獣医師が教える、猫ちゃんのご飯にまつわるトリビア

人間に好き嫌いがあるように、猫ちゃんだって大好きなご飯があれば、これはちょっと…と思うものがあります。室内で飼われている猫ちゃんは、ご飯を自分で選ぶことがはできず、飼い主さんが用意してくれるものを食べることになります。いつも食べているから喜んでいるはず、これが好物のはず、と思い込んではいませんか? 意外と知られていない猫ちゃんの好物をおさらいしてみましょう。

猫の主食は魚ではない!

raw-vegetables-salad-640x480猫は魚が好物を思っている人も多いと思いますが、これは魚がおかずのメインだった時代の日本人の食習慣が影響して、そのように認識されていると思われます。海外では肉類を主食にしていることのほうが多く、イタリアの猫はパスタを食べますし、インドの猫は野菜のカレーを食べるともいわれています。つまりその地に暮らす人間と同じものを猫も食べるようになるということです。そもそも猫の祖先は砂漠地帯で狩猟をして暮らしていたわけですから、沖合を回遊するマグロやカツオに出合うはずもなく、動物性たんぱく質を食料として生きてきた完全な肉食動物です。猫がネズミを捕るのはそのためです。ネズミが自分にとって栄養食であることを猫は本能的に知っているのですね。ノラ猫の場合、ネズミ以外にも鳥やへび、トカゲ、カエルなどの小動物を捕って食べることもあるようです。

もちろん漁村で暮らす猫は、一番手に入りやすい食材である魚を好んで食べますし、室内飼育されていても肉より魚を好きだという猫もたくさんいます。けれど、猫は本来、魚を主食としている動物ではなく、すべての猫が魚を大好物としているわけでもないということはぜひ覚えておいてくださいね。とくに本来肉食である猫に魚だけを与え続けるのは病気のもととなるおそれがあります。

美味しさは匂いで判定

食事を前にした猫はまず匂いをかぎます。それは自分が好きなものかどうかを匂いで判断しているのです。猫の鼻の粘膜には匂いを感じる受容体が約6500万個存在しています。人間は1000万個程度であることを考えると、いかに猫の嗅覚が優れているかがわかりますね。嗅覚の鋭さは年齢や性別、品種などによって若干差はあるものの、おいしさを匂いで判断するのは、どの猫にも共通しています。そんな猫の好きな匂いといえば、狩りをして暮らしていた時代の名残でしょうか、やはり肉の匂いです。あまり食べないときなど、肉の茹で汁をかけてあげたりすると食欲が復活することもあります。

固いものはちょっと苦手

猫が匂いの次に重要視するのが食感です。食べにくい形状、大きすぎ&小さすぎ、さらに固すぎるものは美味く食べることができません。特にまだ歯が柔らかい子猫や老年期を迎え歯の弱った猫は、固すぎないものを食べさせてください。無理して食べさせると歯が折れてしまう恐れがあります。猫が無理なく食べられる固さのものを選びましょう。

実は猫は味オンチ!?

猫は苦みに敏感です。その理由として考えられるのが、毒物には強い苦みがあることが多いため、生存本能から敏感に感じ取るようになったのではないかということです。さらに肉食動物である猫は、肉などに含まれる「旨味」を感じることができるともいわれています。その一方で、塩味と甘味はあまり感じることができないといわれます。猫がえさにしてきた獲物の体内には血液を含め塩分が含まれていたため、あえて塩分を摂る必要はなく、塩味を感じる力をなくしてしまったとも考えられています。甘味を感じにくいのは、猫が糖質を代謝することを苦手とするからだという考え方もあります。たまにカスタードクリームが好きな猫もいるようですが、これは甘味を求めているのではなく、そこに含まれる卵や牛乳の旨味を感じていると考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

監修: 東京猫医療センター 服部幸
監修: 東京猫医療センター 服部幸
2003年、北里大学獣医学部卒業。
SyuSyu CAT Clinic院長、アメリカのテキサス州にある猫専門病院の研修プログラムを経て、2012年、東京猫医療センターを開院する。2013年には、アジアで2件目となるISFM(国際猫医学会)のゴールドレベルの認定を取得。
10年間にわたり、猫の専門医療に携わる。
トップへ戻る