猫ちゃんの耳・ひげ・しっぽが動かないと要注意!

imasia_12207023_M

いつもはおもちゃを見せれば一目散に駆け寄り、食欲もある猫ちゃんが、突然元気をなくしたら飼い主さんは気が気じゃないはず。でも、猫ちゃんにだって気分の波があります。遊ぶ気分じゃない、ごはんを食べたくない…という日もあるでしょう。理由もないのに、なんとなく気がのらないということ、人間にだってありますよね。

でも、「元気のない状態」が2日以上続くようなら要注意。飼い主さんが気づかないケガをしていたり、何らかの病気にかかっていたりということが原因の場合もあるからです。

ケガか、体調が悪いのか? じっくり観察する

猫があまり動かずじっとしているようなら、飼い主さんが気づかないうちにケガをしている可能性があります。様子を見ながらそっと体を触ってみましょう。その際、突然攻撃的になるようなことがあれば、それはどこかを痛めているサイン。痛みがある場所を触られたくないために防御していることが考えられます。

いつもより体温が高く感じられる、暑くないのに冷たい床でじっとしているなどの様子が見られたら、発熱していることが考えられます。まずは体を冷やさないようにして安静にさせることが必要ですが、もし鼻水やくしゃみなどの症状があれば、病院に連れて行きましょう。

歩き方と立ち方から発見できる不調

tounyoubyou人間同様、元気がない時の猫は動きが緩慢になりますので、移動する際の様子から異変を読み取ることもできます。歩く際の後肢に注目してください。普段は後肢のかかとを上げて、肉球部分だけを床につけて歩いているもの。猫のかかとは、後肢の骨が出っ張ったようになっているところです。この部分をついて歩いているようなら、糖尿病の恐れがあります。また、神経細胞が機能していないことも考えられますので、すぐに動物病院で受診をしてください。

頭がさがる猫が健康なときは背中のラインより頭部が上にあるものです。しかし、お辞儀をするようなポーズで頭を下にして、さらにその状態が長く続くようなら、体内のミネラル分のバランスが大きく崩れているということです。腎臓病や甲状腺機能亢進症などの病気の疑いもありますので、獣医師に相談したほうがよいでしょう。もし首を下げたままでいたら、どのぐらいの時間そうしていたか、またその頻度もチェックしておきましょう。獣医師が診察する際の参考になります。

糖尿病

猫の内分泌疾患の中でもっとも多く、特に肥満傾向にある猫がかかりやすいといわれています。インスリン投与と食事療法を並行して行えば、すぐに命に関わるようなことにはなりません。

腎臓病

「腎臓病」とは病名ではなく、腎臓の機能が低下する病気の総称です。猫の場合、12〜13歳頃から腎臓の機能は低下し、15歳を超えた猫の約3割が何らかの腎臓病を患うといわれています。中には命にかかわるものもありますので、様子がおかしいと感じたら、すぐに検査をしてもらいましょう。

甲状腺機能亢進症

主な症状は食べても体重が減少してしまうことです。8歳以降に発症することが多いため、体重が減るのは歳のせいと思われがちですが、病気の恐れもありますので、早めに診察を受けましょう。病気の進行状況によって治療法は異なりますが、抗甲状腺薬の投与や外科手術や食事療法で症状を抑えることが可能です。

周囲の動きに無関心は要注意!

imasia_6565858_M猫は警戒心の強い動物なので、ケガや病気が原因で元気がないときでも、周囲の変化には敏感です。自分の周りで何かが起きれば、耳やシッポ、ひげを動かすなど、何らかの反応を示すものですが、それすらもしなくなっているようなら、かなり症状が進行している恐れがあります。激しい痛みに耐えているため、ほかのことに反応する余裕がなくなっているのかもしれません。すぐに動物病院を受診し適切な治療を受けることが必要です。また、具合が悪くなれば、そのこと自体に猫もストレスを感じてしまうものです。できるだけリラックスできる環境作りを心がけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

監修: 東京猫医療センター 服部幸
監修: 東京猫医療センター 服部幸
2003年、北里大学獣医学部卒業。
SyuSyu CAT Clinic院長、アメリカのテキサス州にある猫専門病院の研修プログラムを経て、2012年、東京猫医療センターを開院する。2013年には、アジアで2件目となるISFM(国際猫医学会)のゴールドレベルの認定を取得。
10年間にわたり、猫の専門医療に携わる。
トップへ戻る