忠義な猫の物語

cat in a hat and a butterfly tie

忠犬ハチ公に里見八犬伝。ワンコさんには、その忠義を讃える物語がたくさんあります。なのに、猫さんはやれ化けるの祟るのツンデレのと世間の評判は今ひとつ芳しくありません。
でも、本当にそうでしょうか。クヤシイので、猫の忠義の物語を集めました。

なぜ猫は「忠義」のイメージがないの?

「犬は人につくが猫は家につく」なんてことを言われます。ワンコさんは群れの中で自分の順位と場所を見つけますが、猫は群れない動物です。
群れで暮らすために、ワンコさんは社会性が高く、リーダーの言うことをよく聞きますし、いろんな芸も覚えます。
一方、猫さんと来たら、自分がご主人の単独行動者ですから、実に気まま。遊んでほしいときはニャガニャガせがむくせに、こちらが構ってほしいときは日なたで眠っていて返事もしません。これでは、忠義物語の主人公にしにくいですよね。
ところが、たくさんあるんです。忠義の猫の物語。

「忠義な猫の物語」

まずは、その名も「忠猫・たま」のお話から。
冬の風物詩『かまくら』や焼きそばで有名な秋田県横手市では、最近『忠猫の碑』が見つかり、「忠義な猫で町おこし推進委員会」が結成されました。
大地主だった伊勢多右衛門は篤志家で、飢饉に備えて村人のための米を備蓄していました。しかし、野鼠や蛇が倉を荒らすため、浅舞村から仔猫をもらい受けました。やがて仔猫は大きく育ち、昼は地域の野鼠や蛇を追い、夜は村中の米倉の鼠退治をと、神がかった働きをみせました。そして、10年の歳月をかけて鼠などを撲滅したのです。
主の多右衛門をして「なんという忠義者。老いて亡くなったら猫明神として祀りたい」と言わしめ、現実に手厚い葬儀の後、塚に弔われました。今も横手には『忠猫の碑』が残っています。

娘を古ネズミから救った2匹

Two charming multi-colored cats and a rat on white background

こちらは大阪のお話です。
ある家に長いこと飼われていた猫がおりましたが、その家の娘が16歳になった頃、しつこくついて回るようになりました。怒った父親が処分しようとすると、猫は父の夢に出てきて言ったのです。「私がお嬢さんの後をついて回るのは、土蔵に住む古ネズミから守るためです。安治川にブチという猫がいますから借りてきてください。一緒に古ネズミを退治してみせましょう」。
父親がさっそく安治川まで出かけ、ブチを連れて帰ってくると、死闘が繰り広げられ、見事ネズミは退治されましたが、2匹も事切れてしまったそうです。2匹は近くの寺に手厚く葬られました。

高尾太夫を守った猫

女性にしつこくついて回るといえば、高尾太夫の猫がいます。こちらは、夢に出るまでもなく、叩き斬られてしまいました。猫の首は宙を飛び、大蛇に食らいつきました。猫は高尾を大蛇から守っていたのです。高尾の墓は西芳寺(巣鴨)に現存し、猫像がそっと寄り添っています。

化け猫伝説も忠猫譚

imasia_6325688_Mこうしたお話ばかりでなく、「鍋島の化け猫騒動」などもよくよく読んでみてください。上司に苛められて殺された息子の死を嘆く老母が、恨み辛みをこんこんと言い聞かせて恨みを晴らせと言い残して自害します。猫は、生前可愛がってくれた老母への恩返しのために化けて出るのです。それで、結局は退治されてしまうのですから哀れではありませんか。
猫とも新聞では、こうした怪談も忠猫譚と解釈しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

月刊猫とも新聞
月刊猫とも新聞
猫さんとの暮らしをより豊かに、より楽しくするための情報をタブロイド判12頁(全頁カラー)に凝縮した、読み応えたっぷりの新聞です。

○ちょっと変わった視点からの巻頭特集
○猫の魅力にどっぷりはまった作家によるアート作品
○猫さんと気軽にふれあえるスポット
○猫と人との長いつきあいを教えてくれる猫神社巡り
○猫に関するブックレビューや猫ギャラリー案内・最新企業情報

等、様々な角度からの情報を、毎月一度、皆様のご自宅まで直接お届けする通信販売型の新聞です。
トップへ戻る