人間の薬は猫にとって危険!αリポ酸は死の危険性が!?

薬の飲み過ぎは体に悪い、これは人間も猫ちゃんも同じこと。では人間の薬を猫ちゃんに飲ませるのはどうか…、これももちろんいけません。たとえ猫ちゃんの体重に合わせて薬の量を少なくしても同じこと。人間の薬に含ませている成分が猫ちゃんにも効果を表すとは限りませんし、場合によっては猛毒になる危険性も含んでいるのです。私たちが普段口にしている市販薬がどれだけ猫ちゃんにとって危険なのか、きちんと知っておく必要があります。

人間の薬が猫に危険なワケ

人間の薬がなぜ猫にとって危険なのか。その理由のひとつに人間と猫では、薬物の吸収と代謝、排泄の仕組みが大きく違っていることが挙げられます。薬物代謝のひとつに「グルクロン酸抱合」と呼ばれるものがありますが、猫はこのグルクロン酸抱合の能力がほかの動物に比べかなり低いと言われます。なぜなら猫はこの働きに必要な酵素を体内に持っていないからです。人間にとっては安全な薬であっても、猫はそれをうまく代謝、排泄することができないため体内に蓄積されてしまい、その結果中毒を起こしてしまう恐れがあるのです。
よく見かける市販薬の中で、猫にとって特に危険な薬(成分)には以下のようなものがあります。

くすり

×アセトアミノフェン

鎮痛や解熱などを緩和する働きがあるとして、多くの風邪薬や痛み止めに使われています。解熱鎮痛剤に使われる成分の中では比較的安全性が高いと言われていますが、猫の肝臓はアセトアミノフェンをうまく代謝させることができません。アセトアミノフェンは、赤血球を破壊(溶血)させ、末梢血管の収縮や肝臓の壊死につながります。そのため、最悪の場合、死に至ることもあります。猫にとっては最も気をつけなければいけないものと言えるでしょう。痛み止めとして知られる中にロキソプロフェンを主成分とした「ロキソニン」という薬があります。強い効き目を表す一方、比較的副作用が少ないことから服用する人は多いですが、猫がこの薬を飲むと腎不全を起こす危険性があります。人間にとっては身近な風邪薬や鎮痛剤ですが、決して猫に飲ませてはいけません。

×αリポ酸

強く効率的な高酸化作用をもち、疲労回復やアンチエイジングに効果を発揮すると言われますが、たとえ少量でも猫が摂取すると重度の低血糖を起こし、よだれをたらしながら倒れてしまいます。その後ひどい肝不全を起こし、多臓器不全でなくなるケースもあります。その原因はまだ解明されておらず、αリポ酸中毒に対する有効な治療法もないのが現状です。
また、αリポ酸は猫が好む匂いや味であることから、猫が口にしてしまう危険性が多くなります。
αリポ酸中毒は予後が非常に悪いため、決して猫が口にしないよう気をつけてください。

×クレゾール石鹸液

経口薬ではありませんが、これも猫には危険な物質です。一般に消毒剤として売られていますが、成分中に含まれるベンゼン環は猫にとっては猛毒で、皮膚につくと潰瘍など重度の皮膚疾患を発症します。また、毛づくろいの際、皮膚についた薬をなめて飲み込んでしまい、潰瘍が消化器官にまで広がってしまいます。防腐剤のベンジルアルコールも猫には強い毒性を示します。運動失調や知覚過敏、呼吸不全を起こし、最悪の場合は死に至ります。これらの液体を猫が誤って口にしないよう、きちんと保管してください。

×犬の抗生物質

人間の薬はNGでも、犬ならいいかも…などと考えるのは大間違いです。犬と猫では体の構造が違いますので、用法用量を守らないと思わぬ副作用を招くことも考えられます。そのひとつにニューキノロン系と呼ばれる抗生物質があります。この抗生物質を獣医師の指導通りの用法用量で与えないと、失明してしまう危険性があると言われます。注意しましょう。

このように人間には効果があっても、猫にとっては猛毒となり、場合によっては死に至る危険な薬がたくさん存在しています。猫の具合が悪くなったら、まずは動物病院に連れて行きましょう。決して自分で判断し、人間の薬を飲ませないようにしてください。
また、錠剤のシートなどかさかさ音がするものに猫は興味を引かれます。猫がおもちゃにして遊んでいるうち、誤って口にしてしまうことがないよう、薬は猫の手が届かないところにきちんと保管しておきましょう。

また、獣医師の指示通りの用法用量を守って与えることで、薬の効果が発揮されます。吐いてしまったからといって、再度与えることはやめましょう。

目の前で苦しんでいる猫ちゃんを見ると、ドラッグストアで購入できるOTC医薬品(一般用医薬品)は、軽い病気の症状緩和の為の薬であり、体の小さい猫用に少ない容量で与えて早く苦しみから解放してあげたいと考える飼い主さんも多いようです。しかし、特に人間用の痛み止めや育毛剤等は猫にとっては猛毒です。飼い主さんから猫ちゃんに与えないように、猫が誤って口にしないように留意してください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

監修: 東京猫医療センター 服部幸
監修: 東京猫医療センター 服部幸
2003年、北里大学獣医学部卒業。
SyuSyu CAT Clinic院長、アメリカのテキサス州にある猫専門病院の研修プログラムを経て、2012年、東京猫医療センターを開院する。2013年には、アジアで2件目となるISFM(国際猫医学会)のゴールドレベルの認定を取得。
10年間にわたり、猫の専門医療に携わる。
トップへ戻る