チョコレートも牛乳も危険?!猫にとって有害な食べ物リスト

caution

猫ちゃんが美味しそうに食事をしている姿を見るのは、飼い主さんにとって幸せな時間ですよね。猫ちゃんを喜ばせたくて、自分のおかずを少しおすそ分けしてあげる人もいるかもしれません。しかし、私たち人間が食べているものの中には、猫ちゃんにとっては有害なものがいくつもあります。それらを食べてしまったことで下痢や嘔吐をしたり、重症になれば中毒に陥ることだってだってあるのです。私たちが普段口にしているものの中には猫ちゃんにとって危険な食べ物がいくつもあるということを、きちんと把握しておきましょう。

魚&肉でもダメなものがあります

猫は魚が好きと多くの人が思っていますが、じつはこれ、大きな間違い。魚をおかずにしていた日本人の食習慣が猫にも影響したことから、そう認識されるようになりましたが、猫は本来狩りをして暮らしていた肉食動物。もちろん魚が好きな猫もたくさんいますが、魚だけが好物なわけではないのです。しかも魚の中には猫が食べてはいけない、危険なものがたくさんあることをお忘れなく。肉の場合も注意の必要な食べ物があります。

生のイカ

squid「イカを食べると腰を抜かす」とはよく聞く言葉。特に生のイカの内蔵は要注意です。内蔵には「チアミナーゼ」という酵素が含まれ、これが生きるために必要なビタミンB1を壊してしまうのです。長期間大量に食べ続ければ、猫の体はビタミンB1不足に陥ってしまいます。チアミナーゼは熱に弱いので、しっかりと加熱したイカであれば問題ありませんが、イカは消化が悪いのであげ過ぎには注意しましょう。

サバやイワシなどの青魚、マグロ

sabaサバやイワシなどの青魚やマグロを食べ過ぎると、脂肪が黄色くなってしまう「黄色脂肪症」という病気に罹ってしまいます。これは皮下脂肪や内臓脂肪に炎症が起こり、発熱や強い痛みを引き起こす病気です。

アワビ

awabiアワビの肝に含まれる「ピロフェオホルバイド」という成分が害になる場合があります。日光に当たると中毒を起こし、皮膚炎などを発症する「光線過敏症」を引き起こします。特に猫の耳は毛や色素が薄いため日光に反応しやすく腫れやかゆみなどの症状を引き起こし、悪化すると、耳の外側が壊死して取れてしまうこともあるのです。

生の豚肉

pork生の豚肉には「トキソプラズマ」という寄生虫が存在し、人間も猫も感染してしまいます。猫は目立った症状は出ませんが、排泄物を通して人に感染してしまう危険性があるので注意しましょう。

大量のレバー

liver栄養たっぷりのレバーは猫の体のためにも食べさせてあげたいものですが、摂り過ぎは却って害を及ぼします。レバーを長期にわたり大量に摂り続けると、レバーに豊富に含まれるビタミンAが原因の「ビタミンA過剰症」を引き起こしてしまいます。骨の変形といった症状が出ることもありますので、あげすぎには気をつけてください。

玉ねぎ、ニラ、ネギ、ニンニクはなぜNG?

onion玉ねぎ、ニラ、ネギ、ニンニクなどのいわゆるネギ系の匂いの強い野菜を猫に食べさせてはいけないというのは、比較的よく知られた話です。それはなぜか?

