猫ちゃんとお出かけ~電車に乗ろう!編~

猫と電車

猫ちゃんと電車に乗る場合、なるべくストレスなく、スムーズに移動したいものですね。電車に乗る前に、事前準備はしっかりと行いましょう。

公共交通機関での移動について

公共の乗り物を使う場合ラッシュ時は避け、キャリーバッグをひざの上で抱えるようにしっかりと乗せ、なるべく動かさないようにしましょう。その際、心配だからといってむやみに手を入れたり、猫ちゃんの顔を出さないようにしましょう。猫が苦手な方や、猫アレルギーを持った方と乗り合わせるかもしれません。公共交通機関を利用する際はマナーを守りましょう。公共の乗り物を使う際、猫ちゃんは手荷物での扱いになるため、お金を払って猫ちゃんのための指定席をとることはできません。飼い主さんが責任を持って持ち歩く必要があります。また、ペットの持ち込み自体禁止している会社もありますので、事前に確認しておきましょう。

新幹線を含むJR鉄道線の場合

猫キャリー
猫は手回り品扱いになり、有料となります。長さ70cm以内、タテ、ヨコ、高さの合計が90cm程度のケースに入れ、10kg以内の重さであることが条件です。
乗車駅の改札口で猫をキャリーケースに入れた状態で確認してもらい、普通手回り品きっぷを購入します。手回り品料金は、距離に関係なくキャリーケース1個につき280円で、購入したきっぷはキャリーバッグにつけておきましょう。
また、JRでは、1人が2枚以上の乗車券や指定券を買うことはできません。ペット自体が手回り品として扱われるため、新幹線に乗る際にペットを座席に乗せるための指定券を購入することはJRの規則での「指定券2枚の同時使用」にあたるため、禁止されています。
キャリーバッグについては安定した足元に置くか、動かないようしっかりとひざに抱えて持ちます。手荷物置き場にキャリーバッグを乗せることは、危険ですので絶対にやめましょう。

私鉄・地方別主要鉄道の場合

会社によって、JRに準じているところと、制限が比較的緩いところがあるようです。詳しく知りたい場合は、各鉄道会社に問い合わせてみることをお勧めします。一例として、大手私鉄の料金と、条件を紹介します。(2015年12月現在)これらは法令改定などにより変更になる場合があるため、乗車前はリンク先の各社ホームページで確認してください。なお、これから紹介するすべての鉄道会社では、猫の全身が完全に隠れ、蓋が閉まるケースに入れておくことが条件となっています。

鉄道名 料金 重量制限 1辺の
最大長さ
タテ×ヨコ×高さ
北海道 北海道旅客鉄道 280円 10kg以内 70cm 合計90cmまで
関東 東京メトロ 0円 10kg以内 70cm 合計90cmまで
東京都営地下鉄 0円 30kg以内 規定なし 合計250 cmまで
小田急電鉄 0円 10kg以内 70cm 合計90cmまで
東京急行電鉄 0円 10kg以内 70cm 合計90cmまで
京王電鉄 0円 30kg以内 70cm 合計90cmまで
京成電鉄 0円 10kg以内 70cm 合計90cmまで
京浜急行電鉄 0円 10kg以内 70cm 合計90cmまで
西武鉄道 0円 10kg以内 70cm 合計90cmまで
東武鉄道 0円 10kg以内 70cm 合計90cmまで
相模鉄道 0円 10kg以内 70cm 合計90cmまで
中部・近畿 名古屋鉄道 280円 10kg以内 70cm 合計90cmまで
近畿日本鉄道 280円 10kg以内 70cm 合計90cmまで
南海鉄道 280円 10kg以内 70cm 合計90cmまで
京阪電鉄 280円 10kg以内 70cm 合計90cmまで
阪急電鉄 280円 10kg以内 70cm 合計90cmまで
阪神電気鉄道 280円 10kg以内 70cm 合計90cmまで
神戸電鉄 280円 10kg以内 70cm 合計90cmまで
山陽電鉄 280円 10kg以内 70cm 合計90cmまで
九州 西日本鉄道 280円 10kg以内 70cm 合計90cmまで

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

監修: 東京猫医療センター 服部幸
監修: 東京猫医療センター 服部幸
2003年、北里大学獣医学部卒業。
SyuSyu CAT Clinic院長、アメリカのテキサス州にある猫専門病院の研修プログラムを経て、2012年、東京猫医療センターを開院する。2013年には、アジアで2件目となるISFM(国際猫医学会)のゴールドレベルの認定を取得。
10年間にわたり、猫の専門医療に携わる。
トップへ戻る