猫さんとの「お出かけ」ガイド

imasia_7419987_M

完全室内飼いをしている猫さんでも、ワンコさんのようにお散歩する必要はありません。
けれど、大きな災害にあったときに、猫さんも避難所に連れて行くことを考えて、猫さんとお出かけできるようにしておきたいという飼い主さんも増えています。
お外に連れ立って出かけている猫さんと飼い主さんをみかけると、ちょっとうらやましいですしね。

柔軟な猫さんのナワバリ意識

猫さんのナワバリの広さは、住む環境によって大きく変わります。詳しくは猫とも新聞の55号巻頭「猫さんのナワバリ」を見てほしい(宣伝です?テヘペロ)のですが、田舎に暮らすオスのノラ猫さんは特にナワバリが非常に広く、都会の猫さんでもナワバリの広さは数百平方メートルという調査結果があります。

完全室内飼いの場合、おうちの広さ=ナワバリの広さとなり、猫さんに不平不満はありません。
逆に、たとえば宅配便のお兄さんが来ている間にふらふらと外に出てしまったり、網戸を破って脱走したりすると、内弁慶な室内飼いの猫さんは興奮して、飛び出して車に撥ねられたり、カラスに襲われるかもしれません。脱走による交通事故では、保険が適用されない場合も多いんですよ。
それに、一度、脱走して味をしめると、外に出せとうるさく鳴くようになるので、注意が必要です。

高い場所と隠れ家の方が大切

DSC_8457猫さんにとって大切なのは室内での上下運動です。なので室内にキャットタワーを設置するとか、タンスの上に猫さんの居場所を作るとかすると猫さんの健康にとってもいいです。運動不足も上下の運動で解消できます。
もうひとつ必要なのが、安心できる隠れ家。具合の悪いときはもちろん、ひとりになりたいときに籠もれる場所を作ってあげてくださいね。
ま、特に人間の方で用意しなくても、勝手にお気に入りの隠れ家を見つけてしまうのが猫さんですが^^;

ケージには慣れてもらおう

frankieleonそれでも、災害時や通院時を考えると、お出かけに慣れておいてもらうにこしたことはありません。まずはケージやキャリーバッグに慣れてもらいましょう。
おうちの中でもケージやキャリーバッグのフタを開けておき、中に気持ちいいタオルなど敷いておきます。猫さんがひとりになりたいときにくつろげる「隠れ家」化したらしめたものです。
災害時には、「隠れ家」に入れてすばやく同行避難することができます。避難所では、上から毛布などをかぶせて暗くすることで、猫さんを安心させることができますよ。
同じようにして、ハーネスにも慣れてもらうと安心です。猫さんは興奮すると何をしでかすかわかりません。避難所で驚いて飛び出していくと、もう会えないかもしれません。

いざお出かけ!注意点は?

0000もしも、猫さんがハーネスに慣れておでかけさせてみたいと思ったら、次のことにご注意を。

◆まっすぐ歩くと思うなよ

ワンコさんと違って、猫さんは道に沿って歩いてはくれません。脇へ脇へとそれたがる。車の下へは潜りたがる。草むらへは入りたがる。それが猫さんというものです。

◆猫さんは興奮しやすい

デリケートな猫さんはとても興奮しやすい性分です。いつ、なにに驚いて飛び出さないとも限りません。リードよりも、身体ごと引き留めることのできるハーネスがベターです。

◆人慣れ猫に育てよう

他の人がコワイ猫さんにとって、よその人に撫でたおされるお散歩や窮屈な避難所暮らしはストレス以外のなにものでもありません。
もしも、おうちの猫さんが仔猫でしたら、早いウチからお客様に来ていただいて、人間そのものに慣れさせましょう。早いうちに外出に慣れさせれば、猫さんが関節疾患などを起こした時にもリハビリをしやすくなるなど、メリットもあります。(関節疾患を罹患している猫さんは上下運動を控えた方がいいため、代わりに散歩など「平面運動」の量を増やす必要があるため)

映画「ハリーとトント」みたいに猫さんと一緒に旅できたら素敵ですよね。
でも、一度、お散歩の楽しさを知ってしまった猫さんは、雨が降ろうが槍が降ろうが散歩を要求して大鳴きします。脱走の危険性も高まります。猫さんとお散歩したいなら、その辺りを重々お考えくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

月刊猫とも新聞
月刊猫とも新聞
猫さんとの暮らしをより豊かに、より楽しくするための情報をタブロイド判12頁(全頁カラー)に凝縮した、読み応えたっぷりの新聞です。

○ちょっと変わった視点からの巻頭特集
○猫の魅力にどっぷりはまった作家によるアート作品
○猫さんと気軽にふれあえるスポット
○猫と人との長いつきあいを教えてくれる猫神社巡り
○猫に関するブックレビューや猫ギャラリー案内・最新企業情報

等、様々な角度からの情報を、毎月一度、皆様のご自宅まで直接お届けする通信販売型の新聞です。
トップへ戻る