ペット保険とは

imasia_4867723_S

ペット保険の概要

ペット保険とは、予め保険料を支払っておくことによって、病気やケガの際に保険会社から一定の保険金を受け取ることができる、ペット向けの医療保険です。

人には健康保険制度があり、通常は診療費を3割負担するだけで治療を受けられます。しかしながら、動物は人と違って、ケガや病気になったとき100%自己負担しなければなりません。しかも、ペット医療は自由診療のため、動物病院毎に診療料金が異なります。

動物医療自体は技術の進歩もあり、MRIや内視鏡等を使っての検査や治療が普及していますので、高額なケースになると何十万円もかかることがあります。

そうした場合に活用されるのがペット保険です。加入者全員が保険料を払うことによって、誰かのペットが病気になった際に保険会社から保険金を支払い、個人の負担を軽減するのが保険です。ではここからはペット保険の特徴について見ていきましょう。

補償範囲・補償額/補償割合

一般に保険によってカバーされる、つまり保険金の支給対象となる病気や治療内容のことを指して「補償範囲」と呼びます。入院や手術などの大病のみが補償される商品から、ちょっとした通院も含めて広く補償される商品まで幅があります。ペット保険の場合ですと、歯科治療や膝蓋骨脱臼(パテラ)に代表されるような先天性疾患が補償対象になるか等はかなりばらつきがありますので、注意して確認する必要があります。

この他、商品毎に「一回の治療につき、最大50万円まで補償」といった補償上限額や、「治療費の50%を補償」といった補償割合が定められていますので、そちらも確認するべきです。ただし、各商品には免責事項という、保険金支払い対象外になる病気や治療が定められておりますし、「治療費が3万円以上でないと補償対象になりません」といった条件もありますので、最大補償額の大きさや補償割合100%、のような見かけの数字に惑わされないように注意しましょう。

保険料

保険会社は原則、補償範囲に応じて保険料を設定します。補償範囲が狭い場合は保険料が安く、逆に広い場合は保険料が高くなります。また、一般に小型犬の保険料は安く、大型犬の保険料は高くなります。年齢によっても保険料が変わってきます。補償範囲に対して、保険料が高すぎないか、あるいは安すぎないか確認しましょう。もしバランスがとれていない場合には、補償されない例外が設定されているなどのケースが多いため注意して確認することをおすすめします。

保険金の請求方法

ペット保険の保険金請求方法は二つあります。1つ目が病院で支払いをした後に、保険金請求書を保険会社に提出して申請する方式。もう1つは、人の健康保険と同様に病院で治療費を支払う時点で保険金を差し引き、最初から実質負担分だけ病院窓口で支払う方式です。この制度は対応動物病院制度と呼ばれ非常に便利ですが、大手のペット保険会社しか持ってない仕組みですので注意が必要です。

保険会社の種類

日本ではペット保険を扱う会社には「少額短期保険業者」と「損害保険会社」の2業態が存在しています。大きな違いは「セーフティネット」の有無です。損害保険会社が経営破綻したときには、損害保険契約者保護機構により、保険契約者などの保護が図られます。

img08

  • 損害保険契約者保護機構とは

損害保険契約者保護機構とは、保険業法に基づき主務大臣の認可を受けて設立された法人であり、経営破綻した損害保険会社の保険契約者等を保護し、もって保険事業に対する信頼を維持することを目的としております。

商品を比較する際の注意点(よくある例)

保険商品には、保険金支給の対象にならない場合の条件が個別に設定されています。この条件を理解せずに契約してしまうと、いざ保険を使おうとした際に後悔することもありますので、代表的な事例をご紹介します。

1.  想定していたよりも支給される保険金が少ない

保険には補償割合以外にも、保険金支払金額の「日額制限」や「年間上限」が設定されており、ここを見落とすと、実際に補償される金額を誤って想定してしまうことがあります。

2.  補償対象外の傷病ではないのに保険が適用されない

保険の利用限度日数制限を超えると、補償がされません。傷病毎に利用限度日数を設定している商品もあり、そうした場合は契約更新をしても、日数カウントがリセットされないので注意が必要です。

3.  補償されると思っていた傷病が補償対象外になった

保険は原則、開始前に発症した病気は補償の対象になりません。商品を変えた際などに、以前は補償されていた傷病も始期前発症という扱いで補償されないことがあります。最初の保険選びが肝心です。

アイペット損保のペット保険

にゃんペディアを運営しているアイペット損害保険株式会社では二種類のペット保険を販売しています。

「うちの子」は通院から入院、手術まで補償をする総合補償型の商品です。

「うちの子ライト」は補償対象を、手術と手術に連続する入院に絞った商品で、高額な手術をしっかりカバーしつつ保険料を手頃に抑えた商品になっています。

ご興味にある方は、下記より資料請求ください。

資料請求ページへ移動する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

トップへ戻る