玉ねぎ、ニラ、ネギ、ニンニクなどのネギ属(Allium属)に含まれる有機チオ硫酸化合物という原因物質が、猫の血液中の赤血球を壊してしまうことによって、貧血を起こしたり、血色尿(ヘモグロビン尿)が出たりします。また赤血球の色素は腎臓を破壊するため「急性腎障害」を起こすこともあります。

猫は玉ねぎやネギなどの匂いを嫌うため、生のままでは口にすることはありませんが、具材に使われている場合に注意。アリルプロピルジスルフィドは加熱してもなくなるわけではないので、匂いがなくなったからといって大丈夫なわけではありません。ハンバーグやシチュー、すき焼きなど、これらの食材が具材として使われているものや、エキスがしみ出している料理は猫の口に入らないよう気をつけましょう。

またアボカドの果肉に含まれる「ペルシン」という成分を人間以外の動物が食べると中毒症状を引き起こすこともあるといわれています。猫もけいれんを起こしたり呼吸困難になることがあるので注意してください。

牛乳もダメだった!

milk捨てられた子猫を保護して牛乳をあげる、わりとよくある光景かもしれません。けれどここでも注意。牛乳は猫にとっての栄養食であると思われがちですが、じつはそうではありません。母猫による母乳と牛乳ではその成分が違います。栄養的な大きな違いとしては、猫の母乳は牛乳にくらべてタンパク含有量や脂肪の含有量が多いことが知られています。つまり牛乳では栄養不足になるのです。また牛乳の中に含まれる乳糖は、猫の母乳のそれよりも多く、猫が牛乳を飲むと消化しきれず下痢をすることも。あげるのであれば、猫用のミルクをあげることをおすすめします。

お菓子&飲み物

chocolate疲れた時はチョコレートで栄養補給、というのはあくまでも人間の話。猫にはむしろ危険が伴います。
チョコレートに含まれる「テオブロミン」という物質は猫にとっては危険なものです。下痢や嘔吐を引き起こし、重症になると異常な興奮や震え、痙攣などを起こし、最悪の場合は死に至ることも!

猫が好んでチョコレートを食べることは少ないですが、誤って口にすることを防ぐため、くれぐれも放置したりしないようにしましょう。またコーヒーや紅茶に含まれているカフェインにも同様な興奮作用がありますし、アルコールも厳禁です。猫の体はアルコールを分解することがうまくできないため、アルコール中毒になる恐れがあります。

飼い主さんのおすそわけ

食事中、猫にかわいい顔でおねだりされると、ついついあげてしまう飼い主さんも多いはず。食べてはいけない食材をあげなければ大丈夫、なんて思っている人もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。飼い主さんの食事の中には香辛料をきかせたものや濃い味付けのものも含まれています。猫にとっては刺激が強すぎますし、塩分も多く摂ってしまうことになります。

同様におつまみやおやつにも要注意です。塩や砂糖で味付けしたものが多いため、ほしがるままにあげていたら塩分と糖分を相当量摂取する結果になってしまいます。猫の体は人間の赤ちゃんと同じくらい。仮に体重が4kgとすれば、成人の15分の1ぐらいです。飼い主さんにとってはほんの一口でも、猫にとっては体重の15倍もの摂取量になってしまうということを忘れないようにしましょう。

観葉植物

猫は毛づくろいの時に飲み込んだ毛玉を吐き出す、あるいは繊維質を補うために草を食べる習性があります。ただし、猫が口にしていいのは食用の猫草だけ。それ以外の植物、特に部屋のインテリアとして置いてある観葉植物の中には危険なものがたくさんあります。主なものにポトス、ポインセチア、ユリ、アロエなど。中でもポトスは育てやすいことから多くの人が部屋のインテリアにしているようですが、葉の部分に毒を含んでいて、猫が口にすると口内が腫れ上がり皮膚炎を起こすこともあるのです。観賞用の植物は猫が口にできない場所に置くようにしましょう。

特に植物の中でもユリは猛毒です。重度の腎臓病を引き起こしてしまうので猫がいる部屋には絶対におかないようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

監修: 東京猫医療センター 服部幸
監修: 東京猫医療センター 服部幸
2003年、北里大学獣医学部卒業。
SyuSyu CAT Clinic院長、アメリカのテキサス州にある猫専門病院の研修プログラムを経て、2012年、東京猫医療センターを開院する。2013年には、アジアで2件目となるISFM(国際猫医学会)のゴールドレベルの認定を取得。
10年間にわたり、猫の専門医療に携わる。
トップへ戻る