おすすめのデンタルケア(歯磨き)グッズ

歯ブラシ

猫は歯周病・口内炎をはじめとして、口内トラブルの多い動物です。口内の病気から全身の健康を損なう病気になることもあり、飼い猫のデンタルケアをしっかり行うことは、飼い主の大きな責任と言えます。できれば毎日の歯のブラッシングと、定期的な専門医による検診は、欠かさずに行いたいものです。

最近は、猫のデンタルケアを効果的に行えるさまざまなグッズも充実してきています。今回は、そんな便利グッズの一部をご紹介いたしましょう。

猫の歯磨きは、必ず猫専用の歯ブラシで

猫用の歯ブラシは人間のものよりも小型で、毛も柔らかくできています。猫の歯や歯茎を痛める原因となりますので人間用の歯ブラシを流用することは避け、猫の口のサイズに合わせた猫用歯ブラシを選びましょう。
「ビバテック シグワン 超小型犬・猫用歯ブラシ」

360度歯ブラシ 猫

360度歯ブラシ

は、ペット業界初となる、”360°型”歯ブラシです。本体柄部を中心に360°、全方位に毛が植えられており、どの角度からでも歯へのアプローチが可能です。約2万本の超極細毛(毛の細さ:0.06mm)が口臭や歯周病の原因である汚れやプラークをかき出し、口を清潔に保ちます。

「マインドアップ 猫口ケアティース」

は、猫の歯をていねいにブラッシングするのに適しています。ブラシ挿入部は本体柄部に対し15°傾斜しており、ブラシをセットする方向によって2種類の角度で使用することができます。上手に毛先を使って、優しく小刻みに磨きましょう。

歯ブラシを口に入れられることをいやがる猫には、指に装着するタイプの「指ブラシ」を試してみましょう。

「トーラス 国産フィンガー歯ブラシ 3個入」

は、歯ブラシが苦手な猫に向く、 柔らかい素材の指サック型歯ブラシです。飼い主さんの手で磨くので、猫も安心できます。女性の指にぴったりの使いやすいサイズで、高密度特殊繊維が歯磨きシートでは取れない歯周ポケットの汚れを取り除きます。味付きのペースト歯磨き粉をつけると、猫にとっても歯磨きが楽しい時間となります。

猫の好みに合わせ、歯磨き粉をセレクト

猫用の歯磨き粉は、猫の歯磨きがより効果的なものとなるよう、いろいろな工夫がされています。

「ペットビジョン 犬猫用歯磨きペースト」

は、”チキンフレーバー”と”ビーフフレーバー”があり、猫の好みに合わせて利用できます。酵素(グルコースオキシダーゼ、ラクトペルオキシダーゼ)を配合しており、唾液に本来含まれているハイポチオシアンイオンの生成を助けます。GMO(遺伝子組み換え原料)、合成着色料、酸味料は不使用。猫の大きさに合った歯ブラシで、同品を適量使用して歯を磨きましょう。歯磨き後、すすぐ必要はありません。

「トーラス 国産EM歯磨きペースト」

は、EMを使ったペットにやさしい自然派歯磨きペーストです。EMとは、人や自然と共存する乳酸菌・酵母・光合成細菌などの有用な微生物の集合体で、口内環境を整え歯周病の原因菌の繁殖を抑える効果があります。

「ペッツルート (Petz Route) 無添加 お口にやさしい酵素入り歯磨きジェル ぬるだけ 犬・猫用 40mL」

は、長野県伊那の天然水から抽出したラクトペルオキシダーゼ(抗菌酵素)配合のジェルで、塗るだけで口の環境を整えます。ノンケミカルで、石油系の合成成分は無添加です。

ちょっとした歯の汚れを落とすのであれば、歯ブラシよりも歯磨きシートが手軽で便利です。

「スーパーキャット らくらく歯磨きシート 30枚入」

らくらく歯磨きシート

は緑茶ポリフェノール配合、緑茶フレーバーの歯磨きシートで、格子状の特殊シートの溝が歯の汚れをかき取ります。

食べるだけでデンタルケアを行えるスナックもあり

毎日の食事の際に猫のデンタルケアを行えるという歯磨きスナックも注目です。

「アース・バイオケミカル 食べられる歯磨きロープ愛猫用 0.8g」

は、食べられるおいしい猫用ロープ。歯の隙間を、独自製法でコラーゲン素材を編みこんだロープが掃除し、歯茎もマッサージします。しっかり噛めて歯こうを除去しやすい形状で、健康な美しい歯をサポートする乳酸菌を配合しています。

グリニーズ 猫用 チキン&サーモン70g
PEPPY グリニーズ

猫用グリニーズ

PEPPY グリニーズ 粒

猫用グリニーズ

は、おいしく噛んで歯の汚れを落とす、猫用歯磨き専用スナック。いつもの食事と併せてご褒美やおやつとして与えます。主原料は全て自然素材で、1粒あたり1.5キロカロリー以下。飲み込みにくい大きさとなっており、噛むことで歯垢と歯石の蓄積をコントロールします。成猫用総合栄養食の基準をクリアしています。ほかに、”フィッシュ&ツナ””ローストチキン味””香味サーモン味”など、さまざまな味のヴァリエーションを揃えています。

KPS (ケーピーエス) マウスクリーナー 237ml

はさらにお手軽に、なんと水に混ぜ、飲み水として与えるだけデンタルケアができる商品となります。300ccの水に約5cc(小さじ1杯)の比率で、同品を入れ、毎日与えます。歯を磨かせてくれる猫の場合には、脱脂綿やガーゼに同品を浸透させ、歯根付近をマッサージするように、やさしく磨いてあげましょう。さらに原液を直接口の中に入れ、その後に歯磨き効果のあるガム・おもちゃを噛ませることでよりいっそう口の健康に役立つとのことです。

おもちゃを噛み噛みしながら歯が磨けちゃう

このほか、遊びながらデンタルケアができるグッズも登場しています。

「ペットステージ (Petstages) デンタル・チューマウス(2コセット) PTPS327」

は、猫の好きなキャットニップ入りのネズミ型のおもちゃ。猫が噛むことで、遊びながら自然に歯の汚れを除去してくれるグッズです。手洗い可で、使用後は固く絞った濡れ布巾で拭いて保管しましょう。

「ドギーマン にゃんデント ヘチマで歯磨き」

も同じく、噛むことでデンタルケアができるおもちゃです。ヘチマでできており、噛むことでヘチマがしっかりと歯を磨きます。歯磨きが苦手な猫も、遊びながら歯磨きが可能となります。またたび粉末が付属していますので、遊ばせる前にふりかけること興味度がアップします。

デンタルグッズは長く続けられるものを

以上、さまざまな猫用デンタルケアのアイテムを見てきました。最初に記したように、歯周病をはじめとする猫の口内トラブルを事前に予防するため、日頃のデンタルケアは必須です。デンタルグッズも、猫の個性や相性に合わせた、長く続けられるものを選びましょう。

グッズ画像提供:ペット用品・ペットグッズ通販のPEPPY

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

牧の原どうぶつ病院 院長 高田傑
牧の原どうぶつ病院 院長 高田傑
2004年、日本大学獣医学部卒業。
牧の原どうぶつ病院院長、卒業後 獣医歯科専門病院 センターヴィル動物病院勤務を経て、2009年牧の原どうぶつ病院を開院する。
大学在学中から獣医歯科を学び、卒業論文の研究テーマである歯周病再生療法をはじめ臨床現場で数多くの歯科治療を行っている。現在は千葉県獣医師会 日本小動物歯科研究会所属。
トップへ戻る