ヒマラヤン(猫図鑑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
読み方:ひまらやん
タイプ:コビー
体重:3~5.5kg
毛種:長毛

ふわふわでのんびり、愛嬌のある鼻ぺちゃ猫

 ■歴史

1920年代、ペルシャとシャムの特徴を併せ持つ猫を作り出そうと、イギリスやスウェーデンのブリーダーによって交配が始まりました。

しかしペルシャのロング・コートとシャムのポイントカラーの遺伝子は両方とも劣性遺伝だったため、誕生まではかなり苦労がありました。

1935年ハーバード大学の協力のもとヒマラヤンの原型となる長毛猫が誕生しました。しかし当時のイギリスでは「カラーポイント・ロングヘア」としてペルシャの変種として見なされました。

■外見の特徴・性格など

ペルシャの密生したゴージャスな長い被毛と、シャムのエキゾチックな毛色を持ち合わせているのが特徴。瞳の色はシャムほど濃くはなく、温度と関係のあるポイントは、被毛が長いほど薄くなります。顔の濃い部分は、一般的にそれほど濃くはなく、ボディの色はさらに薄くなっています。

親種のペルシャとシャムは性格が異なりますが、ヒマラヤンの性格はその中間。ペルシャは自分の周囲の出来事を眺めるだけで満足しますが、シャムはいつも行動することを考えています。また、ヒマラヤンは社交性が高く、のんびりしています。静かに座っていることが多いですが、猫が望めば適度な運動をさせましょう。美しい被毛を維持するため、十分な栄養を与える必要があります。

■毛質

ツヤがあり、長くなめらかな手触り。デリケートで、密度の高い豪華なダブルコート。

■毛色

チョコレートポイント、ライラックポイント、ブルーポイント、ヒマラヤンリンクスポイントなどのポイントカラー。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

トップへ戻る