ジャパニーズボブテイル(猫図鑑)

英表記:Japanese Bobtail
誕生国:日本(長毛種はアメリカ)
誕生年:1000年代
タイプ: フォーリン
毛種:短毛種/長毛種
目色: 被毛の色に準ずる
公認毛色:二毛・三毛を筆頭とし多種あり。
体重:オス3~4.5kg/メス3~4.5kg

ジャパニーズボブテイルの原点は、その名の通りもともと古くから生息していた日本猫にあります。日本ではお馴染みの猫だったため、猫種としての人気はあまりなかったそうです。ところが、とあるアメリカ人に気に入られてアメリカへ輸入されてから、その後の計画繁殖により人気となり、さらに日本で逆輸入されたという逸話を持つ、日本原産の猫です。ジャパニーズボブテイルの特徴でもある短尾の三毛模様は、招き猫のモデルになったとされています。

歴史

起源は古く、約1000年前の平安時代、仏教の経典をネズミから守るために中国から輸入された猫が、日本猫としての始まりと言われています。日本ではお馴染すぎてあまり人気はありませんでしたが、1960年代に、アメリカのとある婦人がこの猫をたいへん気に入り、アメリカへ持ち帰って計画繁殖を行いました。その後体型など改良が加えられ、アメリカでは愛好会も発足するほど人気となりました。その後、1992年には長毛の「ジャパニーズボブテイル・ロングヘア」という別品種も公認されました。スマートになったボブテイルは日本に逆輸入され、現在では愛好家もたくさん居るほどになりました。

特徴

最大の特徴はそのクルンと丸まり、伸ばしても10センチに届かないほど短い尻尾です。座っているときはボディに巻きつけ、立っているときは立てています。関節がくっついているため、あまり柔軟性はありません。ボディは中型のフォーリンタイプで、鼻は高く長めです。毛色には白、黒、赤などの組み合わせがあり、柔らかです。

被毛の特徴

被毛は柔らかく、ダブルコートですがアンダーコートは少なめです。被毛の色は多種ありますが、一番の人気は白、黒、赤の三毛タイプ。海外でもMIKEと呼ばれ親しまれているそうです。

性格

性格は優しく、穏やかですが少々人見知りの一面があります。環境の変化にも強く、どんな場所でもすぐなじむことができます。

生活環境

ショートヘア、ロングヘアともに細身のフォーリンタイプであるため、食事は成長にあったものを適量与えましょう。活発に動き回るタイプではありませんが、適度に運動することが大切ですので、おもちゃ等を使って遊んであげましょう。

お手入れ

ショートヘアの場合は、1日1回程度のブラッシングをしましょう。ロングヘアは、毛玉を取り除くためにも適度にコーミング(くしを使った、より丁寧なグルーミング)もしてあげましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

トップへ戻る