猫さんの脱走対策 ~大きな後悔をする前に~

imasia_17149673_M

先日、家内の実家で飼っている猫さんが、お父さんがドアを開けた瞬間に外に飛び出し、大騒ぎになりました。
その日は、爆弾低気圧というやつで、突然の雷雨。スキをついて家を出たものの、カミナリが怖くてパニックになって帰れなくなったようです。
そういえば、内田百間先生の「ノラや」も、こんな日にいなくなったのでした。

好奇心に負けるのは猫のサガ

今や都会はもちろん、郊外、地方でも完全室内飼いが多くなりました。それ自体、大変喜ばしいことだと思います。外に出れば、交通事故にも遭いますし、動物を虐待する性格異常者もいます。猫さんは、疑い深そうな目はしますが、基本的に楽観主義ですから、どんな目に遭うかわからないのです。

家の中にいれば安心。寝食ともに困らない。なのに、猫は外に出たがります。なぜでしょう?
人間と一緒に家の中で暮らしていることが嫌なのではないと思います。ただ、ついつい好奇心に負けてしまうのです。あなたが何か買って帰ってきたとき、いつも猫さんは「何を買ってきたの?」と、袋に首を突っ込んだり、匂いを嗅いで確認しようとしますよね。こういうヤジ馬根性というか、好奇心に負けてしまって大変な目に遭うのが、猫さんのサガなのです。

二重ドアで脱走を防ぎましょう

cat2マンションの上層階でしたら、ドアを開けた瞬間に脱走されても、階段側に行かれない限りなんとか捕まえられます。上層階の場合は、ベランダの手すりに飛び乗られてキモを冷やすケースの方が多いようです。

1階や戸建ての場合は、ドアを開けるときには十分な注意が必要です。出かけるときも猫がそばにいないか確認し、後ろ向きに出なくてはなりません。そうしないと、足元を猫がすり抜けていきますから。

そんな心配を無用にするため、設置したいのが二重ドアです。日曜大工が得意な人なら手頃な材木に金網を張ればOK。イレクターパイプを使えばさらに簡単にできますし、突っ張り棒との組合せなら、借家でも壁面を傷つけることなく、設置可能になると思います。

可愛いうちの子がいなくなるのは痛恨の極み

さて、猫に脱走された家内の実家では、懸命の捜索にも関わらず1日目帰らず、2日目帰らず、お母さんは毎日泣き暮らしました。そして、4日目の明け方、裏口でドスンと音がしたので見に行くと、ボロボロになった猫がいたそうです。
実家は理容室ですから、いつお客さまがドアを開けるかわかりません。こういう家には二重ドアは欠かせません。きっと今作っていると思います。
猫カフェさんも猫の脱走には気をつけていますから、二重ドアどころか、猫のいる部屋と外との間にフロント・キャッシャーの部屋を作り、完全ガードしているところが多くなりました。

万が一、猫がいなくなるという大惨事を防ぐために、十分な脱走対策を心がけることが大事ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

月刊猫とも新聞
月刊猫とも新聞
猫さんとの暮らしをより豊かに、より楽しくするための情報をタブロイド判12頁(全頁カラー)に凝縮した、読み応えたっぷりの新聞です。

○ちょっと変わった視点からの巻頭特集
○猫の魅力にどっぷりはまった作家によるアート作品
○猫さんと気軽にふれあえるスポット
○猫と人との長いつきあいを教えてくれる猫神社巡り
○猫に関するブックレビューや猫ギャラリー案内・最新企業情報

等、様々な角度からの情報を、毎月一度、皆様のご自宅まで直接お届けする通信販売型の新聞です。
トップへ戻る