猫好き一級建築士が設計~「ある素材」を使ったキャットウォークとは(前編)

slide09

元々商業施設の設計やマンションの企画をされていた建築士の清水さんと、外資の補聴器メーカーでマーケティングの専門家として長年活躍されていた株式会社コンセプトの片谷さん。お二人が創り出した猫と飼い主がニャンダフルに過ごすための強化ダンボール家具【ニャンダフルシェルフ】。
製品化を実現するまでの秘蔵ストーリーの前編です。

ー清水さんが「猫と住む住宅」に興味をお持ちになったきっかけは何だったのですか。

清水氏:「猫と住む住宅」について取り組み始めたのは今から6~7年前です。約8年前に猫を偶然拾い、当時住んでいた家が猫飼育可住宅ではなかったのでそれを機に引越しをしました。ですが、落ち着く間もなく妻がもう一匹猫を拾ってきたのです。案の定、先住猫は新しく来た子猫や引越し先の住宅等、新しい環境に馴染めず体調を崩してしまいました。近くの動物病院に何回か足を運ぶうちに獣医師さんと親しくなり、色々な話をするようになった頃、突然こんなことを言われたのです。

「ペットの病気や怪我については飼い主さんにアドバイス出来ますが、生活の根源である「住む」ということに関して、つまりペットの住環境についてはアドバイス出来ないんですよね。」

ニャンダフルシェルフこの言葉が、私が「ペットと住環境」ということに興味を持ち始めたきっかけだったと思います。私は「じゃあ建築士だから、ちょっと調べてみます」と言って、犬や猫の住環境について調べてみました。それまでペット業界に知り合い等ほとんどいなかったのですが、唯一のペット業界に携わっている友人に色んな方を紹介してもらい、ペット業界の方との人脈を築いていきました。専門的な資格も取得した方が良いとアドバイスをいただき愛玩動物飼養管理士の資格も取りましたね。ペットのことについて勉強していくうちに、ペットと一緒に住んでいるだけでは分からなかった多くのことに気付くことができました。

獣医師のセミナーや、行動学の先生のお話を聞くと、今でも「あーそうなんだ」とペットと長年暮らしてきた私でも思うことがあります。私は建築士です。猫も幸せになれて、かつ飼い主さんも幸せになれるような住環境を創りだすことができると思いました。

マーケティングの専門家は何故【ダンボール】に目をつけたのか?

dd_cat2004s
片谷氏:株式会社コンセプトは元々印刷業を営んでおりました。梱包資材の印刷
も請け負っておりお付き合いがあった梱包業者のうちの一つがいわゆる強化された「クラフトダンボール」を使用しておられました。コンセプトとその梱包業者との出会いは東日本大震災に遡ります。当時甚大な被害を被った石巻市にその梱包業者の工場があったのですが、幸いなことに少し内陸部にあったため被害を受けることはありませんでした。その梱包業者は「何か被災者のために出来ることはないか」と彼らが扱っていた資材を使って体育館のパーテーションを作ったり、簡易トイレを作ったり、時には棺を作ったりと様々なものを作り一時期メディアの話題にも上りました。使っているトライウォール・パックという強化されたクラフトダンボールは世界でいちばん厳しい耐候性基準といわれている米国連邦規格PPP-B-640dに適合しています。更には、この強化ダンボールは持続的生産が可能な森林にのみに与えられるSFI(Sustainable Forestry Initiative:持続可能な林業イニシアティブ)の森から生産されたバージンパルプを使用しておりますので、森林破壊に繋がるような無計画な森林伐採は行われていません。環境にもエコ、人にも動物にもエコなダンボールなのです。

006s013sある時、偶然その梱包業者がその資材を使って家具に似た面白いものを空き時間に作られているのを見て、「この素材を使って、別な形に変えて商品化したら面白いのではないか」と思い試作品を作り始めました。
私はダンボールのもつ波型の切断面、フルート面と言いますが、それが大変美しくて惹かれていました。この面が良く見えるような製品作りにこだわっておりまして、デザインもユニークなものを制作しておりました。ただショールームで我々の製品を展示したところ、皆さんに気に入ってはいただけるのですが、いわゆる「ダンボール」で作られている家具と聞いてイメージする価格と乖離しており、もう少し実用的に使っていただけるものがないかと考えていた時に、「猫はダンボールが好なはず」とぱっと思いつきました。が、猫についての知識がなく、これはもう専門的な知見や知識、経験を持った方に頼るしかないと思っていた矢先に清水さんと出会いました。

~後篇へ続く…

株式会社コンセプト

ニャンダフル・シェルフ

わんにゃん健康住宅研究所

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

トップへ戻る