保護施設に収容されていた猫たちが資金調達に成功-(前編)

470

あと数日で殺処分、という状況に置かれていた保護猫たちが生み出したビジネス

みなさん、「保護猫」というとどんなイメージを持たれるでしょうか?
きっと多くの方が飼い主に捨てられた猫、迷子になってしまった猫、野良になってしまった猫などを思い浮かべるでしょう。そして、保護されてから数日待っても引き取り手が現れなかった猫たちは、殺処分されてしまうというシステムについて、考える方も多いでしょう。あまりに過酷な現実に、まっすぐ向き合えない方も多いのではないでしょうか?特に大人になってしまった猫は、子猫に比べて引き取ってもらう可能性が低く、新しい飼い主に出会える確率はたったの10%以下。大きくなってから保護された猫は、その大半がつらすぎる現実に飲み込まれているのです。
しかし今、とある企業ではそんな大人になってしまった保護猫たちが大活躍しているのです。その企業で目にする保護猫の姿は、前述のイメージとは全く別物。約7,000万円の資金調達を成功させ、テレビや雑誌でも取り上げられ、いまやその企業の中では「もう保護猫たちの猫手が足りない!」という、嬉しい悲鳴があがっているほど。今回はそんな保護猫たちの起死回生ストーリーから、今注目されている新しいビジネスモデルをご紹介します。

大人になってしまった保護猫たちだけで運営される新しい猫カフェ

496
今、斬新な猫カフェとして注目を集めている‘ネコリパブリック(共和国)’、通称『ネコリパ』。この猫カフェにいる猫たちはすべて保護猫なんです。一般的には次の飼い主さんに引き取られにくいとされる、大人になってしまった保護猫たちが働いています。
普通の猫カフェとして楽しむこともできますし、気に入った猫ちゃんに出会えたら引き取ることもできます。ひとり暮らし等で引き取ることが難しい方でも、お店でお茶をしたりグッズを購入したりすることで、ネコリパの運用資金集めに貢献し、「楽しみながら」保護猫たちを救う活動に参加できる仕組みなのです。
ちなみにこの猫の王国、初めて入国するときは入国手続きが必要となり、パスポートが発行されます。パスポートは次回の入国には必須で、通うとビザスタンプがたまっていき、それに伴い爵位が上がる制度になっています。入り口前の階段でステッカーの猫がお出迎えしてくれるなど、高揚感の煽り方がとにかくうまい。503
いざ入国すると、そこにはかわいらしい猫たちのくつろぐ様子が・・・。キャットタワーをガリガリしたり、おもちゃに飛びついたり、ひなたぼっこしてウトウトしたり、まるで本当に猫の王国に迷い込んだような気持ちになります。本当に保護猫だったのか疑うほど猫たちは人なつっこく、気が向くままにじゃれてきたり、ふいっといなくなったり、膝の近くでコロンと寝転んだりと、保健所や譲渡会では気付けない、猫本来の持つ愛らしさに触れることができます。
471今まで、動物の保護活動では「あなたがなんとかしないと、可愛い動物たちは殺されてしまいますよ!!」という辛い現実を伝えることが一般的な手法でした。しかし、残酷すぎる現実に立ち向かえる人は、そう多くありません。日々殺されている猫たちをどうにかしたくて譲渡会や保健所に行ったとしても、死を待つ猫たちの中から引き取る一匹を選ばなければならない。その場に足を運ぶことなんてとても辛すぎてできない。どうすることもできない現実に胸を痛め、目をそらしてしまう人のほうが多いのです。

ネコリパではそういった辛い現実を突き付けるのではなく、楽しい未来をイメージさせることで、ユーザーの心を掴むことに成功しました。目の前でおなかをむけて、ゴロゴロと喉を鳴らす可愛らしい猫と一緒に過ごす未来。ネコリパで味わう幸福感が、もしも日常の物になったとしたら・・・。そんな楽しい将来に思いを馳せながら、多くの猫たちを救うことにも貢献できるため、ネコリパには多くの人から支持されているのです。
殺処分から免れた猫たちが人々を幸せにし、保護猫たちによって幸せな気分になった人たちが、また猫たちを救う。ネコリパの代表、河瀬麻花さんは、このサイクルの事を『ハッピーネコサイクル』と呼んでいます。

489

今まで根強い社会問題だった保護猫たちを、うまくビジネスに転換させた河瀬さんですが、このビジネスモデルのヒントは一体どこから得たのでしょうか?後編では、ネコリパがどのように生まれ、どのように大きくなっていったのか、河瀬さんのネコリパにかける想いとともにご紹介させて頂きます。

‘保護施設に収容されていた猫たちが資金調達に成功-(後編)’に続きます!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

トップへ戻る