猫の飼い方 ~かかる費用はどれくらい?~

imasia_15665081_M

猫ちゃんを飼うことが決まったら、家に迎えるための準備を始めましょう。人間だって引っ越して環境が変われば、いろいろと戸惑うもの。それは猫ちゃんも同じなのです。猫ちゃんがなるべく早く新しい環境になじめるよう、いくつか用意しなければいけないグッズがあります。さらに、フードやトイレ砂などは毎月必ず必要です。果たして全部合わせると一体いくらかかるのでしょうか。個体差によって違いはありますが、おおよその費用について考えてみましょう。

飼う前の準備にかかる費用は?

まず、猫が我が家に到着する前に揃えておきたいものに、キャットフード&食器、トイレ、キャリーバッグ、猫ベッド、爪とぎなどがあります。キャットフード&トイレは必須ですし、キャリーバッグは猫を動物病院に連れて行く際に必要になります。猫専用のベッドがあれば、新しい家でも猫は安心してくつろげます。また爪とぎは形状や素材が豊富にありますので、猫が好んで使うものを見つけましょう。同時に子猫のうちからブラッシングなどのお手入れに慣れさせるためのグルーミンググッズ、首輪もあれば安心です。

<おおよその目安>

◎キャットフード……2,000〜5,000円(1カ月分)、食器……800〜2,000円

◎トイレ容器……1,500〜5,000円、トイレ砂(1カ月分)……1,500円程度

◎猫ベッド……1,000〜10,000円

◎爪とぎ……500〜5,000円

◎お手入れグッズ(ブラシ、爪切り、シャンプーなど)……3,000〜10,000円

◎キャリーバッグ……5000〜20000円

毎月かかる費用は?

人間同様、猫も食事と排泄は欠かせません。つまり「飼う前の準備にかかる費用」で紹介したキャットフードとトイレ砂は、そのあともずっとコンスタントに毎月かかるということです。さらに猫が毛玉を吐きやすくする猫草、消臭スプレーもあればトイレの臭い消しに役立ちます。

◎猫草……300円前後

◎消臭スプレー……500〜1,500円

気になる医療費は?

猫を迎えたら、まず動物病院で健康状態のチェックをしてもらいましょう。特に捨て猫を保護した場合はノミなど寄生虫の駆除や血液検査は必須です。猫の週齢や健康状態に合わせて、食べさせるキャットフードの種類も世話の仕方も変わりますので、赤ちゃん猫の場合は、病院で出生日を推定してもらうことが必要です。

Veterinary doctor treats domestic cat, makes injection

その後も、成長に合わせて健康診断やワクチン接種をする必要がありますし、時期がくれば去勢や避妊手術の必要も出てきます。病気になればその都度治療費がかかりますし、手術、入院ということになれば何十万もかかる場合もあります。ペット医療は自由診療料金のため、診察料は決まっていません。同じ治療を受けても動物病院によって費用はかなり異なります。おおよその目安を記しておきますので、心配な場合は診察前に確認してみましょう。

<赤ちゃん猫の初診費用>

◎診察料……500〜4,000円

◎便検査……1,000〜2,000円

◎血液検査……3,000〜12000円

◎ノミ・ダニの駆除……1,000〜2,000円

<健康診断ワクチン>

◎基本的な健康診断……5,000〜30,000円

◎予防接種(3種混合)……5,000〜8,000円

◎予防接種(5種混合)……7,000〜12,000円

<その他>

◎去勢手術(オス猫)……10,000〜25,000円

◎避妊手術(メス猫)……15,000〜40,000円

その他、長毛種のトリミングをプロに任せる場合は、トリミング費用も、猫が家具を傷つけないための保護シートなど、臨時で必要となる費用もあります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

監修: 東京猫医療センター 服部幸
監修: 東京猫医療センター 服部幸
2003年、北里大学獣医学部卒業。
SyuSyu CAT Clinic院長、アメリカのテキサス州にある猫専門病院の研修プログラムを経て、2012年、東京猫医療センターを開院する。2013年には、アジアで2件目となるISFM(国際猫医学会)のゴールドレベルの認定を取得。
10年間にわたり、猫の専門医療に携わる。
トップへ戻る