フード専門家が教える「ドライフードを選ぶときのポイント」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

連載『猫の食育』
昨今のペットブームに乗じて様々なフードが開発・販売されています。愛するうちの子のために最良なフードを選びたいと思うものの、種類が多すぎてどれを選べばよいのかわからない、そんな悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?愛犬である姫ちゃんの病気をきっかけにフードの大切さを痛感し、世界一厳格な動物愛護法に基づいて生産されているスエーデンのプレミアムペットフードブランド「husse®」の代理店となった筆者が7回にわたって『猫の食育』の際の工夫をお伝えします。
連載初回は「ドライフードっていっぱいあってどれを選べば良いの?」の疑問に付いて一緒に考えて行きましょう。

まずは、そもそも「ドライフード」って何なの?から勉強して行きましょう。

ドライフードとは

手軽で利便性も良く、最も多く流通しているキャットフードです。

その理由は様々ありますが、含まれている水分量が10%以下程度の為、何といっても長期保存が可能で手軽だという点が1番では無いでしょうか。

特に、最近良く目にします「プレミアムペットフード」は、お水とフードだけで、必要な栄養が摂れるので忙しい朝など大変助かりますよね。

ですが、長期保存が可能と言う事は必ずと言って良い位に「保存料」が入っています。その保存料にも、天然由来成分と化学由来成分の違いがありますのでその違いにも良く注意しましょう。

ドライフードには咬んだときに歯垢をはがす効果もありますので、歯垢・歯石もつきにくく、値段的にも栄養的にも非常にバランスがとれていると言えます。

但し、欠点としましては水分含有量が圧倒的に少ないのでウエットフードに比べると喰い付きが良く無い子がみられる点です。

猫ちゃんのルーツは、元々砂漠出身ですので実はおしっこを濃縮して出すのです。ドライフードは、大変栄養価も高く・便利で利点も・栄養も満載ですが、水分不足になると、結石等ができやすくなりますので、水分不足にならない様に注意が必要です。(尿路結石の子の多くは水分不足と言われています)

特に猫ちゃんは、自分から中々お水を飲みに行かない子が多いので、いつでも新鮮なお水が飲める環境を作ってあげてください。理想は、猫ちゃんが出入りする各部屋に1つづつ、猫ちゃんの通り道にお水を置いてあげていつでも気軽にお水が飲める様にしてあげて下さい。

猫ちゃんの水分不足は様々な病気を誘発する恐れがありますので、特に気を付けましょう。

ドライフードを選ぶ時に気をつけるべき3つのポイント

1. 原材料に注意!

フードの中身を知ろう。

原材料に関しましては、ペットフード公正取引協議会の規定により、使用量の多いものから順番に80%までの原材料を表記する事が義務付けられていますので、まず1番最初にお肉の記載がある物が良いですね。

1番目に書いている原材料がそのフードの中に1番多く含まれている原材料になります。猫ちゃんは完全肉食なので、お肉が1番に記載しているフードを選んであげましょう。

(「お魚くわえたフフフフン♪」に慣れ親しんだ結果、猫ちゃんは魚好き。と思っている方、あれ実はサ〇エさんの影響なんですよ、ご存知でしたか?)

そのお肉もただ単に「肉」。とだけの記載では無くきちんと何のお肉か解る様に、鶏肉(チキン)、羊肉(ラム)、鴨肉(ダック)等の種類を明記しているものが良いです。

私達も、何のお肉か解らないお肉は食べるのは不安ですよね。

但し、鶏肉副産物(鶏肉粉等)で作られる○○ミール、○○肉粉、乾燥○○、ドライ○○、の様な○○副産物の付く物、肉類や家禽ミート等の様な原材料は基本的に何が原材料なのか解り難いので、出来るだけ避けた方が良いとされています。

(療法食等で、アレルギー対応フードやダイエットフード等では、1番目に魚・穀物類・野菜等の記載がある場合があります。) 

2. コンディションに注意! 

愛猫ちゃんの今の状態を把握しよう。

キャットフードを選ぶ時に重要な点は、今のコンディション(状態)に合わせて選ぶ。

と言う事です。

太っちょ猫

・ライフステージ(子猫・成猫・シニア猫)

・ライフスタイル(活動的で、お外にも遊びに行く・家の中だけ)

・ボディコンディション(太り過ぎ・痩せすぎ)

これらを知らずにキャットフードを与えてしますと、肥満や病気を引き起こしてしまう可能性もあります。

「うちの子は〇〇猫種だから〇〇猫種専門のキャットフードをあげてるの。」

「7歳になったからシニア用に切り替えたの。」

日頃、とてもよく耳にするコメントです。

ですが、一般的にはシニアに達している年齢の子でも、もっと栄養が必要な子もいます。逆に2歳位でもカロリーを抑えないといけない子もいます。

それらのコンディションを無視して、この子は〇〇だから。と云う理由だけで選ばすに、きちんとその子その子に合ったフードを選んであげる事が望ましいですね。

選択

3. 安すぎるフードに注意!

