意外と知らない、猫の「寒さ対策」! 

0012

猫さんがおふとん中に入ってきて、一緒に寝てくれる♡素敵な季節になりました。
猫さんの中には、北欧生まれのノルウェイジャン・フォレスト・キャットのように寒さに強い子たちもいますが、一般的には寒さが苦手。童謡の“雪やこんこ”にも♪猫はこたつで丸くなる♪と歌われているように、あったかいところでぬくぬく過ごしたい生き物です。
猫さんが、この冬をもっと快適に暖かく過ごせるように、飼い主さんができることを考えてみましょう。

毛布やブランケットは基本のキ

お気に入りのソファや猫ベッドには、肌触りがよくて暖かな毛布やブランケットを用意してあげましょう。猫さん用に売られているものもありますが、ディスカウントショップで同じような「人用」が安く売っていたりするので、「人用」も要チェックです。飼い主さんのニオイは猫さんをリラックスさせるので、着なくなったセーターがあったら、猫さんベッドに敷いてもよいでしょう。

裏地がもこもこで、もぐり込めるようになった猫ベッドやドーム型になった猫ハウス、籐編みの猫ちぐらなど、インテリアとしても可愛いあったかグッズも出ています。
猫さんは飼い主の期待を裏切るのが大好きなので、使ってくれるかどうかは気分次第ですが^-^; インテリアとしても可愛いということで…^-^;;;
段ボールや発砲スチロールの箱の方が人気だという噂(事実?)もあります。

002

ヒーターにはご用心!!

気持ちいいことが大好きな猫さんは、家の中で一番暖かいところを探し出す名人です。
ヒーターやストーブの前は、どこのご家庭でもたいてい猫さんに占領されていることでしょう。以前、猫カフェさんでホットカーペットの半分だけ暖かくしてもらったところ、猫さん全部があったかい方に集まりました。
けれど、ここでご注意を。

猫さんは暖かいところが好きなくせに、体内寒暖センサーの感度は良くない方なのです。つまり「熱い」「冷たい」という感覚が鈍いということ。暖房に近づきすぎて、背中が焦げてたなんてことが結構あるんです。電気カーペットも低温ヤケドや脱水症状の危険性があるので、温度設定は低めにしてくださいね。
お留守番をさせるときは、ヤケドの危険性のある暖房はOFFにしましょう。冷房の場合は、熱中症を防ぐためにもある程度必要ですが、暖房はヤケドや熱中症以外に火災の原因にもなっちゃいます。万が一、コードを囓っても困りますしね。

003

ご長寿猫さんなので暖かくしてあげたいというときは、体温を蓄熱して保温するタイプのマットが便利。電気いらずで暖かく過ごせます。人用のこたつも、電源が入ってなくても、猫さんの体温で十二分に暖かく過ごせますよ。
ただし、いったんこたつを出してしまうと、猫さんがいつも中に入っていて、冬中、猫さんとあんまり会えないという例も報告されています。とほほ。

寒さ以外にも気配りを

004暖かいところばかりにいると、人だって猫だってノドが渇きます。ただでさえ、冬場は冷たいお水を飲まなくなる季節。お水を飲まなくなると、おしっこが濃くなって腎臓に負担がかかります。猫の飼い主さんならみんな気にしている泌尿器系疾患のリスクがぐっと高まってしまいますので、注意しましょう。
乾燥すると、風邪を引きやすくなったり、お肌がかさかさになるのも、人とおんなじ。加湿器などで室内湿度にも気を配ってくださいね。

そうそう。猫ちぐらやキャットハウスは窓際に置かない方がベター。冷え込みがきつくなります。
とはいえ、前述したとおり、猫さんは気持ちいい場所を探し出す名人。お日様の光が差し込む休日の昼などは、私たちも猫さんが探してくれた日だまりでひなたぼっこを楽しみましょう。

写真提供:ドクターズアドバイス PEPPY(ぺピイ)
HP:http://www.peppynet.com/
クラブアイペットサイト:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

月刊猫とも新聞
月刊猫とも新聞
猫さんとの暮らしをより豊かに、より楽しくするための情報をタブロイド判12頁(全頁カラー)に凝縮した、読み応えたっぷりの新聞です。

○ちょっと変わった視点からの巻頭特集
○猫の魅力にどっぷりはまった作家によるアート作品
○猫さんと気軽にふれあえるスポット
○猫と人との長いつきあいを教えてくれる猫神社巡り
○猫に関するブックレビューや猫ギャラリー案内・最新企業情報

等、様々な角度からの情報を、毎月一度、皆様のご自宅まで直接お届けする通信販売型の新聞です。
トップへ戻る