ぷにっぷにの肉球にはこんな機能があった!!

まあるい大きな瞳。しなやかな肢体と豊富な毛色のヴァリエーション。優美で機敏な身のこなし。愛らしくもときにクールな、ツンデレなその性格と、猫の魅力は枚挙にいとまがありません。ぷにぷにとした感触、しっとりとした手触り、独特の匂いなどが特徴的な「肉球」もその一つでしょう。

「肉球」、その奥深い魅力にはまる愛猫家増加中

近年、猫の「肉球」の、その魅力の虜となる愛好家が増加しています。魅惑の「肉球」愛を語るブログは盛況で、肉球を模したおまんじゅうやマシュマロ、ケーキなどの菓子類、あるいは「肉球」デザインの手袋やチャーム、台所用品などなど、多くの「肉球グッズ」も販売されています。全国の「肉球」ファンにより、11月29日を「いい肉球の日」として祝う動きも浸透しつつあるようです。

最近では、「肉球」をテーマにした写真集や、果ては人間用の”猫の肉球の香り”がする「NIKUKYU NO KAORI ハンドクリーム」(フェリシモ猫部)も登場。こちらは、「香ばしいポップコーンの匂い」「焦がしキャラメルの匂い」「クレープの皮みたいな甘い感じの匂い」などなど、ユーザーからはさまざまな感想が寄せられているようです。じつはトイレをかき回した匂いなのかもしれませんが(笑)。

「肉球」にはどんな働きがあるのかな

「肉球(にくきゅう、pad)」、正式には「蹠球(しょきゅう)」は、主に猫目(食肉目)の動物の足裏部に見られる、盛り上がった無毛の部分の名称です。獲物に接近する際に気付かれないように足音を消す働きがあり、また、歩行時や樹上などから飛び降りる際の衝撃を緩和する役目もあります。猫の機敏かつ、しなやかな身のこなしの秘密の一端は「肉球」にありそうです。猫の手根球のすぐ上にある2~3本の少し長い毛は、顔のヒゲと同様に歩行時に触覚器としての役割をこなします。

「肉球」は、赤ちゃんの頃にはごく柔らかくふにゃふにゃですが、自ら歩行するようになると徐々に固くなり、弾力が備わってきます。ほかの皮膚同様、表面は角質層で覆われていますが、その層は非常に厚く、いちばん外側は人の爪のような固いケラチンで覆われています。

そしてその下は、脂肪を多く含んだ弾性繊維が網目状に重なっており、神経や血管はこの脂肪の中にあるため、裸足でも地面の熱さや冷たさをあまり感じないようです。また、猫は体に汗腺を持たず、唯一「肉球」の部分と鼻鏡でのみ汗をかきます。これには常に「肉球」をしっとりとさせ、滑り止めとしての機能があるといわれています。

「肉球」チェックで、病気の早期発見につながるかも?

「肉球」の色は体毛の色と関係があり、白っぽい猫は「肉球」の色も薄く、黒い毛並みの猫は「肉球」も黒、そして三毛猫やサビ猫のようなまだら模様の猫は、「肉球」の色もやはりまだらとなる傾向が見られます。毛色と同様にヴァリエーション豊かな「肉球」の、その色や形状で猫の性格を占う、手相ならぬ「肉球相」も話題となっています。書籍やアプリがあるので、我が家の愛猫の性格診断をしてみても楽しいですね。

また、「肉球」が“硬くなっている”、”白っぽくなっている”、”熱くなっている”、”冷たくなる”などの変化に気付くことで、病気の早期発見につながることもあります。

肉球からわかる病気については、まれにですが”硬くなる”のは「がん」である可能性があります。「がん」であった場合、硬くなるだけでなく、「しこり」になったり、盛り上がってきたりします。”白っぽくなる”のが「貧血」、”熱くなる”のが「発熱」している症状とされています。逆に”冷たくなる”のは「血栓」ができている可能性が高いといわれています。

基本的に、猫の肉球の温度は一定ですが、両方の「肉球」を触ってみて温度が明らかに違う場合、何かしら病気の症状が発生している可能性が高いです。とくに「肉球」が膨れ、まるで大福もちのようにぷにょぷにょとした感触だと、形質細胞性足皮膚炎の可能性が考えられます。

過度な「肉球」愛にはご用心!!

ただし、猫の「肉球」にはたくさんの神経が通っており、個体によっては「肉球」に触られることで敏感に反応してしまうことがあります。「肉球」愛のあまり、いやがられるほどに「肉球」に触ることは控えましょう。あくまでも猫のご機嫌をうかがいつつの、適度な「肉球」スキンシップを心がけたいものです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

監修: 東京猫医療センター 服部幸
監修: 東京猫医療センター 服部幸
2003年、北里大学獣医学部卒業。
SyuSyu CAT Clinic院長、アメリカのテキサス州にある猫専門病院の研修プログラムを経て、2012年、東京猫医療センターを開院する。2013年には、アジアで2件目となるISFM(国際猫医学会)のゴールドレベルの認定を取得。
10年間にわたり、猫の専門医療に携わる。
トップへ戻る