屋外で生活していたノラ猫を飼い猫として迎えても、すぐには懐かないこともあるでしょう。特にノラ生活が長かった成猫は、人に馴れるまで時間がかかります。子猫でも、母猫が人に懐かない猫であれば、それを見習って懐かない猫になります。

前篇‘ノラ猫を拾ったら?~まずするべきこと~’も合わせてご覧ください。

そういうとき、大事なのは焦らないこと。ごはんやトイレのお世話だけして、自分からは猫に近づかないでください。猫がシャーシャー威嚇しても無視すること。見るだけで威嚇する猫は、目を合わせてもいけません。淡々と、お世話だけに徹してください。猫が逃げ込めるケージやハウスを作っておき、そこには決して手を出さないようにしてください。猫にとっての「安全地帯」を作るのです。それが猫の安心につながります。

そのうち、猫は「コイツは敵ではないようだな」と思うようになります。そして、だんだんと気を許します。あなたがそばに来ても逃げなくなったり、自分のほうから近づいてくるようになります。それでもまだ、あなたからは手を出さないでください。我慢です。ここで撫でようとして手を出すと、また警戒してしまいます。

あなたを「敵ではないようだ」と思った猫は、あなたという存在を確かめるため、あなたのニオイを嗅ぎに来ます。そうしたらあなたはじっとして、好きなように嗅がせてあげてください。「ふむふむ、コイツはこんなニオイだな」と納得したら、猫は離れていきます。

この段階まで来たら、「指キス」にトライしましょう。人差し指を猫の顔の前に差し出すのです。あなたのほうから近づくときは、やや離れた場所から腕だけ伸ばすと、猫が怖がりません。体ごと近づくと警戒されやすいのでご注意を。すると、猫は指の先に鼻の頭をつけ、スンスンとニオイを嗅ぎます。これは猫の世界での「ご挨拶」。ニオイを確認することが挨拶なのです。

指キスが習慣化するまでになったら、手で撫でられるようになるのも時間の問題です。完全に懐く日も、そう遠くはありません。
大切なのは、猫のほうから近づいてくるまで気長に待つこと。猫が自分で「コイツは大丈夫」と思わない限り、懐いてはくれません。

ノラ生活が長かった猫でも、本当に懐くの?

子猫の場合、柔軟性があるので比較的短時間で人に懐くようになりますが、成猫の場合はやや時間がかかります。それでも必ず、懐くようになります。私がそう確信したのは、小笠原諸島にいたマイケルくんの例を知ったからです。

小笠原では猫が多数野生化し、希少な野鳥が襲われて絶滅の危機に遭っていました。2005年、野生化した猫を捕獲することになり、その猫たちを東京都獣医師会が引き受け、飼い主探しをすることに。人に馴れていない猫は、獣医師たちが懐くように「更生」させなければいけません。
街中のノラ猫と違い、野鳥を襲って食糧としていた野生の猫です。「超凶暴」と言っても過言ではありません。マイケルくんもとても気性が荒く、捕獲された当初は猛然と人を威嚇していたと言います。

BEFORE:カツオドリをくわえている、野生時代のマイケルくん。

BEFORE:カツオドリをくわえている、野生時代のマイケルくん。

AFTER:保護された後のマイケルくん。とっても甘えん坊です。

AFTER:保護された後のマイケルくん。とっても甘えん坊です。

そんなマイケルくんに、私は昔会いにいったのですが、これが信じられないほどの愛想のよさ。初めて会う私にもゴロゴロスリスリで、はっきり言ってうちの猫より甘えん坊……。東京の新ゆりがおか動物病院に引き取られてから、約2か月ですっかり人に懐いたそうです。院長の小松先生によると、長くても3か月ほどで人に懐くとのこと。そんなマイケルくんをこの目で見て、「ノラ猫も、必ず人に懐く!」と確信したのです。

脱走には気を付けて

元ノラの飼い猫は、家からの脱走に注意する必要があります。特に、ノラ生活が長く、元のなわばりが近い猫ほど、脱走したがります
猫は、なわばりパトロールの習性がありますが、飼い猫となり家の中を自分のなわばりとした後でも、「元のなわばり(屋外)」が家のすぐ近くにあるなら、そこもパトロールしたがるのは当然のこと。外に出たがって鳴いたり、ドアが開いた隙を狙って脱走したがるでしょう。
逆に、マイケルくんのような遠い場所から来た猫の場合、家の周りになわばりの痕跡もないため、前者よりも脱走の欲求は減るでしょう。

屋外は交通事故や感染症の危険があるため、完全室内飼育がベター。避妊・去勢手術をすれば、異性を探す欲求が減るので、脱走の欲求も減るでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

日本動物科学研究所所属・編集者&ライター 富田園子
日本動物科学研究所所属・編集者&ライター 富田園子
幼い頃から犬・猫・鳥など、つねにペットを飼っている家庭に育つ。
猫雑誌の編集統括を8年務めたのち、独立。
哺乳類動物学者の今泉忠明氏に師事。
現在は5匹の猫と暮らす。
編集・執筆を行った本に『マンガでわかる猫のきもち』『幸せな文鳥の育て方』(大泉書店)、『フレブル式生活のオキテ』『シュナ式生活のオキテ』(誠文堂新光社)、編集を担当した本に『猫とさいごの日まで幸せに暮らす本』(大泉書店)などがある。5匹の猫と暮らす愛猫家。
トップへ戻る