おうちでできる!子猫の健康診断

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

子猫を選んだら、その猫が健康上どんな問題をかかえていそうか、健康診断をしてみましょう。
子猫のうちに、”うちの子”の健康状態を把握しておくことで、その後のケアや体調管理の計画も立てやすくなります。
子猫を、責任を持って元気に育てていくのが飼い主の務め。下記のチェックポイントを基にていねいに”うちの子”を観察してみましょう。

子猫の健康状態を見極めるための8つのポイント

ポイント1:目

瞳が澄んで輝いているか、目やにや充血が目立たないか

目やにや充血が見られるようなら、目に何らかの問題を抱えている可能性があります

ポイント2 耳

耳垢がないか、耳の中から悪臭が漂ってこないか

耳も健康をチェックする大事なパラメータです。耳垢が目立ったり、耳をかゆがっていたり、耳の中から異臭がするようなら要注意!耳の健康に問題があると、耳ダニなどがついて健康上の問題を引き起こす場合もあります。

ポイント3:鼻

起きているときにきちんと鼻が湿っているか、鼻汁やかさぶたがないか

一般に、寝ているときや寝起き以外、猫の鼻は冷たく湿っているもの。鼻が湿っていない場合は、健康上の問題がある可能性があります

ポイント4:口

口の中の歯肉がピンク色で引き締まっているか(歯ぐきが、赤すぎたり白すぎたりしないか)

健康なら口の中の粘膜はピンク色になります。白すぎると貧血の恐れがあり、逆に赤すぎると発熱しているなど、病気の可能性があります

ポイント5:体格

抱き上げたとき見た目よりも重い感じがするか

見た目よりも軽い猫は虚弱体質の恐れがあります。健康な猫は骨格がしっかりしていて、体格もふっくらしていることが多いです。

ポイント6:手足

骨格がしっかりしているか、歩いているときふらついていないか

歩き方にも健康がどうかは表れるもの。しっかり歩いている猫は健康な可能性が高いです。ふらふら歩いているようだと、病気にかかっていたり、ケガをしていたりしている恐れもあります。

ポイント7:毛並

つやがあって、清潔感があるか。フケやべたべた感はないか

肌に湿疹(しっしん)や傷がないか、ノミがいないかも要チェックです。毛玉の中もよく見て観察してみましょう。

ポイント8:肛門

肛門(お尻の穴)の周りが清潔で締まっているか。きれいに乾いているか

肛門の周りが汚れてただれていたり、腫れたりしている場合、慢性的な下痢の恐れがあります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

トップへ戻る