猫が迷子になったら その1~導入編~

ダミーチラシ

愛する飼い猫が迷子になっちゃったら、飼い主は平常心ではいられません。

どうやって探したらいいの? 探し方のコツは?

イザというときに役立つアドバイスを、日本動物探偵社の鈴木美佐男さんからいただきました。

日本動物探偵社・鈴木美佐男        

鈴木美佐男氏

鈴木美佐男氏

1985年から30年以上、迷いペットの捜索に携わる。

行政からの依頼にも対応し、雑誌や新聞、テレビの取材も数多く受けている。

犬、ウサギ、フェレット、鳥、亀などあらゆるペットの捜索をするが、

特に猫の捜索を得意とする。

マンガ『探偵ブル』の主人公・犬井のモデルでもある。

http://www.pet-tantei.info/

――そもそも、鈴木さんがペット探偵になったいきさつを教えてください。

昔、自分が飼っていたクロというメス猫が家から逃げてしまって、探していたんです。そのとき、別の迷い猫のポスターを見かけました。

クロを探し歩いているときに、偶然ポスターの迷い猫を発見。飼い主さんに届けると、ものすごく感謝されました。その後、クロも無事発見。街を見渡すと、迷い犬や迷い猫の張り紙がこんなにあると気づき、これは動物好きの自分の天職なのではないかと思いました。

無類の動物好きである鈴木さん。現在も犬や猫を飼っています。写真は柴犬のポニーちゃん。

無類の動物好きである鈴木さん。現在も犬や猫を飼っています。写真は柴犬のポニーちゃん。

――依頼される動物は、何が多いんですか?

猫が7割、犬が2割、その他が1割といったところです。

成功率としては、猫は8割以上の確率で見つけています。

――8割! 高い確率ですね。

  捜索の依頼が多い時期や、よくあるパターンを教えてください。

年末年始やゴールデンウィークなどの大型連休は、知人の方にペットを預けて旅行に行く人が多いですが、その預け先からペットが逃げてしまうことが多く、捜索の依頼が多くなります。

あとは、引っ越し先から逃げてしまうパターンも多いですね。どちらの場合も、見知らぬ場所に連れて行かれてパニックになるんでしょう。

最近では、犬猫の保護団体からペットをもらった人の家から逃げ出すパターンも多いです。この場合、保護団体から依頼が来ることも多いんです。ペットをもらったばかりの当人はまだそのペットに愛着がないのか……現代ならではのパターンですね。

――室内飼いの猫や外出自由の猫など、猫によって捜索の難易度に違いはありますか。

室内飼いの猫は外の世界を知りませんから、家から脱走したとしても近くにいる可能性がほとんど。たいてい怖がってすぐ近くでじっとしているんです。

また、室内飼いでも一軒家だと窓から外の世界が少し見られますから、土地勘のようなものが少しはあってまだマシなんですが、マンションの高い階に住んでいる猫だと、ほとんど外のことがわからず、ますます怯えることになります。

マンション猫は外の世界がほとんどわからず、脱走したときは最も怖がることに……!

マンション猫は外の世界がほとんどわからず、脱走したときは最も怖がることに……!

外出自由の猫が帰ってこないのは、たいていの場合、ほかの強い猫に脅されてなわばりの外に行ってしまうから。ですからこの場合は室内飼いの猫より捜索範囲が広くなります。

最も難しいのは、家から離れた旅先などで見失ってしまうパターン。猫にとってはまったく見知らぬ土地ですし、飼い主さんも土地勘がなく、毎日探すのも難しい。こうなると我々のようなペット探偵に任せたほうがよい場合が多いです。

最近は猫にハーネスをつけて散歩やキャンプに連れて行く飼い主さんも多いですが、猫は体が柔らかいため、パニックになるとハーネスをすり抜けて脱走してしまいます。そうして出先で迷子になると大変なことに……!

最近は猫にハーネスをつけて散歩やキャンプに連れて行く飼い主さんも多いですが、猫は体が柔らかいため、パニックになるとハーネスをすり抜けて脱走してしまいます。そうして出先で迷子になると大変なことに……!

その2へ続く…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

日本動物科学研究所所属・編集者&ライター 富田園子
日本動物科学研究所所属・編集者&ライター 富田園子
幼い頃から犬・猫・鳥など、つねにペットを飼っている家庭に育つ。
猫雑誌の編集統括を8年務めたのち、独立。
哺乳類動物学者の今泉忠明氏に師事。
現在は5匹の猫と暮らす。
編集・執筆を行った本に『マンガでわかる猫のきもち』『幸せな文鳥の育て方』(大泉書店)、『フレブル式生活のオキテ』『シュナ式生活のオキテ』(誠文堂新光社)、編集を担当した本に『猫とさいごの日まで幸せに暮らす本』(大泉書店)などがある。5匹の猫と暮らす愛猫家。
トップへ戻る