安い理由は?

私達が日頃食べる食品にも勿論高い物も、安い物もありますよね。例えば、無農薬野菜と外国産野菜。

値段の差は歴然ですよね。その理由もお解りですよね。

では、キャットフードで安い理由は?高い理由は?

全てとは言いませんが、やはり原材料に関係してくると思います。安いドライフードでしたら、1kg/380円位で売っていますよね。

1kg/380円 → 100g/38円

たとえば、スーパーに100g/38円で鶏肉が売っていたら買います?最近では激安スーパーがあるので、この価格でも安いわ!と、買ったとしましょう。でも、その価格は現在料(鶏肉)の価格だけですよね。その他に原料代・加工代・包装代・運賃etc を足して製品化される迄にはあと、いくらかかりますか?では、その中の鶏肉っていったい幾ら?どんなお肉なの?と思いませんか?

スーパーマーケットイメージ

ですので、やはり安心したフードを猫ちゃんに食べさせてあげたいと考えているのであれば、適正価格は1つの目安になるのではないでしょうか。

一般的な適正価格の目安と言わているのは、おおよそ1kg1,000円です。プレミアムペットフードでは、おおよそ1kg2,000円が目安と言われています。

価格が全てでは無いですが、参考にしてください。

※余りにも安価なキャットフードは得に裏面に記載してあるのを確認してください。肉の記載が無いキャットフードも存在しています。

※プレミアムペットフードとは。

現在日本には「プレミアムペットフード」に対する明確な定義はありませんが、一般的にプレミアムペットフードとは、動物タンパク質を豊富に含んだ、栄養価の高いペットフードのことです。

使用されているお肉も、肉副産物や鶏肉副産物が含まれておらず、安全性も高くなっています。安価なフードの中には肉副産物や鶏肉副産物が使用されている物もありますが、プレミアムキャットフードは、有害な成分を一切使用せず、原材料には猫ちゃんにとって、良いものが厳選されている為に価格も高めになっています。

プレミアムペットフードの判断の目安として、

・「総合栄養食」の表示があること

・AAFCOまたはペットフード工業会の認証マークがある、

・2つの機関が定める栄養基準を満たしている事 等が挙げられます。

まとめ

あまりにも安価で、現在料も「肉」以外がトップに来てるのに、もの凄く喰い付きが良いフード。

猫ちゃんの前に出したとたん、物凄い勢いで一気食い!『きっとこのフードは美味しいんだわ!』と思っていませんか?

この様な場合は「香料」「添加物」が潤沢に添加されている可能性があります。

ご存じの通り、猫ちゃんの嗅覚は人間の1万~10万倍とも言われていますので、美味しそうな香料・添加物がたっぷりだと喰い付きが良いのは当たり前ですが、後々の猫ちゃんの健康を考えるなら、科学的な香料・添加物たっぷりなキャットフードは避けてあげた方が良いでしょうね。

上記を踏まえて、愛猫にはその子に合った適正なフードを選んであげて下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

株式会社ペミリー 代表取締役 兼 Boss 橋本 敏
株式会社ペミリー 代表取締役 兼 Boss 橋本 敏
大阪市出身。一緒に暮らしていた愛犬の病気を切っ掛けに、フードの大切さを痛感し、自ら世界一厳しいと言われている動物愛護法のあるスエーデンのプレミアムペットフードブランド「husse®」関西初の代理店になる。
様々な資格を取得し、お客様のご自宅に訪問させて頂いて直接ワンちゃん・猫ちゃんを見て・触る事にこだわって、本当にその子に合ったフードをご提案・お届けしている。今ではペットの顔を見れば健康状態がおよそ解る程に。【全てのペットとオーナーさんを笑顔したい】を経営理念に、Skypeによる食育講師やアドバイス・飼い主さんの心のケア(ペット好きな人専門仲人)迄。幅広い業務展開をしている。

株式会社 ぺミリー

資格:
ペットフード販売士 (社団法人 ペットフード協会 第15-10021-0)
ペット食育教会 ペット食育士
husse® 専任フードアドバイザー
トップへ戻る