大人猫さんの魅力

imasia_10826208_M

最近は、猫さんの寿命も延びてきて、14・15歳は当たり前。20歳近い猫さんも珍しくなくなりました。
我が家の猫のラグさんも、この秋、20歳を迎えます。元ノラさんですので、正確な誕生日まではわかりませんが^-^;
メガトン級の破壊力を持つ仔猫の可愛さと違った、大人猫さんならではの魅力を考えていきましょう。

カラダも心も安定している

cat-451377_640仔猫は、未知の可能性を秘めています。逆にいえば、まだ海のものとも山のものともしれません。
おまけに、爪が引っ込まないうえに細いので引っ掻かれたり、しがみつかれると、ビックリするほどイタい思いをします。離乳していない場合は、24時間体制で2時間置きに授乳しなければなりませんし、お尻を刺激して排便もさせてあげなければなりません。
熱を出したり、お腹を壊したりしやすいのは、人間の子どもと同じ。毎日がドッタンバッタンの大騒ぎです。
しかも、将来的にべったりの甘えん坊になるか、人間と距離をおく仔になるかは未知数。育て方次第で左右されましすし、仔猫の内は甘えん坊でも、大人になるとガクンと遊ばなくなる仔もいます。
その点、大人猫さんはカラダができあがっているので、急な体調変化はまれになります。甘えん坊の仔、ほどよい距離感の仔、ビビリな仔、と、それぞれに合わせたつきあい方ができるようになります。

アイドルから家族へ

仔猫の内はなにをしても可愛くて、片時も目が離せません。いろんなお世話をしなければなりませんし、心配のタネも山盛りです。仔猫が一家の中心にいて、我が家の突然舞い降りたアイドルのようです。

そんな仔猫もやがて、あなたの家でだけ通じる鳴き方を獲得します。たとえば、「ニャッ」と鳴いたら「ドアを開けて」とか、「ウワ~ン」と鳴いたら「ご飯」といった具合。
この頃になると、すっかり家や家族にも慣れて、お気に入りの場所を見つけたり、わがままや甘ったれをいうように。人の方も猫さん中心の生活から、いつものライフサイクルに戻り、猫さんが何か言ってきたときか、猫さんを構いたくなったときだけ構うようになります。「借りてきた猫」から「うちの仔」になるのです。

かけがえのないパートナーに

imasia_6722648_M猫さんがうちの仔として暮らしている間に、さまざまな事が起こるでしょう。

あなたが凹んでいたり、寂しそうにしているときには、そっと寄り添ってくれるかもしれません。どんなに疲れていても「ご飯」「トイレ掃除」とこき使われることもあるでしょう。ふとした瞬間に愛猫の見せる表情を美しいと感じたり、警戒心ゼロの寝相にあきれたりもするでしょう。
気づけば、あの仔猫は、単なる猫ではなく、ラグならラグ、タマならタマといった一個の個性ある存在になっているのです。
お互いにしてほしいことやしてほしくないことは暗黙の内にわかりますし、特に遊んだりじゃれたりしなくても、そこにいるだけで幸せ。おんなじ時間と場所にいられることがただただうれしい。それが大人猫さんの魅力なのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

月刊猫とも新聞
月刊猫とも新聞
猫さんとの暮らしをより豊かに、より楽しくするための情報をタブロイド判12頁(全頁カラー)に凝縮した、読み応えたっぷりの新聞です。

○ちょっと変わった視点からの巻頭特集
○猫の魅力にどっぷりはまった作家によるアート作品
○猫さんと気軽にふれあえるスポット
○猫と人との長いつきあいを教えてくれる猫神社巡り
○猫に関するブックレビューや猫ギャラリー案内・最新企業情報

等、様々な角度からの情報を、毎月一度、皆様のご自宅まで直接お届けする通信販売型の新聞です。
トップへ戻る