猫ちゃんの口臭・よだれ・口の病気

アメショ あくび

猫ちゃんは歯に汚れがたまりやすく、高齢になればなるほど口内のトラブルを抱えやすくなります。歯肉炎や歯周病は高齢の猫ちゃんに多く見られる病気です。すぐに命に関わるというわけではありませんが、放っておけば、心臓病や腎臓病など思わぬ病気を誘発する危険性もあるのです。
猫ちゃんは犬のように食べものを前にして、よだれがあふれることはありません。もし、よだれをたらしているようなら、それは何らかの異常のサイン。ほかに口臭が強くなった、常に口をくちゃくちゃと動かしているなど、いつもと違う様子が見られたら、できるだけ早く治療を受けましょう。

歯周病?口内トラブルを疑ってみる

猫がよだれをたらす原因として、まず口内に歯肉炎などの炎症が起きていることが考えられます。口の中に腫れや赤みがないかどうかチェックしてみましょう。ただし猫は口を触られるのが苦手です。もし炎症があれば痛みのためなおさら嫌がりますので、口を触ってみて痛がる様子を見せたら、動物病院での受診をおすすめします。歯肉炎を放っておくと歯周病になってしまいます。悪化すれば口臭がきつくなり、歯が抜けてしまうこともあり、さらに進行すると体中に異常をもたらす恐ろしい病気ですので、要注意。

歯周病は、歯石や歯垢の細菌が原因で起きる病気です。予防は歯磨きで歯石や歯垢をためないこと。日頃から歯磨きなどの口腔ケアを心がけるとともに、獣医師に口の中をチェックしてもらうなど定期的なチェックも忘れずに行いましょう。

また、よだれが出ている理由として、何らかの薬物中毒、熱中症ということも考えられます。ワクチン接種をしていない場合は、猫カリシウイルス感染症の症状としてよだれがでることもあります。よだれ以外に出ている症状などをあわせてチェックし、すぐに病院に連れていきましょう。

よだれが重病の兆候の恐れも!

口内や顔周りに発症する病気で気をつけなければいけないのが、「扁平上皮がん」です。これは皮膚がんの一種で、よだれとともに、食べ方が変わった、口臭が強くなった、口をくちゃくちゃと動かすなどの症状が現れたら、要注意です。しこりができて炎症や出血を起こし、その部分が機能しなくなってしまいます。
口腔内以外ではまぶた、耳、鼻など顔周りに発症するがんで、重症化すれば死に至る場合もあります。発症してしまったら腫瘍ができた部分を中心に切除し、同時に放射線治療や抗がん剤治療を施す場合もあります。発症の原因のひとつに紫外線の浴び過ぎがあげられます。色素の薄い白猫は紫外線の影響を受けやすいので、特に注意が必要です。

口のトラブルのときは食事を工夫しよう

口内が痛むと食欲も低下してしまいます。人間だって口内炎ができたら、食事をしたくなくなりますよね。しかし、食事をしなければ体力が落ちてしまいますし、抵抗力もなくなってしまいます。動物病院の診断でトラブルの原因が判明したら、治療を行うとともに猫が少しでも食事が摂れるような工夫をしてあげましょう。猫のためにまず考えなければいけないのが、食べやすさ。口内を刺激しないよう、猫の状態に合わせて食事に手を加えましょう。

固いドライフードはふやかし、ウェットフードはミキサーでペースト状にするなどして食べさせてあげます。ふやかす際にお湯を使うとフードが温まることで匂いがするため、嗜好性も高まります。食欲が口内の痛みに勝てば工夫は成功。ぜひ試してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでにゃんペディアをフォローしよう!

監修: 東京猫医療センター 服部幸
監修: 東京猫医療センター 服部幸
2003年、北里大学獣医学部卒業。
SyuSyu CAT Clinic院長、アメリカのテキサス州にある猫専門病院の研修プログラムを経て、2012年、東京猫医療センターを開院する。2013年には、アジアで2件目となるISFM(国際猫医学会)のゴールドレベルの認定を取得。
10年間にわたり、猫の専門医療に携わる。
トップへ戻る